久々の鉄道文化むら - Photography
fc2ブログ

Dachi

Dachi

新型コロナ、すっかり4月上旬の状況に戻ってしまい、また暫く遠出ができなくなってしまったなと意気消沈の真っ只中にいます。
とは言え、こういう事態は全く予想していなかった訳ではないので、行けるうちにガス抜きをしておこうと、ちょっと前に群馬県安中市にある碓氷峠鉄道文化むらまで行ってきておりました。感染が再び広がる前に行った判断は正解だったと、今になって改めて思いますが、その時の写真の整理ができたので何枚かアップしていきます。

DSC_25641_01(800).jpg

DSC_25645_01(800).jpg

DSC_25650_01(800).jpg

2年前に訪れた時は朽ちるに任せた状態で痛々しかった189系あさまとEF63は、綺麗な色に塗りなおされていました(喜)

DSC_25651_01(800).jpg

DSC_25653_01(800).jpg

DSC_25654_01(800).jpg

ここの展示は殆どの車両が屋外なので、風雨による劣化が激しいです。上記のとおり、一番ひどかった189系とEF63が綺麗になったので、次はこのEF58ですかね。

DSC_25656_01(800).jpg

DSC_25661_01(800).jpg

DSC_25671_01(800).jpg

子供とともにひとしきり楽しんだ後は、おぎのやの峠の釜めしを食べて帰宅。
さて、次に行けるのはいつになるのやら・・・
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
amataro  

Dachiさん こんにちは

前々回のおぎのやの看板から、そっち方面に出かけられたのだろうと思ってました(笑)
碓氷峠鉄道文化むらは、ずいぶん昔に一度行ったのを思い出しました。 

梅雨明けから暑くなると、こっち方面に涼を求めて出かけたくなりますが、今年はどうも微妙な雰囲気ですね。 
当分こんな状況が続きそうな感じですが、気の向くままに出かけられる日が一日も早く来ることを願うこの頃です。

2020/07/20 (Mon) 22:59 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
To amataroさん

amataroさん こんにちは

最近、この手の事前匂わせ方式の記事アップパターンを多用しているので、すっかりばれていましたね(笑)
密ではないアウトドアでのんびりしがてら、釜飯を食べに行ったようなものです。

私にとって、郊外に出て自然豊かなエリアをドライブ(+散策)で楽しむことは、いわば心の健康を保つビタミン剤のようなもの。
何の気兼ねもなく旅して回れるような日々が早く訪れて欲しいものです。

2020/07/21 (Tue) 09:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.