厳冬の房総へ - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

2月半ばの平日に休暇を取り、房総ドライブに行ってきました。

IMG_5193.jpg

DSC_23660(800).jpg

DSC_23664(800).jpg

普段は東京湾アクアライン経由で房総入りするところ、この日は東関東自動車道経由でのアプローチを試みました。都心へ向かう対向車線の通勤渋滞を尻目に、千葉まで快適なドライブ。途中から京葉道路→館山自動車道とスイッチし、市原SAで朝食。その後は君津スマートからK163で鹿野山へ。気温は氷点下0.5℃と千葉とは思えないほど寒く、ちらちらと雪も舞っていたのですが、先日の積雪(5cm)の痕跡は皆無のドライな路面状態。念のため路面状況に気を配りながら九十九谷展望公園まで走りました。もはや房総ドライブ序盤の定番立ち寄りスポットとなりつつあるこの場所ですが、ここからの眺めは本当に素晴らしいです。

IMG_5200.jpg

IMG_5203.jpg

DSC_23670(800).jpg

DSC_23671(800).jpg

DSC_23676(800).jpg

DSC_23703(800).jpg

鹿野山を東に下り、スイッチしたR465を西進。そしていつものK88へ。この頃には気温も4℃まで上昇したので路面凍結の危険はぐっと減りましたが、低温であることには変わりはありませんので、タイヤグリップに気を配りながらガラガラの縦貫県道を南下していきます。普段ならそのまま道の駅三芳村鄙の里まで行ってしまうところですが、この日は途中でK184を西に折れ、佐久間ダムに寄り道。ここは水仙と頼朝桜(河津桜)で有名なスポットなのです。

IMG_5207.jpg

IMG_5210.jpg

IMG_5211.jpg

桜はまだ5分咲きといった状況でしたが、それでも今年最初の「花見」を実現。その後は再びK88まで戻り、道の駅三芳村鄙の里での小休止を挟んで安房グリーンラインへ。残念ながらこの辺りから雨がぱらつき出しましたが、それでも道の良さは不変(コーナー毎のゼブラゾーンがやや鬱陶しいですが)。一気に駆け抜け、南端の名倉海岸まで至りました。

DSC_23712(800).jpg

DSC_23716(800).jpg

どんよりした曇り空は、2年前のあの時を彷彿させます。まったりしているうちに雨が本降りになってきたので退散し、食事処に赴くことにしました。

IMG_5217.jpg

IMG_5220.jpg

IMG_5222.jpg

房総フラワーラインを経て辿り着いたのは、クルマ仲間のwataさんのブログを通じて知った「漁港食堂だいぼ」。なめろう&さんが焼定食をいただいたのですが、セルフサービスで自由にいただけるご飯・味噌汁・御新香・煮魚・南蛮漬との取り合わせで、茶碗3杯もご飯を食べてしまいました(汗)

DSC_23733(800).jpg

DSC_23723(800).jpg

DSC_23726(800).jpg

DSC_23730(800).jpg

その後は館山市街地を経て、道の駅とみうらで土産購入のために小休止。雨の平日ゆえに来店客は少なく閑散としていましたが、満開に咲いた菜の花が印象的でした。

さて、そろそろ帰宅の時間です。
道の駅とみうらからどうやって帰ろうかと地図を見ていると、北東に進めばK88に再合流できる良さげな道を発見。地図上にK185と表示されているその道を入って行きます。すると・・・

IMG_5226.jpg

IMG_5225.jpg

最初は完全2車線の快走路だったものの、道の駅おおつのを越えて暫くすると、中央線のない1.5車線路に姿を変えました(2つ上の写真)。あぁ、よくある仕様の山間県道ね、と高を括って更に進むと、リアル1車線の荒れ放題の道に(すぐ上の写真)。現れた看板に目を遣れば、「路肩崩壊、路面凹凸注意」の表示。加えて、雨は一向に止む気配がありません。既にクルマは路面から捲き上げた落葉等で汚れ放題の状態。さすがにこのコンディションでリスクを取っても得られるメリットは皆無に等しいと判断して引き返し、素直に富浦ICから館山自動車道で帰宅したのでした。

以上、走行距離338km、平均速度58.4km/h、平均燃費8.1km/lの、今年の実質1回目の純ドライブでした。
行程後半こそ天候には恵まれませんでしたが、それなりに盛り沢山でした^^

関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
amatato  

こんにちは

房総もこの時期、日によっては雪降ることを学びましたが、他の地域に比べると路面凍結のリスクは少ないですね。

佐久間ダムの水仙は見た記憶があるのですが、河津桜は見落としていました。
伊豆まで行かずとも咲いてるんですねー

K185、覚えておきます(笑)

2019/02/19 (Tue) 08:53 | EDIT | REPLY |   
-  
To amatatoさん

amataroさん こんにちは

房総は、伊豆等の有名走り処と比べれば尖ったものこそありませんが、険しい山がなく里山主体で構成されていることが奏功して、冬も安心且つそこそこ走れる道がエリア一帯にある、懐が深いエリアだと思っています。今回は定番ルートのみでしたが、東半分のエリアも行きたい道が数多くありますゆえ。そして、グルメ、観光も楽しめますしね。

もっとも、罠のような道がひょっこり現れるのもまたこのエリアの特徴かと。今回ハマったK185もそんな道。少なくともシャコタンのM4にはお勧めいたしませんw

2019/02/20 (Wed) 21:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.