古きドライブ写真に思うもの(ドライブ記番外編) - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

私がまだ20代半ばの頃、当時勤めていた会社の広島支社社員旅行(まだそんなものがあった時代でした)で初めて訪れた阿蘇くじゅう国立公園エリアの魅力に魅せられ、その後の広島滞在期間2年の間に、同エリアまで2度ほどドライブに行きました。最後に訪れたのが、1998年5月の連休。この時は、大分から阿蘇に跨る絶景道路「やまなみハイウェイ」を走ること以外には特に何も目的地を定めずに(かつ事前に宿も取らずに)広島の家を出た訳で、今にして思えばずいぶんと無謀なプランだったなぁと思いますが、これも若気の至りというものでしょう(笑)

ざっと行程を振り返ると、広島→小倉→青の洞門・耶馬渓→大分(泊)→湯布院→やまなみハイウェイ→久住高原→阿蘇→高千穂→九州最凶国(酷)道265号→椎葉村→人吉→熊本→宿取れず(涙)→気を取り直して熊本ラーメン→高速道路経由で広島へ、といったかなりの強行軍でした。


壇ノ浦PA(山口県)

img075.jpg





大分駅前

img076.jpg




阿蘇にて①

img071.jpg




阿蘇にて②

img072.jpg




天岩戸神社(高千穂;宮崎県)

img074.jpg




市房ダム(熊本県)

img073.jpg




人吉市内にて(熊本県)

img070.jpg



大分から熊本にかけての九州横断ルートは、私がこれまで走った中で3指に入る最高のドライブルートの一つです。時を経て、いつかまた行きたいなと思っていたところに、奇しくもこのルートにほぼ沿うようにして群発した、一連の地震群。

・・・この度被災した地域において、一日も早く普段通りの生活と、そこで暮らす人々の笑顔が戻ることを願うばかりです。

関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
amataro  

そこに居た訳ではありませんが、懐かしさを感じる写真ですね
その頃の写真ですからフィルムですよね?

あまり地震のイメージがないエリアではありますが、いつどこで起きてもおかしくないということを改めて考えさせられました。

たまたま出張で金土と福岡におりましたが、福岡でもかなりの揺れを感じました。
現地での早い復興を願うばかりです。

2016/04/19 (Tue) 19:26 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
Re: タイトルなし

amataroさん こんにちは

>その頃の写真ですからフィルムですよね?
はい。かつて一世を風靡した富士フィルムの逸品、「写るんです」で撮ったものです(笑)
当然写りは推して知るべしでしたが(というか、その頃、写真に対する興味はゼロでした)、今となってはご指摘のように、懐かしさを感じる良い風合いに見えますね。

地震を実際に福岡で体験されたとのこと。確か福岡でも震度5というのがあったはずですので、かなり驚かれたのではないかと存じます。ちなみに、そんな私も、明日、仕事で福岡日帰り出張だったりします^^;

2016/04/20 (Wed) 22:59 | EDIT | REPLY |   
atushi  

はじめましてこんばんは。

1枚目の壇ノ浦PAの景色、今もそのまま変わらずにあります。

って、写真の色合いがずいぶん古い時代の色合いのように感じますが
実際はそれほど古い写真ではないので当たりまえですね。

なんだか昭和を感じる写真です。

2016/04/22 (Fri) 01:32 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
Re: タイトルなし

atushiさん こんにちは

初めて壇ノ浦PAを訪れた時、関門海峡を挟んで見る九州はこんなにも近いのだ、との感慨を持ったことを覚えていますが、この景色は変わらずあるのですね。

一覧の写真は、写真撮影に全く興味がなかった当時の自分がメモ代わりに「写るんです」で撮った、平成時代の写真なのですが、保存状態が良くなかったのか、このような褪せた写真になってしまいましたが、それが心の中での思い出の褪せ具合とうまくマッチして、良い意味でのノスタルジーを感じさせてくれているのかな、とも思います。いつかまた機会を見つけて訪れることができれば、と思っています。

コメントありがとうございました^^

2016/04/23 (Sat) 07:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.