ツーリングシーズン幕開け - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

クルマ仲間のJUNさんにお誘いいただき、秩父・奥多野方面へ日帰りツーリングに行ってまいりました。
新型コロナウイルスの脅威で外出手控えムードが広がる情勢下ではあったものの、クルマという極めてパーソナルな密室空間で、しかも人気の少ない山里カントリーロードを目指すということであれば問題もないでしょう、と。

DSC_25417_01(800).jpg

DSC_25419_01(800).jpg

朝の待ち合わせは、関越道花園ICを下りてすぐのところにある「道の駅はなぞの」。今回はケイマン&ボクスター乗りの集いにジョインさせていただく形になりました。単体で見るとなかなかスポーティーと(自分では)思っているM3も、ケイマンGT4×2、ケイマンS、ボクスターGTS、ボクスターというアスリート集団の中では完全に実用車に見えますね(苦笑)

IMG_6148_01.jpg

DSC_25429_01(800).jpg

DSC_25430_01(800).jpg

DSC_25421_01(800).jpg

DSC_25423_01(800).jpg

道の駅のカフェテリアで談笑後、ツーリングスタート。R140から一部狭隘路(K361?)を経由して最初の目的地、秩父ミューズパークを目指します。園内では梅の花が見頃を迎えていました。ここでJUNさんのGT4を少しだけ運転させていただきましたが、とにかく剛性感の塊のようなクルマでした。クラッチはM3の数倍重く、ステアリングは小径かつどっしり、シフトはこれまた剛性感の塊のようなショートシフト。そして、スポーツエグゾーストを介して放たれる3.8Lフラット6エンジンの咆哮は獰猛そのもの。ポルシェ車特有の長めのフロントオーバーハング+スペシャルモデルゆえの低車高は、おいそれとどこへなりとも行けるクルマではなさそうですが、複数台持ちが叶う環境であれば理想の遊び車の一台であることは論を俟ちません。

IMG_6151.jpg

DSC_25432_01(800).jpg

リスタートした後は、R299で志賀坂峠超えです。交通量の少ない最高のコンディションの中を快走し、県境を超えて群馬県上野村へ。「道の駅上野」にチェックインし、お土産(十石みそがお気に入り)をゲットするとともにみそソフトクリーム(みそというよりもチーズのような風味です)を食しました。

IMG_6153.jpg

IMG_6152.jpg

IMG_6154.jpg

上野村からはK45を北上し、湯の沢トンネルを抜けて南牧村へ。トンネル内で前後からバンバン聞こえてくるスポーツエグゾーストの炸裂音に軽く恐怖を覚えつつ(笑)、うちのクルマはちょっと大人しすぎるなと思ったり(それでも朝一のコールドスタート時には気を遣う音量なのですが・・・)。更に北上した後にR254を西に進み、昼食処「おかた茶屋」に到着です。ここのもつ鍋定食は量・味ともにGood。窓の外に見える川のせせらぎと梅の花に和みながら舌鼓を打ったのでした。

DSC_25448_01(800).jpg

DSC_25440_01(800).jpg

DSC_25441_01(800).jpg

DSC_25436_01(800).jpg

DSC_25444_01(800).jpg

DSC_25446_01(800).jpg

この日の最後の目的地は妙義山道路。まずは南側からのアプローチでのヒルクライムです。しっかり上までエンジンを回し切る感触を楽しんだ後、この道路の頂上近くにある中之嶽神社に立ち寄りました。すでにスギ花粉でダメージを負っていた私は社殿までとしましたが、メンバーのKさんは轟岩の上まで登ってました(笑) 恥ずかしながら、妙義山道路を走ったのは今回が初めてなのですが、なかなかに走り応えがある道ですね。沿道には桜の木が数多く植えられていたので、開花の季節は素晴らしいのではないかと想像します。

神社への参拝を終えた後は、道の駅妙義までの短いダウンヒルを楽しみ、ここで解散となりました。

以上、この日の走行距離354km、平均速度57.8km/h、平均燃費7.8km/l。
ファミリーカー用途ではなく純粋に走ることを楽しむツーリングをしたのは、昨秋の東北GT以来でした。改めてこのクルマの懐の深さを実感し、しっかりメンテして現状のコンディションを維持・強化していくぞと決意するとともに(エンジン、水回りのメンテを計画中)、今年もまた走るぞとの思いを強くした次第です。

お誘いいただいたJUNさん、ありがとうございました。ご同道いただいた皆さん、ありがとうございました。またの機会にご一緒しましょう!
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
amataro  

こんにちは
もう秩父方面も解禁ですね。 というかここの所暖かくて、冬もいつの間にか終わってしまったような気がします。
こうして並べてみると、ケイマン、ボクスターはやっぱり低いですねぇ。 
私の同僚もつい最近GT4に乗り換えまして、クラッチがめっぽう重いと洩らしていました。

2座でトランクスペースも限られると、私の生活環境ではどうしても2台目となってしまいますが、環境が許すのであれば欲しい一台であります。

2020/03/03 (Tue) 22:01 | EDIT | REPLY |   
-  
To amataroさん

amataroさん こんにちは

リアルスポーツカーの中にハコ車一台混じって孤軍奮闘してきました(笑)

操作系の軽さやシートのクッション性等では、これらの車(特にGT4)と比較するとM3は完全にGTカーですね。もっとも、いざ走らせた時の挙動はスポーツカーそのもので特段の不満はないので、様々な要求を満たす一台という制約条件の下では、これがベストの1つなのかなとも改めて思った次第です。・・・ベリーベストは用途に合わせて複数台持ちなんですけどねぇ(苦笑)

2020/03/04 (Wed) 10:50 | EDIT | REPLY |   
JUN  

先日はツーリングにご参加頂きありがとうございました!
M3 馬力も排気量も今回参加車の中で最大値でしたから、私は警戒心マックスでした(笑)
後ろを走り、M3の走りを拝見しましたが、相棒を手懐けてひらりひらりとコーナーをクリアする走りに、まさに「人馬一体」を見た用な気がします。
M3の運転機会も頂き、ありがとうございました!
シートのクッション性、軽々と吹け上がるV8ユニット、程好い滑らかさのシフト、まさにどこまでも走っていけるGTカーでした。
LHD MT sedan NA V8 という絶滅危惧種なM3の維持も大変だと思いますが、また絶好なコンディションでドライブご一緒しましょう!

2020/03/04 (Wed) 19:48 | EDIT | REPLY |   
-  
To JUNさん

JUNさん こんにちは
先日はありがとうございました。
いや、何を仰いますか! 「軽さは正義」なことは、かつてRX-7に乗っていて身をもって体験していましたので、ライトウェイトMRスポーツ勢を前にして緊張感を持って参加したのは私の方です。いざ走り出してみても、タイトコーナーの挙動の機敏さに目を見張り、また、スポエグ装着車3台の爆音快音に圧倒されっぱなしでした(笑)やっぱりケイマン&ボクスターはいいクルマだなと思いましたよ。

当日は好天の下、メンバーにも恵まれ、混雑もなく、ルート良し、食事良しのよい一日でしたね。
またの機会にぜひご一緒させてください!

2020/03/06 (Fri) 01:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.