十年一昔 - Photography
fc2ブログ

Dachi

Dachi

十年一昔と巷では言われますが、変わるものもあれば、変わらぬものもあったりで・・・

以下の写真は、ちょうど10年前のこの時期に撮ったみなとみらいの写真です。
当時はデジタル一眼を購入してまだ2~3ヵ月という時期で、とにかくシャッターを切ることが楽しくて仕方がなかった時期。
20代の時以上にアクティブに動き回り、人生まだまだ上り坂と思っていた当時の私でしたが、今や白髪が目立ち始め、否が応にも「加齢は誰にもやってくる」という残酷な事実を認めざるを得なくなりました(涙)

一方でこの街の風景は、こうして写真を見ると、当時とほぼ変わらないまま。ある意味、最新の流行りからは取り残されてしまった街なのかもしれませんが、同じ景色にめぐり会えることでホッとする自分がいます。

10年後には世の中はどう変わっているのでしょうね。

DSC_1765(300)_20190708221220fe2.jpg

DSC_1745(300).jpg

DSC_1777(300).jpg
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
amataro  

こんにちは

歳と共にか時間の経つのが早く感じて、10年ひと昔が5年ひと昔のように感じます。

以前は写真を撮りに行くにもそれなりの熱があったものの、最近のモチベーションの低さは一体どうしたものかと。。。

機材の一新も考えましたが、今年は大型出費が重なり、趣味への投資を控えております。

少しゆっくり時間ができたらレンズ一本付けて撮影の旅にでも出たいと、現実逃避中です。

2019/07/10 (Wed) 17:00 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
To amataroさん

amataroさん こんにちは

>以前は写真を撮りに行くにもそれなりの熱があったものの、最近のモチベーションの低さは一体どうしたものかと。。。
私も全く同じ状況で、どうしたものかと思っています。
写真撮影経験だけではなく、明らかに「心が動く」経験が減っているのは何とかしなければならないなぁと思っています。

まだデジカメ技術が発展途上の頃にD300に軽量レンズを付けて走りまわっていたことが一番楽しかった。世の中便利で高機能になることが必ずしも幸せに繋がる訳ではない。そしてそれは何もカメラ趣味に限ったことではない。最近、そんなことをいろいろな局面で考えさせられています。

・・・って、ネガティブ思考になってはいけませんね(苦笑) 要は本人の心の持ち様、と肝に銘じ、私も心の錆を落とす旅にでも出たいと思っています^^

2019/07/10 (Wed) 22:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.