久々の伊豆箱根ツーリング③ - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

西天城高原から駿河湾沿いの町に降りる方法には、K410経由・K59経由の2つの選択肢があります。いずれも1.2〜2車線の狭めの道ですが、数日前の台風の影響で落ちた枝葉や落石で道が荒れている可能性も考慮し、相対的に走り易いK410を降りることにしました。

DSC01210.jpg

DSC01216.jpg

DSC01219.jpg

降り始めるとすぐに霧は晴れ、快適なコンディションに変わりました。懸念された台風の影響も殆どないことを確認しながらアクセルを踏む量を増やしていきましたが、新しい足回りはここでも良い仕事をしてくれました。Gが左右に変化するシーンの安定感が高まったこと、路面のうねりに対する足の追従性が上がったこと等から、ペースを上げても、以前よりも余裕を持って走りを楽しむことができました。楽しい時間はあっという間に過ぎるもので、程無くして宇久須の町に到達。尾根筋とは打って変わり、下界は気持ちの良い青空。昼食にはやや早い時間だったので、観光スポットに立ち寄ってみることにしました。


DSC_22373(800).jpg

DSC_22369(800).jpg

DSC_22368_fb.jpg

DSC_22379(800).jpg

これまで何度か訪れている黄金崎ですが、海の綺麗さは今回がピカイチ。いや〜西伊豆ならではですね。


DSC01226.jpg

IMG_4718.jpg

IMG_4716.jpg

その後は、海沿いのR136を南下。宇久須から松崎に入る辺りまでは、前を行くマクラーレンに先導される形で進みます。このマクラーレンとは、浜橋の交差点でお別れ。何と、狭隘路で有名なK59に入って行きました。車幅1.9mを越えるスーパーカーのマクラーレンでこの狭隘路に向かうとは、相当お好きな御仁と拝見しました。一方の私が向かったのは松崎町中心部。港にクルマを停め、「民芸茶房」を訪れます。平日の昼だったためか、私以外の来店者は2~3組と少なく、静かな空間で美味しい魚介を楽しむことができました。


DSC_22392(800)_20180815223405d6b.jpg

DSC_22386(800).jpg

DSC_22388(800).jpg

DSC_22391(800).jpg

昼食後、相変わらず尾根筋は霧に覆われている様子だったので、K59で再び山を登る予定を断念し、R136経由で海沿いを北上することにしました。交通量は少なめで、まずまずのペースで走れたこともあり、程無くして土肥エリアに到着。ここからは、R136に別れを告げ、K17で戸田方面に向かいます。途中の旅人岬で一息入れ、美しい駿河湾の景色を楽しみます。


DSC01235.jpg

DSC01239_20180815223407a62.jpg

DSC01242_20180815223407473.jpg

K17は、土肥エリアを離れてからが本番。戸田までの区間は1.5~2車線の変化に富んだワインディング。残念ながら、一番眺めが良い海沿いの区間はトラックに前を塞がれてしまいましたが。。。それでも、要所要所でしっかり楽しみ、戸田の町に到着。


DSC_22399(800)_2018081522404263a.jpg

DSC_22395(800)_20180815224040c57.jpg

港にクルマを停め、しばし散策。透明度の高い海中を群れを成して泳ぐソラスズメダイやイシダイの幼魚を見ていると、実に心が癒されます。その後、「リハビリ」ツーリングの集大成として「道の駅くるら戸田」の温泉へ。源泉かけ流しの湯で汗を流し、貸切状態の露天風呂に浸かってここまで走ってきた疲れを癒します。

心身ともにサッパリした後は、K18→K127と最後のワインディング走行を楽しみ、伊豆中央道→新東名経由で帰宅。

平日ツーリングは、目的地周辺では少ない交通量の中快適に走ることが出来るのですが、都心に戻る復路が鬼門ですね。高速道路は事故渋滞があちこちで頻発し(これは週末も同じですが)、高速道を降りた先の一般道もとにかく渋滞、渋滞の嵐。おかげでトータル燃費は7.5km/リットルと全くふるいませんでした。もっとも、これは、日本経済の大動脈である東海道方面へのツーリングだったからこそかも知れません。あまり慣れない平日ツーリング、もう少しルーティングやタイムマネジメントについて研究の余地がありそうです。

ともあれ、気持ち良く走れ、美しい景色にも出会え、旨い魚&温泉も楽しめて、幸せな一日でした。

関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
wata  

つい先日、私も西伊豆や箱根をドライブさせてもらいましたけど、景色も走りも本当にイイんですよね~。
新調したM3の足回りも、キマッているようで何よりです。
今回のような道をを走らせると、その効果が際立ちますよね。
ちなみに私のクルマの足回りは11万km無交換なのですが、今もそのまんま乗り続けております。
いくらなんでもヘタってきているハズなのに、気づいてないんですかね、私(汗)。

2018/08/20 (Mon) 21:52 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
Re: タイトルなし

wataさん こんにちは。

週末はお疲れ様でした&ありがとうございました。

伊豆は海と山が近接してあり、それでいて混雑度も低いので、走って良し・食べて良し・浸かって良し(温泉)の、ツーリング好きが好む要素を全て満たす日本随一のエリアの一つだと思っています。

>新調したM3の足回りも、キマッているようで何よりです。
足回りは大黒でお会いする前日に追加で微調整しまして、その翌日(振替休暇)に実戦で確認をしてきたのですが、伊豆を走った時よりも更に良くなりました。足回りがリフレッシュされると、あたかも車を買い換えたかのような新たな気持ちで楽しめるのがいいですね。

>ちなみに私のクルマの足回りは11万km無交換なのですが、今もそのまんま乗り続けております。
>いくらなんでもヘタってきているハズなのに、気づいてないんですかね、私(汗)。
どんな車でも10万kmを走っていたら、消耗品であるショックアブソーバーの性能低下は多かれ少なかれあるかと思いますが、それを明確には感じさせないというのはさすがはポルシェといったところでしょうか。どこまで行けるか、後学のため興味深く拝見させていただきます^^

2018/08/22 (Wed) 01:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.