久々の伊豆箱根ツーリング② - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

伊豆スカイラインを下り、修善寺を経て向かったのは、このエリアの定番立ち寄りスポットであるだるま山レストハウス。アプローチは、伊豆国際カントリークラブの脇を抜ける、2-3速レンジのタイトな登りのワインディング。純正足のスポーツモードではドタバタ跳ねてあまり好きではなかった道ですが、今回は新調した足回りがしなやかに(それでいて、決してヤワな訳ではない)路面に追従してくれたおかげもありとても気持ち良く走れました。足回り新調の効果を最も強く感じた瞬間でした。

DSC_22350(800).jpg

DSC_22351(800).jpg

DSC_22354(800).jpg

到着しただるま山レストハウスは、平日かつ売店のオープン前ということもあり、ほぼ貸切の状態。残念ながらここでも富士山は見えませんでした。しばしクーリングタイムを取り、その後は西伊豆スカイライン方面へ。


DSC01186.jpg

IMG_4709.jpg

DSC_22356(800).jpg

DSC01196.jpg

西伊豆スカイラインは、阿鼻叫喚のホワイトアウト地獄。土肥駐車場あたりまでは視界が100mもない状態が続いたため、先を読みながら安全マージンをしっかり取った走行を心がけます。それでも、土肥峠のあたりまで来ると、立ち込めていた霧も晴れてきて、この先のK411西天城高原道路に期待が膨らみます。


DSC01199.jpg

DSC01201.jpg

DSC01203.jpg

期待通りに、超快走のコンディションがそこにはありました! 霧に堪えて此処まで来た甲斐がありました!!
しかし・・・


IMG_4711.jpg

おや、またちょっとガスって来たかな?


DSC_22363(800).jpg

DSC_22360(800).jpg

真っ白で何も見えないじゃないか@仁科峠(怒)!! 涼みながら20分ほど待ちましたが、一度たりとも下界の宇久須の街を望むことは叶いませんでした。でも、ここまで貸し切り状態で至高のスカイラインを快走できたことには本当に満足。この後、コークスクリューのK410を下って駿河湾の海岸線に出ようとなりましたが、結果的にはこれがこの日最後に経験した霧となり、以降は素晴らしい青空の下でのツーリングとなったのでした(つづく)。

関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
amataro  

Dachiさん こんにちは

私も先日平日に同じようなエリア、というかほぼ同じ所を走って来ました(笑)

箱根の山の上では霧に包まれましたが、伊豆方面は良い天気でしたので別日ですね。

ザックスの脚は純正の可変ダンパー機能を捨てても変えて良かったと思えたパーツでした。
しっかりと接地感を感じられて、且つしなやかさもあり、走っていて楽しくなりますよね。

読みながら同じように感じていたことを思い出しました。

やっとカメラから写真を読みこみましたので、こちらも箱根伊豆のブログこれから書きます。

2018/08/14 (Tue) 08:04 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
To amataroさん

amataroさん こんにちは

同じような時期に同じような平日伊豆箱根方面ツーリングとは、まさにご同慶の至りです(笑)

ザックス足は、私もかなり気に入りました。さすが純正足OEMメーカーが敢えて世に出した製品だけに、純正足を着実に正常進化させたよい足だなと思います。ストリートでの特性はある程度分かったので、機会があればクローズドコースでも試してみたいと思っています。

伊豆箱根記事、楽しみにしております^ ^

2018/08/15 (Wed) 12:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.