仙台市電との再会 - Photography
fc2ブログ

Dachi

Dachi

ウン十年ぶりの仙台市電との再会@仙台市電保存館。
未就学児の頃、親に連れられて市電に乗って東北大学付属病院に通っていた時の記憶は、断片的ながら未だ脳裏に焼き付いています。

DSC_22319(800).jpg

DSC_22297(800).jpg

DSC_22311(800).jpg

DSC_22320(800).jpg

DSC_22305(800).jpg

このジオラマは、管理をされている方がご自身で作ったものとか。ED75が牽く旧型客車(手動扉)や、東北本線・仙山線ホームから離れた所に接地された仙石線ホームなどを見ていると、かつての記憶がふつふつと脳の奥から湧きあがってきます。

以上、ちょっとしたタイムスリップ経験のレポートでした。
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
オバrev  

広島市内も路面電車が走っていますが、最近は最新型になって、快適にはなっているんですが、こういう古い型の電車の方が味がありましたね。

ところでE90やE92のM3、被写体としてはエロさで現行のF80やF82を遥かにしのいでいると思っています。アスリートに例えればロシアンビューティーのよう(^^;

2018/09/05 (Wed) 09:30 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
To オバrevさん

オバrevさん こんにちは

最近の広電は、「路面電車」というよりも、欧州の「ライトレール」のようなモダンなデザインですよね。昔は1両編成の旧型車両をよく見かけたのですが(宇品行き等)、最近はもう走ってないのでしょうか。

E90、E92は、ここ1~2年で、街で見かける機会がグッと減ってきたような感があります。
しかしながら、私の場合、最近足周りを交換したばかりなのですぐに乗り換える訳にもいかないという事情に加え(笑)、そもそもこれ以上車のサイズを大きくしたくないという思いから、魅力的な乗り替え候補を探そうにも目下存在しないというのが現状です(複数台持ちが許される環境なら選択肢は広がるのですが)。もっとも、それ以前に、E90M3の乗り味に引き続き大きな魅力を感じているというのが大前提としてありますが。

賛否両論あるクリス・バングルデザインですが、過飾を抑えながら構成される面の流れで美しさを表現するそのデザインは、欧米的な大人の美学を感じさせるものであり(実際にE90をデザインしたのは日本人の永島譲司さんですが)、未だ気に入っています。エロいかどうかはともかく(笑)、構図やライティング次第で、ある時は非常に女性的・グラマラスに見えたり、またある時は男性的な強さを醸し出したりするので、被写体としては何度撮っても新たな発見があり、非常に楽しいです・・・一方で、毎回毎回、写真を撮って現像する際に「もっと上手く撮れたのではないか」と自問自答させられる困ったちゃんでもありますが^^;

2018/09/06 (Thu) 09:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.