そうだ日本海を見に行こう(後編) - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

日本海に至った日の晩、宿を抜け出し車で某所の田園地帯までやってきました。
民家も疎らで街路灯もないので、このとおり周囲は真っ暗闇。もっとも、この夜は半月が煌々と輝くおぼろ月夜だったので、目が慣れてくると周囲がそれなりにくっきりと見える状況に。いやぁ、月明かりって、こんなにも明るく、そして幻想的だったのですね。都会にばかり引き籠っていると感性が退化してしまうな、と改めて思った次第です。

DSC_22226(800).jpg

DSC_22215(800).jpg

何でこんな場所までわざわざ来たかというと、それは蛍を見るため。このあたり(保護のためにあえて場所は伏せさせていただきます)に棲息しているという情報を事前に入手しており、聞いていた通りに、暗闇の中で車のハザードランプのみを点滅させると、仲間と思ったのか、周囲の里山から蛍がわらわらと寄ってきます(喜)。願ってもないシャッターチャンス!と思い三脚に固定したカメラで長時間露光を試みるも、光量が弱く(恐らくゲンジではなくヘイケボタルかと)、且つ蛍達が不活性だったため、なかなかうまく撮れず。光の軌跡が何本も走る写真を撮るイメージを抱いてやって来たのですが、撮れるのは下のような写真ばかり(何箇所かに点で写るのみ。1枚目はこのサイズでは分かりづらいですが、4~5個程度の光点が確認できます) う~ん、蛍撮りは難しいですね。事前にちゃんと予習して来れば良かった(涙)

DSC_22213②(800)

DSC_22227(800).jpg

DSC_22234②(800)

と言う訳で、途中から撮影はきっぱり諦め(笑)、肉眼で楽しむことにしました。幻想的な月夜の下で舞う蛍の光。天然物の蛍を見るのはもう40年ぶりくらいでしょうか。しばしの間、幽玄のひと時を過ごしました。


DSC_22239(800).jpg

DSC01139.jpg

DSC01141.jpg

翌日は気持ちの良い晴れ。一路、十日町まで戻ります。交通量ほぼゼロの田園地帯の裏道を超快走!


IMG_4583.jpg

IMG_4585.jpg

そして到着したのは、前日訪れた小嶋屋総本店と並ぶ十日町のへぎそば有名店の一つ「由屋」。2日連続で腹がはち切れんばかりのへぎそばを食します。小嶋屋総本店との比較では、コシの強さは小嶋屋総本店>由屋、出汁の味わい深さは小嶋屋総本店<由屋(魚介出汁が香ばしい)という感じでしょうか。どちらを食べても十分満足の味です。


DSC01145.jpg

DSC01146.jpg

DSC01147.jpg

その後、K334→K76とスイッチして、大沢峠経由で舞子・石打エリアまで戻り、関越自動車道で帰京。短い日程ながらも密度の濃い2日間を過ごすことができました。
今回は行程の半分以上が観光でしたが、このエリアの雰囲気は何となく分かったので、ここから栄村に抜けるルート、若しくは柏崎から沿岸を北上して弥彦山に至るルート等、いずれは走りメインで再訪したいですね。
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
忠  
ホタルは難しいですね

はじめまして。

我が家は田舎ですので、10日ほど前の蒸し暑い夜に帰る途中の川にホタルが乱舞していました。すぐに家に帰ってカメラを持って来ましたが、肉眼ではうじゃうじゃ見えるホタルも写真に写すことは出来ませんでした。素人にとってホタルの撮影は難しいですね。
昨年は長雨だったためにホタルの幼虫?も流されてしまったのではないかと心配していましたが、今年は例年になくたくさんのホタルを見ることができました。

僕も十日町は年に2~3回通りますが、へぎそばというのは食べたことがありません。今度は食べてみようと思います。

2018/06/29 (Fri) 10:53 | EDIT | REPLY |   
-  
To 忠さん

忠さん こんにちは。
コメントありがとうございます。

私の故郷では宅地開発とともに蛍は消えてしまったので、もはや遠い日の良き思い出となり果てていたのですが、今回、数十年ぶりに天然の蛍に出会ってまだまだ場所によっては元気に棲息しているということを知り、ちょっと嬉しくなりました。忠さんのご近所にもまだ沢山いるのですね! きっと豊かな自然が残っている素晴らしい環境で暮らされているのかと推察いたします^^

へぎそばは、布海苔をツナギに使っているためか、いわゆる蕎麦らしい香りはあまり感じられませんが、その独特の喉ごしは他の蕎麦にはない魅力で、何杯でも行けてしまいます。ぜひ今度試してみて下さい。

2018/06/29 (Fri) 22:32 | EDIT | REPLY |   
amataro  

Dachiさん こんにちは

雪のないこの時期であれば、新潟までは結構近いなぁと今更ながら気づきました。
目立った観光地は少ないかも知れませんが、人混みに揉まれて観光するより、自然を眺めたりその土地のものを食べたりする方が自分は好みです。

蛍はここ数十年見てないですねー。
写真で見るような蛍は条件や蛍の種類など、かなりの準備をしないと収められなさそうですね。

今年の夏は新潟、タイミングを見つけて行ってみたいと思いました。

2018/07/02 (Mon) 09:59 | EDIT | REPLY |   
-  
To amataroさん

amataroさん こんにちは。

>人混みに揉まれて観光するより、自然を眺めたりその土地のものを食べたりする方が自分は好みです
こういう楽しみを求めるならば新潟は非常によいエリアの一つだなと、今回改めて思いました。誰でも知っているような有名ワインディングこそないですが、そこいら中走り放題ですので。あと、食べ物と酒はやはり美味しいですね。

蛍はロケハンなしのぶっつけ本番だったので、あんなものでしょう^ ^;

いずれにせよ、短いながらも密度の濃いドライブ旅行になりました。
このエリア、標高は高くないので避暑にはなりませんが、美味いものと温泉が待っていますので、是非訪れてみてください!

2018/07/03 (Tue) 10:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.