自らの感性を信じると言うこと - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

とある日にクルマを運転したところ、街乗りにおいて、早めのシフトアップで高めのギアでじわっと加速する時に、それまでとは違った共振めいた音が一瞬クルマの下から聞こえてくる時があるのに気付きました。それは、普通にクルマに乗る人には全く気にならないレベルのものでしたが、神経質な自分には気になって仕方がない(苦笑)。そこで、クルマを停めた際に、奇異に見る周囲の目を意に介さず(車高が低いので、ほとんど地べたに這いつくばるような姿勢でないと覗けないのです^^;)下回りを覗いてみたところ、通常何もないはずの燃料タンク付近から5㎝くらい下に垂れ落ちているパーツらしきものがあるのに気付きます。場所が場所だけに、気になって仕方がない。が、自宅にはリフトアップ用の機材がある訳でもなく、自分で直視することも不可。そう言う訳で、久々にお世話になっているディーラーに行ってまいりました。

事情を説明して入庫し、しばし待つこと小一時間。サービスの診断結果は「燃料タンクと補強用バーの間の緩衝材の一部が外れて落ちかかっていたもの」とのこと。



証拠写真①:フロント方面から右のリヤアクスル方面を見た状態。斜めに走る補強バーから黒い帯状のものが垂れています(赤丸部分)
IMG_3516.jpg




証拠写真②:同じ場所をボディ左側から右側に向かって見た状態。結構べろーんと外れています(複写写真ゆえに画像が荒くて醜いですが)。
IMG_3517.jpg


補強バーを外してつけ直すとなると、一連のパーツの固定ボルトが全交換(おそらく強度確保のためでしょう)となるようで、コストも無駄にかさむということなので、接着剤を用いて元の位置に戻すという処置をしていただきました。その後は、先述の共鳴めいた音が聴こえてくることがなくなったので、恐らくこれが原因だったのでしょう。しかしまぁ、極めてマイナーな不具合であり、これが重篤なトラブルに至る可能性はないであろうとはいえ、なぜこんなところが外れるのか、全く謎でした。

ともあれ、従前とのわずかな感覚の違いをもって、ちょっとした不具合を発見できたのは、良かった事。 走行距離も.4.4万キロに至り、だいぶこのクルマが自分の感覚に馴染んできたということでしょうか。こういうクルマの調子を感じるセンサーは大切にしなければな、と改めて思った次第です。

IMG_3513.jpg


P.S.BMWの今後について面白い(悩ましい?)話を聞きました。
①6シリーズ廃止→8シリーズへ
どうもネット上の噂が現実となりそうです。往年の8シリーズが復活するのは嬉しい話ですが、折角先代で復活を果たした、「世界で最も美しいクーペ」の系譜のモデルが消えるのは寂しい感があります。

②①の影響を受け、3、4シリーズも更に大型化
今の所、F3x世代比で7センチくらいボディが長くなるそうです。長さはまだいいとして、車幅はどうなることやら。駐車場サイズの制約(幅1.9m)や、狭い峠道嗜好(笑)ゆえに、次回乗り換え時には悩みそうです

関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
アッキー  

こんばんわ^^
噂が本当になれば、6シリーズが消えてしまうのは少し残念です。。。
色んな車の中でもあれほど魅力的な車はないと個人的に思っているので><

2017/03/28 (Tue) 20:51 | EDIT | REPLY |   
amataro  

こんにちは

トラブルを未然に防ぐ為に車に耳を傾けるのは大事な事だと思ってますが、しかしよく気づきましたねぇ

クリティカルなパーツでなく補修で直って良かったですね

今の3、4シリーズでも少し持て余している自分には、ちょっとこれ以上大きくなると厳しいです
最近はコンパクトでホットなモデルに憧れます(笑)

2017/03/29 (Wed) 08:17 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
Re: タイトルなし

アッキーさん こんにちは

私も全く同感で、現行BMWモデル随一の美しいデザインのクルマがなくなってしまうのは非常に残念に思います。
8シリーズの復活は歓迎するのですが、キャラが立ったモデルである6はなくして欲しくないですね。
それよりも、無駄に増えた5シリーズ以下の(ガワだけ変えたような)派生モデルを昔のレベルにまで大幅にスリムダウンして、他メーカーと被らないBMWならではの個性あるクルマ作りという原点にたち帰って欲しいと個人的には思うのであります。

2017/03/29 (Wed) 10:21 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
Re: タイトルなし

amataroさん こんにちは

> トラブルを未然に防ぐ為に車に耳を傾けるのは大事な事だと思ってますが、しかしよく気づきましたねぇ
はい、我ながら変態だなぁと思いました(笑) ともあれ、点検費用程度で治せたのでよかったです。

3人以上での長距離ドライブにも対応でき、かつ本格的なスポーツドライビングも楽しめる、大人の審美眼に適う内外装デザインの適度なサイズのクルマって、本当に選択肢が少ないです。個人的にはM2グランクーペを絶賛期待中ですが(笑)、仰るように、ラテン車に代表されるコンパクトホットモデルの世界も面白そうだなと最近は思っています。

2017/03/29 (Wed) 10:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.