初秋の京都・奈良紀行~②新日本三大夜景との邂逅 - Photography
fc2ブログ

Dachi

Dachi

京都鉄道博物館でひとしきり楽しんだ後、京都から奈良へと移動したものの、天候は相変わらず雨がしとしと降り続く状況。
これでは翌朝予定していた寺院観光も難しいな、と残念に思いつつ、まずは夕食をいただくことに。。

チェックインしたのは、JR奈良駅前の焼肉店「たつ屋」。
観光地に来てまで焼肉か、と思われるかも知れませんが、最近久しく焼肉を食べていなかったのと、東京からの移動と鉄道博物館とで体力を相当消耗してしまったので、ガッツリと栄養を取ろうとした訳です。一番安価なコースを注文しましたが、質・量とも価格以上。美味しくいただくことができました。

夕食後外に出ると、幸いなことに雨はほぼ上がっていました。駅前の総合観光案内所(下の写真。奈良駅旧庁舎を転用したものです)の辺りを歩いているとふと家人が観光ガイド付き若草山夜景観光バスなるものを発見。一時的に雨は上がっていたものの、台風到来直前の荒天の中、乗客はほとんどいない状態。付近にいたガイドさんに伺ったところ、間もなく出発とのこと。若草山という名称を聞いたことこそあれ、そこがどのような場所かは全く予備知識がなかったのですが、好奇心に身を任せるのもまた旅の醍醐味ということで、乗車してみることにしました。

DSC_20096(800).jpg




DSC_20099(800).jpg




奈良駅前を出発したバスは、近鉄奈良駅前、東大寺裏を経て若草山ドライブウェーへ。強風のため路面に落ちた枝葉をどかすための停車を何度か繰り返しながら、バスは急な山道を登って行きます。途中、路肩に鹿や猪も現れ、アドベンチャー感はいやが上にも盛り上がります。そして山頂の駐車場に到着。真っ暗な道を懐中電灯を頼りに5分ほど歩くと、そこには光を散りばめた美しい夜景が広がっておりました。

DSC_20104(800).jpg




DSC_20105(800).jpg




DSC_20108(800).jpg



手振れ補正なしの旧型レンズ(Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED)で手持ち撮影で頑張ってみましたが、いかがでしょうか?
都会のネオンや高層ビルに彩られる夜景も良いですが、こういう盆地に広がる低層中心の夜景も美しいものがあります。灯りが碁盤の目状に走る中に浮きあがる漆黒のエリアは、平城宮がある場所。1300年前の平城京の時代にしばし思いを馳せ、荒天の谷間に偶然訪れた此度の邂逅に感謝したのでした。

後になって調べてみたら、この若草山からの夜景は、笛吹川フルーツ公園から望む甲府盆地の夜景、皿倉山から望む北九州の夜景とともに新日本三大夜景に認定されているとのこと。かねてより何度も訪れている甲府盆地に続き、これで三大夜景のうち2つを回ったことになります。残るは北九州のみ。と言っても、残念ながらなかなか先立つものが無い(涙)!


京都・奈良紀行はまだまだ続きます。

関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
amataro  

Dachiさん こんにちは
言われていた京都奈良旅行、行かれたんですね。
確かに3連休は天気が怪しかったですが、天気も含めていろいろあるのも旅行ですね。

できるだけ身軽に行くとなると、レンズの選択肢に悩みますが(と言っても大したレンズは持っていないのですが。。。)、この18-35の広角をカバーしたレンズは活躍しそうですね。 写りもいいですし。

この暗さの中で手持ちとは恐れ入りました。 息を止めて相当慎重に撮らないと流石にブレますよね。
そういえば旅行用にと一脚を持っていたのを今更ながら思い出しました(笑)
たまには持ち出して見ます。

2017/09/26 (Tue) 08:40 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
Re: タイトルなし

amataroさん こんにちは

台風直撃と同じタイミングでの旅行となってしまいましたが、幸いなことに、観光にはクリティカルな影響はなく、当初予定の8割程度のスケジュールは無事にこなすことができました。

車利用でない旅行時の持参レンズは本当に悩みます。
本当は高倍率ズーム1本で行くのがレンズ交換の手間もなく便利なのですが、DX機放出とともに高倍率ズームも処分してしまったので、旅行の度に被写体の傾向に合わせて悩みながらレンズを選択しています。

今回は18-35mm広角ズームと50mm単焦点の2本で行ったのですが、理想的には24-85mm、もしくは24-120mmを持っていればそれがベストかなと思っています。18-35mmは、5年前のスイス旅行時に中古で買ったレンズで、歪曲の大きさ、周辺部の甘さという欠点はあるものの、取り回しの良さでこれに勝る広角ズームレンズはないので、まだまだ我が家では活躍しています。

> この暗さの中で手持ちとは恐れ入りました。 息を止めて相当慎重に撮らないと流石にブレますよね。
アップした夜景写真は広角端で撮ったものですが、これくらいの画角になると、等倍では多少ぶれていてもブログサイズでは目立たないというマジックです(笑)

> そういえば旅行用にと一脚を持っていたのを今更ながら思い出しました(笑)
一脚、あれば便利ですよね。ぜひ使ってあげて下さい^^

2017/09/26 (Tue) 22:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.