秋の東北GT⑥~鳴子・阿武隈・そして帰投 - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

【Day 3つづき】
DSC01538.jpg

DSC01542.jpg

DSC_22759(800).jpg

DSC_22762(800).jpg

DSC_22766(800).jpg

K310から接続したR108仙秋サンラインは、県境を越える道とは思えぬ快走高速(狭隘峠越え路だった旧道に代えて整備された新道なので、当然と言えば当然だが)。県境の鬼首(おにこうべ)トンネルを超えると、そこは宮城県大崎市。鬼首カルデラの中を抜け荒雄湖を過ぎれば、東北を代表する温泉地の一つ、鳴子温泉郷だ。鳴子温泉郷は、その名称の由来になった鳴子温泉を中心に、東鳴子温泉、川渡温泉、鬼首温泉、中山平温泉から構成される一大温泉郷。ここだけで日本にある11の泉質のうち9種類を楽しめるという、何とも贅沢な温泉郷である。今回は、その最奥地に位置する中山平温泉に立ち寄ってみることにした。

まずは陸羽東線の中山平温泉駅に立ち寄ってみる。2年ぶりの再訪だ。ローカル線の無人駅ということもあり、非常に長閑な雰囲気が漂う。駅前に存置されたC58は2年前よりも更に腐食が進んでいるように見え、何とも痛ましい。周辺を歩いていると踏切の警告音が鳴り始めたので、駅のホームに出て、入線してきた列車を撮ってみた。列車はしばしの停車の後、ディーゼルエンジンを吹かしながら隣の鳴子温泉駅に向けて出発した。ところで、3枚目の写真に写っている「倉加屋」では、「中山平」という日本酒を扱っている。ここでしか入手できないレア酒で、現地名産の「ひとめぼれ」を原料に、これまた現地名産の天然アルカリイオン水「玉鳴号」を用いており、なかなかに美味。このあたりを訪れる機会があったら、ぜひ試していただきたい。

DSC_22758(800)_2018102714264662f.jpg

そしてここでいよいよ温泉。温泉郷の数ある候補から今回チョイスしたのは、中山平温泉のしんとろの湯。内湯のみのシンプルな温泉だが、かけ流しかつ加水・加熱なしの本格温泉で、その名の通り、入った瞬間からお湯がトロトロ。PH9.4、メタケイ酸493mg/Lは伊達ではなく、美肌効果抜群である。入浴後、併設の食堂で軽く昼食を済ませ、次なる目的へ向かった。

DSC_27275(800).jpg

DSC_22781(800).jpg

現地に至った際の車窓の木々の様子から、全く期待はしていなかったものの、ここまで来た以上、東北屈指の紅葉の名所、鳴子峡には立ち寄らざるを得ない。橋の上から峡谷を望んだが、やはり紅葉はまだ2~3分といったところ。この程度であれば谷底まで散策する必要はないと判断し、早々に観光を切り上げた。

その後は、R47→R457経由で仙台まで移動。R457はR4の裏道と期待して走ったのだが、思いのほか交通量があり、我慢のドライブを強いられた。

以上、Day 3の走行距離221km、平均燃費8.1km/L。ノロノロ運転とストップ&ゴーの区間がDay 1 & 2よりもはるかに多かったので、この燃費は已む無しといったところか。


【Day 4】
最終日は東京に帰るのみ。だが、普通に東北自動車道で帰京するのも面白くないので、行ける所まで一般道で南に下ってみることにした。

DSC01552.jpg

DSC01555.jpg

DSC01557.jpg

DSC01562.jpg

DSC01563.jpg

DSC01564.jpg

朝の通勤ラッシュを避けるべく、仙台東部道路・常磐自動車道で山元ICまで移動。そこからK272経由で角田方面に向かう。角田市内の銀杏並木は、既に黄色に染まり始めていた。そして、R113を経て、お目当てのR349に入る。阿武隈急行と交錯しながら丸森を過ぎると道幅は一気に狭くなり、阿武隈川の峡谷に沿って走る秘境感溢れる雰囲気に。渓谷沿いに走るのは、福島県伊達市に至る10km前後の区間ではあるが、なかなかに面白い道であった。

DSC01566.jpg

DSC_22783(800).jpg

その後もひたすらR349を下る。道自体は悪くないのだが、災害復旧関連の大型車が現れては消え、思うようにペースが上がらない。あちらは仕事、こちらは遊びなので已む無し、と割り切りながら二本松市に至り、「道の駅ふくしま東和あぶくま館」で小休止。その後も暫くR349を走行したが、磐越自動車道の案内が見えたところで遂に気持ちが切れ、一般道走行はギブアップ。船引三春から磐越自動車道に乗り、東北自動車道経由で帰京した。都内到着後、ちょっと寄り道して4日間の行程で汚れたクルマを洗車し、帰宅。

