みちのく一人旅②:快晴の岩手山、そして八幡平へ - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

【Day 2】
目覚まし時計の音で目覚めカーテンを開けると外は気持ちの良い晴れ。GTのスタートとして最高の一日になりそうな予感。早々に身支度を済ませ、夜明け直後の朝のやわらかい日差しの中、仙台市内の宿を発ちました。

DSC01970.jpg

DSC01977.jpg

DSC01986.jpg

R4バイパスを北上し、泉ICから東北自動車道に入り盛岡方面へ。早朝の東北道は極めて順調。初めての走行となる120km/h試行区間を経て、予定通り盛岡ICでOUT。まずは小岩井方面を目指すことにしました。このエリアを自分のクルマで走るのは初めてでしたが、岩手山を遠方に見据えながら牧場区間をマイペースで走るのは、やはり気持ちが良いものです。

DSC_24734_01(800).jpg

DSC_24731_01(800).jpg

DSC_24748_01(800).jpg

DSC_24743_01(800).jpg

ずっと自分のクルマで訪れたいと思っていた小岩井一本桜。開花シーズンではないものの、ついに念願叶いました。雲一つない青空を背景に、岩手山が鮮明にその姿を見せてくれています。しばし景色を楽しんだ後、K278で滝沢市方面へ向かいます。途中の春子谷地湿原エリアで岩手山が良く見える場所があったので、クルマを停めて写真に収めました。

DSC01992.jpg

DSC01996.jpg

DSC_24755_01(800).jpg

DSC_24758_01(800).jpg

DSC01999.jpg

IMG_5692.jpg

IMG_5694.jpg

R282を経由して次に向かったのは、焼走り方面。岩手山パノラマラインという道があるので、そこを走ってみようという目論見です。貸し切り状態のワインディングをぐんぐん進んでいくと岩手山の姿が大きく迫り、焼走り登山口の駐車場が現れました。よい眺望が得られるかも、とクルマを停めて階段を上ってみたところ、目の前に広がっていたのはごつごつとした広大な溶岩台地と岩手山の雄姿。まさに絶景でした。景色を背景に野鳥のさえずりをしばし楽しんだ後は駐車場に戻り、リスタート。パノラマラインを更に西進します。視界が開け八幡平が遠方に姿を現し始めるとパノラマラインももうすぐ終盤。そのままアスピーテラインに移行します。

DSC02005.jpg

DSC02012.jpg

DSC_24770_01(800).jpg

DSC_24773_01(800).jpg

DSC02014.jpg

IMG_5703.jpg

この時期のアスピーテラインが観光客で混むのはやむを得ないところですが、想像よりもクルマが少なく、かつ皆さん良いペースで走られるので、途中で何度かクルマを停めて景色を楽しみながらストレスフリーで走ることができました。

さて、今日の宿はここからはるか先。景色とドライビングを楽しみながら先に向かいます。

次回、Day 2後編(十和田を超えて)に続きます。
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
amataro  

Dachiさん こんにちは

初日から天気に恵まれたようで何よりでした。
この辺りは冬は雪も深いでしょうから、夏の終わりから秋がベストシーズンでしょうね。

関東からは中々の距離ですが、仙台からですとだいぶ気が楽です。
いつか東北はゆっくり行ってみたいと思っているので、参考にさせていただきます。

続きの旅も楽しみにしてます。

2019/10/27 (Sun) 17:55 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
To amataroさん

amataroさん こんにちは

秋は、晴れれば絶好の行楽日和になるのですが、天候が変わりやすい季節でもあるので、直前までひやひやしました(台風19号のこともありましたし)。
今回のGTでは最北端エリアまで足を踏み入れましたが、やはり東京からは遠いなと思いました。それに、一つ一つの県域が大きい!(事実、都道府県面積ランキングにおいて、トップ10に東北6県中5県もランクインしています)

今回は初めて足を向けるエリアも多かったので、「王道」的な道ばかり走りましたが、参考になれば幸いです。

2019/10/27 (Sun) 21:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.