蔵出し鉄写真:③はくたか - Photography
fc2ブログ

Dachi

Dachi

「はくたか」と言えば、今や北陸新幹線の列車名の一つとなっていますが、元々は上野~金沢間を結んだ在来線特急の名称です。その後、上越新幹線開通を経て一旦廃止、首都圏から金沢への鉄路での交通は上越新幹線+長岡~金沢間を走る特急「かがやき」にバトンタッチされました。そして、北越急行ほくほく線の開通とともに「かがやき」は廃止、代わって越後湯沢~金沢間で「はくたか」が復活し、最終的には北陸新幹線開通により2015年3月に廃止されました。同じ金沢を起点とする列車とは言え、新潟経由で金沢に至る列車の名称であった「かがやき」「はくたか」が、長野経由で金沢に至る北陸新幹線の列車名になっているのが非常に興味深いですね。

DSC_0548②(800-2)
2012年5月@南魚沼市・・・681系0番台車両による運行

DSC_0544(800-2).jpg
2012年5月@南魚沼市・・・683系4000番台による運行

DSC_0519(800-2).jpg
2012年5月@南魚沼市・・・683系8000番台による運行。背後に見えるのは石打丸山スキー場

余談ですが、名古屋~金沢を結ぶ特急列車に「しらさぎ」があるのですが、ひらがな4文字・鳥の名前・使用している車両も似通っているということで、自分の中ではいつも「はくたか」との混同が生じていました。そういえば、JRの列車名には鳥の名前を冠したものが非常に多いような気がします。ぱっと思いつくだけでも、はやぶさ、とき、はくつる、ゆうずる、ひばり、白鳥、雷鳥、つばめ、かもめ、つばさ等。陸路を行く鉄道に鳥の名前が多く付けられてきたのは、目的地への到達時間を少しでも縮めたい、スピードアップを図りたいとの思いからなのでしょうかね。
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.