以上、Day 4の走行距離394km、平均燃費9.4km/L。

**************

これで2018年の秋のGTは終了です。
4日間の通算での走行距離は1,415km、平均燃費8.8km/Lという結果でした。ドライビング6割+観光4割という構成割合のツーリングでしたが、1回のツーリング、それも行程の2/3以上が一般道というルーティングでこれだけの距離を走ったのは初めての経験でした。東北にルーツを持つ人間ながら東北のことを必ずしも良く知らないということへの反省と、多くのクルマ好きの仲間から絶賛されるドライビングエリアとしての東北の魅力から企画した今回のGTでしたが、評判に違わず良い道・良い温泉・良い景色・良い食事&酒揃いで、非常に印象深い旅となりました。今回訪れた場所をまたいつか再訪したいと思ったのと同時に、まだまだ走破できていない北東北についてもぜひ訪れてみたいとの思いを新たにした次第です。

以上、全6回にわたりお送りしたGT記にお付き合いいただきありがとうございました。

関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
wata  

秋の東北GT記、たいへん楽しく拝見しました。
私も9月に東北を走っていましたので、リアリティも抜群でしたよ(笑)。
いい道を楽しく走られているな~と思いましたが、中でも飯豊檜枝岐大規模林道(飯豊ルート)を走られたとは羨ましい!
私は数年前に一度走っただけで、今年は5月中旬にアプローチしたのに冬期通行止めが続いていました(涙)。
東北の山々はもうすぐ雪に閉ざされてしまいますが、来シーズンになったら再び走りに行きたいと、DachiさんのBlogでまたモチベーションが高まりましたよ。
どうもありがとうございました!

2018/10/29 (Mon) 20:27 | EDIT | REPLY |   
忠  

お疲れ様でした。

僕はまだツーリングの初心者で、観光半分のドライブしかできませんが、またゆっくりと東北を回りたいと思います。

2018/10/29 (Mon) 20:55 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
To wataさん

wataさん こんにちは。

天候にもほぼ恵まれ、期待した通りの楽しいツーリングとなりました。
「おぉ、ここが"袋の受難"の温泉か!」などと、事前に拝見したwataさんの東北GT記と重ねながら走りました(笑)

飯豊檜枝岐大規模林道は、実はwataさんブログで初めて知った道です!
序盤の山場として行程に組み込んだのですが、10月上旬に大型台風が相次いで上陸したこともあり、直前まで交通状況が心配でした。通行には問題がないことを近隣GSスタッフに確認のうえで突入したのですが、よくもまぁ、こんなに山深い所にこんなに良い道を作ったなと思えるような抜群の快走路で、飯豊連峰に残雪が残る頃や紅葉の最盛期にここを走ったら最高だろうな、と思いました。他にも、鳥海山北麓の高原エリアなど記憶に残る良ドライブルートが数多くあり、ツーリング好きの方々が「東北は良い」と言われるのを身を持って実感した次第です。

東北はそろそろシーズンオフですが、北関東以南はまだまだドライブシーズン真っ盛り。例年のように、年末にかけてまたGTに出られるものと確信し(笑)、そのツーリング記を楽しみにしております^^

コメントありがとうございました。

2018/10/29 (Mon) 23:11 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
To 忠さん

忠さん こんにちは
コマ切れのGT記にお付き合いいただきありがとうございました。

ツーリングに関しては私もまだまだ知らないエリア・道が多いので、先達の方々(上にコメントを頂いているwataさん等)のツーリング記を参考に、自分なりに試行錯誤を楽しんでおります。走りに集中でも良いし、走り+グルメ、走り+温泉、走り+観光等々、予算や日程と相談しながら無限の楽しみ方ができる懐の深さが、この趣味の面白いところだと思っています。

東北にはそろそろ冬が訪れ、ドライブシーズンは一旦終了ですが、年が明けて5月の新緑の季節など、周遊されるにはよいのではないでしょうか。萌黄色の新緑と山々の残雪の組み合わせはきっと美しいと思いますので(私も行ってみたいです)。

コメントありがとうございました。

2018/10/29 (Mon) 23:52 | EDIT | REPLY |   
amataro  

走りましたねー。 冬季閉鎖されてしまう道も多いでしょうから、東北の走れるいい時期は結構短いのかもしれません。

紅葉の時期もいいですが、新緑の緑色濃い時期もまた気持ち良さそうですね。

最近皆さん東北方面へ足を伸ばされてますんで、触発され私もそっち方面に旅行中です。 とは言っても私のは旅行なんで、走る、という目的は達せられてません。。。

次は走る第一で来たいと既に変える前から思い始めています。

2018/10/30 (Tue) 19:16 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
To amataroさん

amataroさん こんにちは。

今回は、1回のツーリングの目的地としては、過去最多の都道府県を訪れました(福島、山形、新潟、秋田、岩手、宮城)。走り応えがある道が多かったので大いに満足しました^ ^

なんと、amataroさんも東北ですか!
どちらに行かれているのかが気になります。
レポート楽しみにしておりますね。

2018/10/31 (Wed) 09:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.