Experiences in Driving and Photography...
プロフィール

Dachi

Author:Dachi
当ブログへのご訪問ありがとうございます。
趣味のドライブと、その行先々で出会った風景等の写真を中心に綴っています。節操がなくいろいろなものばかり撮っていますが、ご覧いただければ幸いです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
台風が予想された連休に、京都・奈良方面へ行ってきました。
予想に反して台風の被害(大雨&強風)に遭うことはほとんどなく、ほぼ予定通りの観光を楽しむことができました。
少しずつ写真をアップしていきたいと思います。

DSC_20201(800).jpg

スポンサーサイト
2017/09/19 07:29 写真 TB(-) CM(0)
悪夢から1ヵ月、長かったです(喜)
修理自体は1週間で終わったものの、「船台」が8月いっぱい埋まっていて、取り掛かりまで大分待たされた訳で。。。
プレスラインの凹みは修復が難しいらしいのですが、丁寧に板金で引っ張り出して整えてくれたようで綺麗に戻っています。どこが凹ませた箇所だったのか、全く分かりません。プロの仕事に感謝です!

DSC_0006.jpg

2017/09/10 17:38 カーライフ TB(-) CM(0)
一頃よりは涼しくなったのはありがたいのですが、曇りと雨模様ばかりでは気が滅入ります。
暑さの戻りは勘弁ですが、これから本格的な秋の観光&ドライブの時期を迎えんとする中、この季節らしい天高い晴れの日が待ち遠しいですね。

DSC_02026(800).jpg



2017/09/06 02:29 写真 TB(-) CM(0)
クルマのドア補修が終わっていない状況に悶々としながら、秋のプチGT(予定)の目的地をああでもないこうでもないと思案し気を紛らす今日この頃。

思い返せば、純粋にドライビングを目的とした泊りがけロングドライブは、なんと2014年秋の南東北ドライブ以来となります。いや、サーキットトレーニングにワインディングドライブを組み合わせたもてぎ&北関東ドライブまで含めれば2年ぶりか。ドライブ好きを自称する身でありながら、子育てでの多忙を隠れ蓑にこの体たらくではいけません。そうした危機感?から、GTルートの研究にも一層熱が入ります。事実、各種情報ソースとGoogle Mapを活用しながらのドライブルートの研究は、まだ見ぬ車窓の風景に思いを馳せながらのバーチャルトリップでもあり、非常に楽しいものがあります。

"R352樹海ラインで南会津から奥只見を目指すか? いや、道幅はともかく、洗い越しの段差が怖いな・・・"
"志賀草津道路から奥志賀スーパー林道を走り抜け、野沢温泉でゆっくり湯に浸かるのも良いだろうなぁ・・・"
"飛騨方面も面白そうだ。荘川桜・白川郷も一度は見ないとね。そしてそのまま日本海まで出ようか?・・・"
"また裏磐梯・天元台の息を飲む紅葉に会いに行こうかな?・・・"
"笹川流れで夕日を見るのも良いなぁ。いっそそのまま鳥海山まで行ってみようか?・・・"

・・・等々、妄想は取り留めもなく続くのでありました(ま、妄想は自由にできますから^^;)。
調べれば調べるほど、日本国内にはまだまだ自分が知らなかった良い場所が一杯あることに改めて気付かされますね。



最後に、久々の動画投稿で、スイスアルプスのフルカ峠を走るE92M3の様子。最初に見えてくる建物が、フルカ峠の象徴とでも言うべきホテルベルベデーレ。動画ではよく見えませんが、ホテルがあるヘアピンのすぐ奥に、フランスを経由して地中海に注ぐローヌ川の源流となっているローヌ氷河があります。6年前に観光バスでこの道を走った際に、「スポーツカーでこの道を走ったら面白いだろうな」と思っていましたが、この動画を見るとまさにその通り。ヨーロッパにはこのレベルの絶景快走山岳ワインディングが数多くありますが、日本だと志賀草津道路あたりが対抗馬になれるかどうかという感じでしょうか。まぁ、欧州には欧州の、日本には日本の良さがありますから、隣の芝の青さに卑屈になるつもりはありませんが、それでもこの道の良さに比しての交通量の少なさは本当に羨ましい!



(参考画像1:ホテルベルベデーレ)
DSC_01131(800)②



(参考画像2:ホテル前駐車場より望む)
DSC_01128(800).jpg



2017/08/30 18:35 カーライフ TB(-) CM(3)
暑さに負けじと鉄分補給@東京貨物ターミナル&大井車両基地。


①ハイブリッドディーゼル機関車HD300。構内入替で活躍した国鉄時代のディーゼル機関車DE10の後継らしく、運転台の向きも同じく進行方向に対して横向きという変わった機関車。
DSC_19990(800).jpg



②本邦史上最強の出力を持って制作されるも、フルパワー発揮時には送電系の電圧降下を招き他の電車にまで影響を及ぼすというとんでもない電気食いなため、真価を発揮できず本格量産化も見送られた悲運の機関車EF200。何事も過ぎたるは及ばざるが如しですな。
DSC_19992(800).jpg



③FF200の代わりに量産化されたのが、この「桃太郎」こと、EF210。東海道・山陽方面では最もよく見かける電気機関車です。
DSC_20004(800).jpg



④JR東海大井車両基地。写真に写るは、東海道新幹線の主力機N700A。
DSC_19997(800).jpg



⑤ここ大井車両基地は、ドクターイエローこと新幹線電気軌道総合試験車923系もいます。フェンスに遮られていて、正面から綺麗に写真を撮れないのが残念。
DSC_19985(800).jpg


動きものを撮る上での70-300mmズームの限界を改めて感じた今回の経験。
もっとも、クルマの補修等のため、レンズ、ましてやカメラボディ(最近発表されたD850は欠点がないスーパー万能機のようで非常に魅力的!)に散財する余裕は全くない訳でありますが・・・^^;

2017/08/26 22:23 写真 TB(-) CM(2)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR