カーライフ復活第一弾 - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

他県移動自粛が解除されたさる週末、クルマ仲間のJUNさんからお誘いいただき、数か月ぶりのツーリングに行ってまいりました。

DSC_25579_01(800).jpg

早朝の足柄PAで待ち合わせ。大量のケイマンGT4に囲まれ、何だか場違いなM3。いわゆる「役物ポルシェ」とはいえこれだけ並ぶと、まるで普通にその辺で気軽に買えそうなクルマに思えてくるのですから、錯覚とは恐ろしいものです。

IMG_6398.jpg

軽く談笑後、大井松田ICまで移動し、一般道に降りて近隣のスタバへ。駐車場がすごいことになっています(汗)

IMG_6401.jpg

IMG_6402_20200623232938b39.jpg

DSC_25586_01(800).jpg

DSC_25590_01(800).jpg

DSC_25594_01(800).jpg

当初予定ではそのままK78で足柄峠を越えていく予定だったのですが、足柄峠方面は、見る見るうちに真っ黒い雲が立ち込めてきました。天候アプリで見ても、ちょうど峠の辺りで激しい雨が降っている模様。そこで急遽予定を変更して箱根方面へ。K732旧東海道を登り、箱根峠からK20を南下します。台数が多かったので何組かに分散して走り、十国峠レストハウスで待ち合わせることにしました。ルート変更は大当たりで、途中青空も顔を出すドライブ日和となりました。全車が勢ぞろいしたレストハウス駐車場は、さながらカー雑誌のポルシェ特集撮影会場。色とりどりのケイマン&ボクスター&911が揃いました。

IMG_6405.jpg

DSC_25602_01(800).jpg

DSC_25603_01(800).jpg

並ぶクルマを肴にクルマ談義をしていると、天候が急速に悪化してきました。逆に、当初の目的地であった御殿場・山中湖方面は天候が回復してきた模様。協議の結果、ここで踵を返して次なる目的地を富士スピードウェイに定め移動を開始することにしました。御殿場市街では、見たことのないようなアウトレット渋滞に閉口。何とか中心部を抜けると、あとはスピードウェイまで快走。折角なので、東ゲートの前に車を並べて記念撮影。いやぁ、こんなに素晴らしいクルマ達に囲まれて、友情脇役出演のM3はすっかり身を隠してしまっています(笑)

IMG_6406.jpg

IMG_6407.jpg

ここから三国峠超えで山中湖へ。様々なRのコーナーから成るヒルクライムで、前を行くケイマンGT4とカレラ4を追いますが、こういうシーンで300~400kgのウェイトハンデはいかんともしがたいですね。心なしか、この日はいくらアクセルを踏んでもいつもの加速の鋭さも感じられません。必死についていき、峠のピークを超えると、眼下に山中湖が姿を現します。そのまま山を下り、山中湖畔で小休止。

ここで参加者の帰路に応じて流れ解散になり、私は都内&埼玉からの参加者の方とともに中央道経由で帰ることに。
エンジンスタートボタンを押すと、正面メーターパネル内に何やら見慣れない警告灯が点灯しています。ん?エ、エンジンチェックランプ!? いわゆる「ポーン」警告音はなりませんでしたが、コンピューターには確実にエラー記録が残っているようで、何度エンジンを掛けなおしても警告灯が消えることはありませんでした。そうか、エンジンのフケが悪かったのはこれだったのか、と。幸いにエンジンからの異音はなく、通常の走り方ではアクセルの踏み具合に応じてリニアに加速してくれるので重大なトラブルではなさそうです。エンジンに負担を掛けない運転を心掛け、カントリーロードを経て富士吉田西桂スマートから高速道に乗り、談合坂SAでここまできたメンバーとランチをしてそこで最終解散。

都内に戻った私は、そのまま車を整備工場へ。到着直前の頃にはアイドリング音が微妙にばらつくような音が出ていました。ゼロスタート時に回転数を上げていった時の音もちょっと整っていない。恐らく点火系かな?どうか高額修理コースのスロットルバタフライアクチュエーターだけは避けたいなぁ・・・などと思いつつ車を預け、やれやれ、折角ツーリング活動再開するなりこれか、と気を落としながら帰宅しました。その後工場から来た報告は「吸気温センサーが所定の場所から外れている」という意外なもの。恐らく、それにより二次エアを吸い、燃調が狂ってフケなかったのでしょう。ともあれ、重大なトラブルではなく何よりでした。

以上、復帰第一弾のツーリングは悲喜こもごもなものとなりましたが、いろいろなクルマを走ると自分のクルマの強み・弱みを客観的に知ることができたりして面白いですね。
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
amataro  

こんにちはー

やっと日常が戻りつつあることを感じられるようになってきました。 生憎、梅雨の真っただ中で天気が安定しませんね。

御殿場、山中湖方面は雨に降られなければ良い季節だったんではないでしょうか?
生粋のスポーツカー系統のポルシェに囲まれてしまうと、箱車のBMWはやはり一般的な車であることを実感します。 大人が4人乗れてトランクスペースもありながら走ることを楽しめる、数少ない車種の一つであるのも確かで、そういう車の違いを一緒に走ると感じられて面白いですね。

トラブルも大した問題でなくて良かったですね。 エンジンチェックマークが点灯すると、詳細が分かるまで気が気ではないので、ツーリング後半で幸いでした。

そろそろリハビリ兼ねつつ、少しずつ走り出して行きたいところですが、なかなか忙しくなってきて身動きが取れないこの頃です。
梅雨が明ける頃には快晴の下、初夏の空気を楽しみに出かけたいと妄想に暮れています。

2020/06/28 (Sun) 21:52 | EDIT | REPLY |   
-  
To amataroさん

amataroさん こんにちは

降水も予想される天候だったのですが、うまく雨雲をかいくぐって楽しむことができました。
3月、6月と2回ほど、ポルシェの方々と同道の機会をいただいておりますが、こういうライトウェイトなピュアスポーツと走ると、BMWは重いクルマだなぁと感じますね。単発のコーナーを抜けるだけならまだしも、Rの小さいS字が続くようなシーンだと、はっきりと機動性の違いを意識させられます。もっとも、「オールマイティなバランスの良さ」がM3の身上である以上、走りに特化したピュアスポーツには及ばないのは想定内。むしろ迷惑を掛けないペースで一緒にツーリングできるだけでも大健闘かと(・・・とはいえ、ちょっとだけ軽量化への思いが頭の中を過ったのは偽らざる真実です^^;)。

エンジントラブルが軽微で済んだことは不幸中の幸いでした。
早く梅雨が明けることを願いつつ、ちょっとした予定の合間を見つけてここ数か月満足に乗れなかった鬱憤を晴らしたいと思います。

2020/06/29 (Mon) 17:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.