20年の時の差がもたらしたもの - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

IMG_5286.jpg

3シリーズ vs 6シリーズの図。かたや2009年式の筋骨系セダン、こなた1983-89年製造の世界一美しいクーペと言われたクルマ。比較すると、下位クラスであるはずの3シリーズがまるで上位の7シリーズのようなサイズ感です(汗)。これでも、最近のDセグセダンの中では小さい方なんですけどねぇ・・・。それにしても、30年余の時を経て未だ色褪せないM6のデザインは非常に秀逸。現代のテクノロジーでこういうサイズ感・デザインのクルマを出してくれないかなぁ。
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
amataro  

Dachiさん こんにちは

並べてみるとこんなにも違うんですね。 数字以上に見た目の違いがあるなーと思いました。

今の衝突安全基準や環境配慮を考えてクルマを作らなければならないメーカーは大変だと思いますが、どうしてもコンパクトなモデルを望んでしまいますね。

E30に乗っていた頃が自分の身の丈に合ってたんじゃないかと、狭い道に入り込んだ際によく思います(笑)

2019/03/18 (Mon) 08:05 | EDIT | REPLY |   
-  
To amataroさん

amataroさん こんにちは

あらためて調べてみたら、E90M3はE24M6に対し、全長こそ17cmほど短いものの(このあたりはセグメント序列通り)、全高&全幅でそれぞれ9センチも(!)大きいです。こんなに大きい我が家のクルマですが、最近の街の風景の中では小さい部類だなと感じていまうのが何とも不思議なところ。ミニバン、SUVのみならずセダン、ステーションワゴン系もボディサイズ拡大の一途ですからね。

E30は今見ても、サイズ、デザイン含めて魅力的ですよね。
みんな大好きな酷道・険道ドライブにはうってつけかと思いますw

2019/03/18 (Mon) 12:01 | EDIT | REPLY |   
忠  

1年程前にポルシェのディーラーに行って、最近の車はでかいですね、と言ったら、やはり安全基準等があって大きくならざるを得ないそうです。てっきりアメリカ人の体格に合わせていただけだと思っていたのは間違いだったようです。

1970年頃のピークでは16,765人が交通事故で亡くなっていたようですが、2018年は3,532人だそうですからこういう車の安全性の向上は大事なのでしょうね。

2019/03/19 (Tue) 15:18 | EDIT | REPLY |   
-  
To 忠さん

忠さん こんにちは

安全性向上にはアクティブセーフティ(基礎的運動性能の向上、ABS、トラコン等)、パッシブセーフティ(衝突安全ボディ、エアバッグ等)の双方が効いていると思われ、ボディサイズ拡大もその要素の一部なのだと思いますが、死亡者数の減少幅を見ると隔世の感がありますね。こういうのを見ると、ノスタルジーで「昔が良かった」と安直に言ってはいけないような気もしてきました。

とはいうものの、ボディサイズ拡大に合わせて道路や駐車場が大きくならないのが悩ましいところです。

2019/03/19 (Tue) 16:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.