夏の伊豆(後編) - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

Day 2は前日の日焼け跡がヒリヒリ痛み出す中での起床です。
都内ではまず体感できない、セミの大合唱を間近に聞きながらの目覚め。遠い少年の日の記憶が蘇ります。

掛け流し温泉での朝風呂を楽しみ、腹一杯に朝食をいただいた後は、東名高速道路の大渋滞を回避すべく午後の早い時間には帰路につけるよう、名残を惜しみつつも足早に宿を発ちました。

DSC01939_00001.jpg

DSC_4362_00001(800).jpg

DSC_4355_00001(800).jpg

DSC_4359_00001(800).jpg

復路では、土肥からR136を東進し、その後西伊豆スカイラインを北上してだるま山レストハウスで黒米ソフトクリームを楽しむ予定でしたが、西伊豆スカイラインへの分帰路手前でリアシートの子供が爆睡。時計を見れば、だるま山レストハウス開店までまだ30分ほどあります。これ幸いとばかりに急遽独断で行程を変更し、時間つぶしを兼ねてK411西天城高原道路を仁科峠まで下ることにしました。

K411は、尾根筋の高速ワインディング。窓を開け快走ペースで走り抜けます。そして辿り着いた西天城高原展望台。宇久須の港町を見下ろすビューは相変わらずの絶景です。気温24℃の高原をそよぐ風は実に心地良く、いつまでもここに居たくなるような気持ちになりました。

DSC01940.jpg

DSC01942.jpg

DSC01950.jpg

DSC_4367_00001(800).jpg

DSC_4375_00001(800).jpg

DSC_4368_00001(800).jpg

時間も頃合いなので、当初目的どおり、ソフトクリームを食べに行くことにします。これまたソフトクリームで有名な「西天城高原牧場の家」は目の前ですが、リアシートの子供が相変わらず爆睡中なので、無理に起こすよりも眠っているうちにワインディング区間は走り切ってしまったほうが良いだろうと考え、K411・西伊豆スカイラインを一気に北上してだるま山レストハウスまで行ってしまうことにしました。途中、何カ所かのビュースポットで写真を撮りながらレストハウス駐車場に到着。

DSC_4378_00001(800).jpg

IMG_5546_00001.jpg

DSC_4376_00001(800).jpg

だるま山レストハウスでは、予定どおり黒米ソフトクリームにありつくことができました。前日の大観山よりは若干良いコンディションで富士山のシルエットを拝むことにも成功。ここまでの行程で今回の旅の中核部分がほぼ終了したことを受け、1泊2日の短いながらも密度の濃い休暇を一同で振り返りながら、濃厚なソフトクリームに舌鼓を打ったのでした。

DSC_4381_00001(800).jpg

IMG_5548.jpg

だるま山レストハウスからは、K18→K127と辿って沼津内湾エリアへ。海沿いのK17経由で沼津市街方面へ向かいます。
旅の終わりで立ち寄ったのは、6年ぶりの沼津港。当時と比べるとかなり観光開発が進んでいて、来訪者の数が想像以上でした。何とか車を停めて向かったのは、漁港関係者をメインターゲットにしていると思しき魚介食堂「むすび屋」。観光地価格のお店が多い中にあって相対的にリーズナブルなお値段で美味しい刺身定食を頂くことができ、一同大満足でした。

その後、沼津ICから東名高速で帰宅。恒例の事故渋滞にはまったものの、夕食前までに余裕を持って家に着くことができました。久々の空一面青空の下でのドライブ旅行になりましたが、ここまで暑いのも考えものですね。酷暑のドライブは、早朝限定とか比較的涼しい高地に行くとか、ヒトとクルマをいたわる工夫が必要だと改めて思いました。とはいえ、綺麗な青い海と旨い魚に大満足した今回の旅でした。

関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
amataro  

こんにちは

暑い日が続きますね。
久しく伊豆半島に足を向けてませんが、景色と食べ物と温泉がセットでありながら、比較的都内からアクセスの良い場所だなぁと再確認しました。

仰るようにこの時期は人にも車にも厳しいですね。
高原の涼しい風が流れるようなところに現実逃避したいこの頃です。。。

2019/08/13 (Tue) 10:56 | EDIT | REPLY |   
-  
To amataroさん

amataroさん こんにちは

首都圏から日帰りで行けるエリアの中でも伊豆は、"飯良し"、"お湯良し"、"景色(道)良し"の三拍子が揃った屈指のドライビングエリアだと思います。
シーサイドドライブとスカイラインドライブの双方が同時に楽しめるのが良いですよね。

とはいえ、尾根筋であってもせいぜい標高1,000m弱なので、さすがにこの時期の真昼間の日差しは暑いです。より快適な避暑ドライブを期するのであれば八ヶ岳、蓼科、滋賀草津、嬬恋あたりの方がよいかもしれませんね。残暑で疲れがたまった心身をリフレッシュすべく、ぜひ時間を見つけて訪れてみてはいかがでしょうか^^?

2019/08/14 (Wed) 23:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.