夏の伊豆(前編) - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

5か月ぶりに伊豆方面に繰り出しました。
主目的は海水浴ですが、可能な範囲で、往復の道中でドライブを楽しんでやろうという目算です。

DSC_4334_00001(800).jpg

DSC_4333_00001(800).jpg

DSC_4335_00001(800).jpg

早朝の東名高速を西へ向かい、厚木から小田原厚木道路にスイッチ。そして、箱根湯元から箱根新道経由で箱根の山を登ります。天気は晴れ。久々に富士山を拝もうと大観山まで登りましたが、暑さからか、朝早い時間からヴェールが空一面を覆うかのように薄い雲が広がり、富士山はうっすらとそのシルエットを一部垣間見せるだけでした。もう8月だというのにアジサイが綺麗に花を咲かせていたのが印象的。日差しは刺すような強さですが、時折吹き抜ける風は爽やか。下界とは気候が違うんですね。

DSC01909.jpg

DSC01912.jpg

DSC_4338_00001(800).jpg

大観山を発ち伊豆スカイライン方面へ。本来なら下界(三島・沼津方面)の素晴らしい景色を楽しめる道ですが、気温上昇とともに上ってきた水蒸気のせいで辺り一面にガスが発生し、時折うっすらと街並みの一部が顔を出す程度。途中何カ所かの眺望スポットに立ち寄ることは諦め、一気にスカイポート亀石まで行ってしまいました。

DSC01916.jpg

DSC_4343_00001(800).jpg

DSC_4342_00001(800).jpg

亀石から冷川までは、それまでの尾根筋の開放的なコースとは打って変わって、木洩れ日の中を走る変化に富んだコース。個人的にも好きなコースですが、3人乗車&荷物満載状態の弊害(制動距離増大、うねりを超えた際の足回りの動きの収束悪化)を最も強く感じるのもこういうコースです(涙)。

冷川からは、修善寺を経由してだるま山方面へ。またしても富士山を望む眺望はお預け。

DSC_4348_00001(800).jpg

DSC_4344_00001(800).jpg

DSC_4350_00001(800).jpg

この日の事実上の最後のドライブセクションは、K18での戸田峠ダウンヒル。途中にある瞽女(ごぜ)展望地にて眼下に戸田の港町を見据え、700mの標高差を一気に下ります。戸田港はいつものとおりの長閑な風景で、岸壁から海を覗くとカラフルな小魚たちがたくさん泳いでいました。軽く周辺を散策して小休止した後は、この日の最終目的地、土肥に向かったのでした(つづく)。


(追記)
今回の写真は、(車載カメラ撮影分を除き)全てCapture NX-Dで現像したのですが、慣れるにしたがって、従前のCapture NX2(のピクチャーコントロール)と比較しての写真の出来(あまり苦労せずに自分のイメージ通りの絵になる)に手ごたえを感じ始めています。特に車の色は、従前のピクコンだと綺麗な色になかなかならず(くすんだ黄緑被りしてしまう)、その度にカラーバランスを細かく調整していたのですが、最新のピクコンではほぼ不要になりました。また、新機能もいろいろ試しています。例えば下の写真では、建物がまるでアオリレンズで撮ったかのように、真っ直ぐ建っているように現像できています。やはり食わず嫌いを避け、新しいものをどんどん使っていかないといけないな、と痛感した次第です。

DSC_4353_00001(800).jpg
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.