GW明けの蓼科へ - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

連休明けの最初の週末、高校時代の友人とともに、山梨・北杜市に居を構える別の友人を訪ねがてら、蓼科旅行に行ってきました。

DSC00550.jpg

この日は、晴れ模様が続いた5月前半にあって唯一大雨が降った日。当日になって日頃の行いの悪さを悔やんでも後の祭り。こういう時は開き直るのが一番。と言う訳で、山梨の友人宅では、彼の離れ兼仕事場に隣接する形でテントを設営することにより、男が外で焼き、離れの中で女子供が食べるという、理想的な環境を設営することができました。



DSC00559.jpg



DSC00567.jpg

夕方になってようやく雨は上がります。天気予報によれば、翌日は気持ち良い晴間が広がるとのことでしたが、まだこの時点ではどんより低い雲が空を覆っていました。この日の宿に向かうべく、山梨の友人に別れを告げ蓼科へ向かいました。最近CLS55からS400に乗り換えた友人に先導されながら、宿泊地へ。その夜は遅くまで飲み交わし、翌日の好天を祈りながら床に就いたのでした。



IMG_03674(4).jpg



IMG_3675.jpg



DSC00580.jpg



DSC00583.jpg



DSC00585.jpg



DSC_01946(4).jpg



IMG_3677.jpg



DSC_01947(4).jpg

翌朝は、まさに望んだとおりの気持ち良い天気に。早々に身支度を整え、出発します。
窓とサンルーフを開けながら、連休後の閑散期でほぼ貸切状態のビーナスラインを駆け抜け、高原に遅れてやってきた春の朝の柔らかな日差し(まだ葉が出ていない木々が多いのにお気づきでしょうか)、そして高原の爽やかな空気を楽しみます。そして女の神展望台に立ち寄れば、昨日は全くその姿を拝むことができなかった八ヶ岳、南アルプス、中央アルプスの山々をクリアに見ることができました。




DSC00588.jpg



DSC00589.jpg



DSC00591.jpg




DSC_01948(4).jpg




DSC_01949(4).jpg



DSC_01955(4).jpg



DSC_01952(4).jpg

その後は、ビーナスラインからK40へ入り、女神湖方面へ。
沿道には綻んだばかりの桜の花があります。東京都内とは2ヵ月近く季節が違うんですね。5月半ばに桜を見れるとは思いませんでした。そして、蓼科第二牧場の脇にある「牛乳専科もうもう」で朝ごはん。いつ食べてもここのソフトクリームは濃厚で美味い(ソフトクリームはあくまでデザートで、パンとコーヒー牛乳をいただきました)。





DSC00594.jpg



DSC_01966(4).jpg



DSC_01970(4).jpg

そして、女神湖で柄にもなくスワンボート遊びなどして(笑)蓼科山の美しい姿を楽しみ、帰路につきます。




DSC00603.jpg



DSC00611.jpg



DSC00614②

帰路は、後席の家族のことを考え、緩やかなカーブが多く路面状況も良い大門街道で下ります。茅野からは、八ヶ岳エコーラインに入り、八ヶ岳や甲斐駒ケ岳の雄姿を楽しみながら快適ドライブ。熱ボケでクリアな写真が撮れていないのが何とも歯がゆい限り(発熱に弱いのは、アクションカムに限らず、デジタルカメラにも見られるソニー製品の大きな欠点だと思います。基本性能は悪くないんですが)。そして諏訪南ICから中央高速道で帰京。


以上、2日間の総走行距離498km、平均速度61.7km/h、平均燃費8.8km/ℓ。
渋滞とはほぼ無縁、燃費面でも満足、かつ家族同乗を前提とした走行ではあったものの気持ち良い峠ドライブも楽しめた旅行でした。


関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.