信州・飛騨・木曽路を巡る秋のツーリング② - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

さて、横手山を後にして志賀高原方面へ向かいます。長野に入り峠を下るも、未だ雨が止む気配はなし。


DSC00740.jpg



DSC00741.jpg

熊の湯の硯川ホテル、そしてその奥の志賀プリンスホテル(閉館;西武系ではありません)と志賀パレスホテルの前を通過。熊の湯・渋峠エリアのゲレンデは良いコースが多いのですが、いかんせん、一の瀬・高天ヶ原方面と比較すると一般スキーヤーにはいささかマニアックなのですよね。。




DSC_20512(800).jpg



DSC_20503(800).jpg



DSC_20507(800).jpg



DSC_20511(800).jpg

高天ヶ原方面に行こうとして道を間違い、偶然入りこんだ山の駅・蓮池エリア。紅葉が綺麗だったので、こんなこともあろうかとトランクに詰め込んでおいた登山用合羽を羽織って、何枚か写真を撮ってみました。




DSC_20518(800).jpg



DSC_20522(800).jpg



DSC_20519(800).jpg



DSC_20521(800).jpg



DSC_20524(800).jpg

そして、高天ヶ原マンモススキー場の前へ。一の瀬とともに、志賀高原を代表するスキーゲレンデですね。紅葉の木々にかかるガスが幻想的でありました。あと2カ月もしないうちに、この辺りは一面銀世界となるのでしょうね。




DSC_20530(800).jpg



DSC_20526(800).jpg



DSC_20528(800).jpg

サンバレースキー場の前でも写真撮影停車。このあたりで大分雨が小ぶりになってきました。これはいよいよか?




DSC00747.jpg



DSC_20540(800).jpg



DSC_20539(800).jpg



DSC_20535(800).jpg

更に進むと、高架橋に人が群がっています。きっと良い眺望が楽しめるのだろう、とクルマを停められるスペースを見つけクルマを停めます。もうその時点で、正面に見える紅葉が圧巻! そして高架橋から見る下界には、鬱蒼とした森林と雲海が広がっていました。広角端24mmでは、その雰囲気を存分にお伝えできないのが残念。


長くなったので、一旦ここで切って、続きはまた次回ということで。


関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.