三週間ぶりのハンドルの感覚 - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

先週末のことですが、三週間ぶりにクルマのハンドルを握ってドライブに出かけました。
連休中ということで、混むことは覚悟していたのですが…朝7時に出発して諏訪・霧ヶ峰に向かい、家に着いたのは翌朝1時(--#) やはり夏の中央道方面は鬼門ですな。

霧ヶ峰に行ったのは、スイス旅行の山の体験を引きずっていたことと、ニッコウキスゲが見頃の季節のはずだったからです。だが、着いてみると、霧がもうもうと出ていてちょっと気分が萎えます。「霧ヶ峰」というくらいだから、霧が出やすいのは当たり前だろ、と言っても、何か釈然としないものがある訳で・・・^^;


DSC_1709.jpg
AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED



途中、雨まで降り出して、どうしようかと思ったのですが、早々にあがったので、靴をトレッキングシューズに履き替え雨具をリュックに忍ばせ、車山の山歩きを開始。1時間強歩いたのですが、肝心のニッコウキスゲはほんの一部のエリアにしか咲いておらず、しかもまだ咲き始めといった感じ(当ブログへのアップに耐えうる写真は残念ながらありませんでした)。しかも登山道は、前日までの雨のせいで完全にドロドロのぬかるみ。。。まぁ、忍耐力と持久力のよいトレーニングにはなりましたが、面白さはゼロでした(涙)。こんな↓写真くらいしか撮れなかったし。


DSC_1711.jpg
AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED



先日アップした夜景の写真は、このドライブの帰り道に、渋滞を少しでも回避すべく高速を途中下車して時間つぶしをした際に撮ったものです。

おまけに、写真をもう一枚。白樺湖畔での一コマです。


DSC_1724.jpg
AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED


ほぼ1ヵ月ぶりに24-70mmズームを使った感想は・・・重い! 以前は「これを重いという男性がいるのが信じられない!」と思っていたのですが、スイス旅行期間中、ほぼ一週間朝から晩まで単焦点とコンパクトな広角ズームのみを使っていたことの反動のようです。とはいえ、ちょっと持ち出せばすぐ体が慣れましたし、何より、この写りはズームレンズの中ではやはり頭一つ抜け出ているなぁ、と改めて感じた次第です。ちょっと無理してでもこのレンズもスイス旅行に持参すればよかったかなぁと、少しだけ後悔。


次回は、前回予告どおり、ゴルナーグラート(3,089m)からの眺めをお送りします。
山と氷河が登場しますのでご期待下さい。
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.