房総丘陵を超えて - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

千葉の養老・大多喜を経て外房までショートドライブに行ってきました。

DSC_25684_01(800).jpg

DSC_25681_01(800).jpg

上総牛久駅で猫を愛で、

DSC02279.jpg

その後の房総丘陵超えでは、バケツをひっくり返したような通り雨で狭い峠道は川になり、神経をすり減らしながら走る場面があるも・・・

DSC_25694_01(800).jpg

抜けた先にあった田園地帯を吹き抜ける風は、やや湿気を纏うも実に心地良し。

DSC_25695_01(800).jpg

水田が広がる景色は少年時代の原風景。遠くにありて故郷を思う。

IMG_6474 (002)

今まで千葉エリアで食べてきた魚介の中でも頭一つ抜けた旨さ。特に地物のタコとボタンエビは絶品。大原エリアにて。

DSC_25710_01(800).jpg

そのまま大原漁港まで赴き散策。

DSC_25712_01(800).jpg

幹線道路を避け、マイナー県道を繋いでルートを作っていくのが房総エリアをドライブする際の面白さ。途中、袋小路のローカルJR駅に迷い込む。首都圏にありながら、とても遠くに旅をしたような気分になる雰囲気の駅。

DSC02295.jpg

ここを走るのは久しぶり。大多喜から久留里方面に抜ける最短ラインのK172。ある意味、非常に房総らしい里山狭隘路だが、東秩父エリアの舗装林道群のような雰囲気もあり。

DSC_25713_01(800).jpg

最後に立ち寄ったのは、チバニアンの最寄駅である小湊鉄道月崎駅。今回、小湊鉄道・いすみ鉄道の駅を何カ所か訪れてみたところ、いずれも古き良き昭和の日々を感じさせるような鄙びた雰囲気。エンジン音を唸らせて走っていく1~2両編成の古いディーゼル車を見るにつけ、いずれ機会があればのんびりこれらの車両に乗って房総半島を横断してみたいなと思い帰路についた次第。

関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
amataro  

dachiさん こんにちは

ショートドライブというと房総方面は外せませんね。
箱根や伊豆ようなダイナミックなルートは少ないですが、ぶらっと流すには丁度いい道が多いのも房総の良いところでしょうか。

後半は雨も降られずに済んだようで何よりでした。 
前回はコンビニ飯に甘んじてしまったので、次回は食も考慮して足を伸ばしたいなと思いました。

2020/07/28 (Tue) 09:31 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
To amataroさん

amataroさん こんにちは

触発され、私も早速房総に行ってきました(笑)

仰るように、房総はアップダウンありの豪快な走りや眺望という点ではやや物足りないのですが、K182、K88、安房グリーンラインといった定番縦貫道路に加え、房総丘陵を縫うように走るマイナー県道・農道が数多くありますので、それらを繋いで自在にルートを作れるのがこのエリアならではの魅力だと思っています。

あとは良質な温泉と渋滞なしの快適なアクアラインがあれば言うことはないのですが・・・(笑)

いつも内房・南房ばかりだったところ、今回改めて外房の魅力を知ったので、次回房総を訪れる時はもう少し探索エリアを広げてみようと思っています。

2020/07/28 (Tue) 16:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.