2013年11月の記事 - 1ページ目 - 風薫る場所へ~Reprise~
FC2ブログ

霜月の終わりに

文京区にある六義園に紅葉のライトアップを見に行きました。・・・が、今年は過去に比べるととにかく異常なほどの混み具合。入場したは良いものの、暗く狭い通路の混雑ゆえにほとんど牛歩のような歩みを余儀なくされる中、我先にと人垣を押しのけていく人々にガシガシぶつかられ、すっかりどん引きして写真を撮ることはおろか、その場にいることさえも苦痛になり、入場後5分で出てきてしまいました。これから六義園に行こうとしている...

晩秋の小石川後楽園①

紅葉シリーズに戻ります。今年はなかなか郊外に出れなかったので、残り少ないチャンスを都心の近場で紅葉を追うしかない状況になってます。都心は寒暖差が少ないためか、鮮やかな紅葉とはならない傾向が強いのですが、あまり贅沢も言えないので、与えられた条件の下で頑張ってみます。D800+AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G EDD800+AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G EDこういう都心にあり交通至便な観光スポットには、数多くの来訪客が訪れ...

TMS⑥~Final

シリーズでお送りしてきたTMSの写真も、今回で最後です。残りの写真をまとめてアップします。アウディS8夜の都会に似合うそうなデザインとカラー。日産 フェアレディZニスモZは、国産車中、庶民でも頑張れば買える最もスポーツカーらしいクルマだと思います。数が捌けるクルマではないと思いますが、日産にはぜひ造り続けて欲しいですね。スバル レヴォーグレガシィの実質的な後継モデルで、多くの来客の注目を集めていました。...

都心の銀杏②

今年も昨年に引き続き、都心屈指の銀杏の名所の一つである東京大学本郷キャンパスを覗いてみました。実は前々回の記事にアップした写真もその時のものなのですけどね。今回アップするのは、工学部一号館前の大銀杏と、三四郎池の様子です。紅葉を取る時には、色鮮やかに映える時間帯を狙って撮りに行かなきゃなぁ、と、出来上がった写真を見て反省。...

TMS⑤~高級スポーツカーの部

まずはポルシェ!手前から、パナメーラTurbo S Executive、911 50th Anniversary Edition、911 GT3 Cup。そして国内初公開のマカン。カイエンよりは取り回しがよさそうな大きさです。お次はジャガー。これも国内初公開のF-Typeクーペ。古典的なロングノーズ・ショートデッキの出で立ちをしています。これ一台で全てを済ますことは難しいので、基本的にセカンドカーユースなのでしょうが、なかなか魅力的なクルマだと思います。そし...

TMS④~憧れのALPINA

TMS見聞録その4は、アルピナです。Understatement(=控えめ)を美徳とするBMWのオフィシャルチューナー。BMWから供給された各種共用パーツに専用設計パーツを折りまぜほとんど手作りに近い形で製造を行っており、その作り出すクルマたちの上品さたるや、BMWの通常モデルとは別物と言ってよいものです。最近のトレンドとして、軽自動車、ミニバンからスポーツカー、大型高級車に至るまで、とにかく押し出し感・威圧感の強いデザイ...

都心の銀杏

クルマの写真がまだまだ続くので、ちょっとお口直し(?)に、都心の銀杏写真などでも。...

TMS③~The Pride of Japanese Engineering

大勢の人が集まっていた、今回のモーターショーの目玉の一つ、GT-R NISMO。ニュルブルクリンクを量産車最速の7分8秒(!)で回っちゃったクルマです。クルマの性能面での出来はもう圧巻としか言いようがありません。造形美とは対極にあるガンダム的なデザインは、個人的には好きになれないものの、何とも言いようのない圧倒的な存在感・風格を漂わせているのは紛れもない事実であり、これはこれで強い個性を持ったデザインとして評...

TMS②~気になるB&Cセグ車

まずはVWのブース。ゴルフの最上位に位置するゴルフR。写真はありませんが、インパネ回りも高級感があって○です。が、この排気量でマフラー4本出しはさすがにやりすぎでしょう(ここ数年のトレンドではありますが)。マツダブースで注目を集めていたアクセラ。元マツダ車オーナーとしての贔屓目もありますが、本当に最近のマツダはデザインが垢抜けています。アウディブースのS3セダン。塊り感があって好きなデザインです。135iを...

TMS~Prologue

気にならないと言えば嘘になる。・・・仕事を早めに上がり、お台場某所に潜入。そしてご対面!ほとんど印象に残らなかった通常の4シリーズと比べると、やはり凄味とオーラがあります。とはいえ、フェンダー部分の盛り上がりなどは、前モデルの方が迫力があったので、思ったより獰猛な印象はなく、ややもすると上品な感じがありました(このあたりはM6と似ているかも)。雑誌やウェブで見ていたよりも実物の方がはるかにイイです!フロ...

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.