カメラ雑感 - Photography
fc2ブログ

Dachi

Dachi

久々に訪れた根津神社。現メイン機D800導入後最初に訪れ、その精細な写りに驚いた記念すべき?スポットでもあります。その当時のことを思い出しながら、一眼レフカメラの使用感を再確認するかのように写真を撮り歩きました。


DSC_21663(800).jpg

DSC_21650(800).jpg

「一眼レフカメラの使用感を再確認」と書いたのにはちょっとした訳がありまして、最近迷い惑っていることがあるのです。それは・・・もはや自分は一眼レフは持たなくていいのではないか? ということ。

重い、などという軟弱な弱音を吐くつもりはないのですが、それでも気になっているのは、周囲を威圧するような仰々しい大きさ、そしてそれに起因する機動性の乏しさ。一箇所に腰を据えて三脚を立てシャッターチャンスを待つ撮影スタイルなら問題にならないのでしょうが、最近は動き回ってシャッターチャンスを探すスタイルになってきているゆえ、嵩張るカメラ&レンズを提げて歩き回るのは何かと不自由なんですよね。また、位相差AFの精度の悪さ(特に周辺のフォーカスポイント)にもフラストレーションを感じる時もある訳でして。そんな中、ニコンの最新レンズ群は、私のこうした悩みをあざ笑うかのように巨大化&高額化の一途。三脚を据えてじっくりとライブビューAF(コントラストAF)で「作品」を撮る、あるいはOVFのリアルタイム性を評価して動き物を撮る、等の撮影スタイルがメインにならない限り、私のようなアマチュアはミラーレスに移行した方が良いのではないかと考えてしまうんですね。


DSC_21658(800).jpg

こんなことを考えるようになったのは、ソニーの最新フルサイズミラーレス、α7III・α7RIIIを目にしてから。
スペック的にはもはや一眼レフより上。ボディ内5軸手ブレ補正という、ニコン一眼レフでは絶対実現し得ない付加価値も持っています。また、ミラーレスの大きな弱点であるバッテリーのもちもかなり改善されているようです。レンズラインナップも今後サードパーティー製も含めて一層拡充されそうですし、何よりソニーは世界に冠たるイメージセンサーのトップ企業。もはやサブカメラとしてではなく現行一式処分してシステム入れ替えをしようかとさえ思うようになりました。


DSC_21651(800).jpg

しかしながら、今日現在、そのプランはまだ実現に至っていません。その唯一にして最大の理由は、こと耐久性という点においてソニーというメーカーをまだまだ信じられないということ(あくまで個人的な意見です)。。。

・・・かくいう私、昔は大のソニー党でして、オーディオも主要機器は全てソニー製品で揃えていた時期がありました。ポータブルプレーヤーはウォークマン一択でしたし、フルサイズコンポで言えば、CDプレーヤー=CDP-502ES→CDP-777ESJ、カセットデッキ=TC-K555ESII→TC-K555ESAといった感じで歴代のモデルを使用してきました(かれこれ20~30年ほど前のことです)。しかしながら、いずれについても購入後5年以内に故障・修理を経験する羽目になりました。 安価なウォークマンはともかくとして、後者の「ES」シリーズは、いずれもラインアップの中上位の商品であったにも関わらず! それ以来現在に至るまで、ソニー以外の機器を使っていますが、いずれも故障は皆無。例えば、現在の愛用CDPは、視聴会用途に使われていたものを中古で引き取ってから10年以上になりますが、オーバーホール・修理皆無で元気に稼働しております。これって偶然でしょうか?? 最近は良くなっているのかも知れませんが、車・スキー用に数年前に買ったアクションカムも比較的簡単に熱暴走を起こしたり等、信頼性に関する私の見方を完全に覆すには至っていないところがあります。私が単にハズレ引きなだけなのかも知れませんが・・・

閑話休題。私は先述のような撮影スタイルのため、天候を問わずカメラをアウトドアに持ち出します。精密機械なので極力丁寧には扱いますが、水しぶきを浴びたりはザラなので、それなりにタフであって欲しいのです(ニコンを選んだ理由の一つでもあります)。ソニーのミラーレスはコンパクトさと裏腹に、耐久性では一眼レフに一歩譲るという話もレビューではまま見かけますし、とある実験では、ソニーミラーレス機は防塵防滴性能が他メーカーの防塵防滴を謳う一眼レフよりも劣るという結果も出ているようです。とはいえ、写りの良さではもはや一眼レフと同等以上となっている現状では、ソニー機で戦うプロフォトグラファーも増えてきています。ソニー自身も今後はプロマーケットを攻略すると高らかに宣言していますし、指摘されているようなウィークポイントは今後徐々に改善されていくことでしょう。


DSC_21667②(800)

イメージセンサーと先端テクノロジー、そしてマーケティングとインダストリアルデザインのセンスに関しては随一の実力を持つソニーのことですから、二大カメラメーカーと同等以上の耐久性・使い回しの良さを得られたら、向かうところ敵なしとなり業界シェアが一気に変わるかも知れませんね。ここまでミラーレスの代表としてソニーばかりを取り上げましたが、フルサイズに拘らなければ、オリンパス、フジフィルム等も非常に魅力的な製品を出しています。今後、特殊環境下での用途と趣味性の高い層向けを除き、レンズ交換式カメラは間違いなくミラーレス化が加速すること必至かと思います。ソニーの攻勢を受ける二大カメラメーカーがどのようなミラーレスを出してくるか、それを待ってからでもミラーレス導入は遅くないかと考えています。

そんなことを考えながら撮影を終えると、手の中に収まるD800が妙に愛おしくなってきました。震災禍を乗り越え世に登場したこのカメラ(ニコン仙台工場製)。6年前の4月下旬にうちにやってきて以来、色々な場面でいろいろな光景を写し撮ってきた相棒とも言える存在。性能面では最新のカメラには敵いませんが、故障・不具合とは無縁であり、自分の用途なら使いこなしでどうにでもなる汎用性の高さは未だ輝きを失わずにいます。もう暫く使い倒してやろうと思います。
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
amataro  

こんにちは
同じような所でウロウロしている自分がおりまして。。。(笑)
正直一眼レフというカメラは一部の趣味にはまった人か仕事で使われる人のカメラのような気もしてきています。
確かに幅広いシチュエーションにをカバーできるカメラではありますが、「写真を撮る」っていう意気込みの元、持ち出すという感じですね。

最近はもっぱらGR2をカバンに入れて持ち歩いていることが多いです。
ズームがなくオールマイティーなカメラではないですが、割り切ってしまえば撮れる写真は文句ない解像度で一眼レフで取る写真と変わりません。

ソニーのミラーレスは気になりますね。
メーカーに由来する耐久性に関しては、概ね私も同じ印象です(笑)
唯一受け入れられないのが、シャッター音。
もしかしたら慣れるのかも知れませんが、ニコンのシャッター音が自分にはしっくりきます。

2018/04/11 (Wed) 17:36 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
To amataroさん

amataroさん こんにちは

2000年代の後半頃、デジタル一眼レフって、もっと身近で取り回しが良くてワクワクするものだったような気がします。
必ずしも高性能化=満足度上昇となるとは限らないのは、カメラもクルマもコンピュータゲームも一緒ですね(笑)
最近は、大きいレンズを何本も持ち出すことは少なくなりましたし、三脚もほぼ使わず(夜景は例外)、コンパクトな単焦点1本を付けて出歩くことが多くなっています。この不自由さがむしろ楽しい、的な感じで。

GR2のコンパクトさは良いですよね。沈胴式のレンズであれだけ写れば文句なしだと思います。

さて、ソニーのミラーレス。機能だけで言えば明日にでも欲しいくらいです(笑)
約5段分のボディ内手振れ補正+高精度なAFは、使いこなしの幅を大きく広げてくれますので。
本文に記載のとおり、現行システムを処分する気はまだないので、お試し2マウント体制を実現できるような臨時収入がどこかに転がってませんかね^^;?

2018/04/12 (Thu) 23:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.