写欲を加速させるモノ - Photography
fc2ブログ

Dachi

Dachi

「勢い」というのは恐ろしいもので、写欲復活の気分が高じる中で居ても立ってもいられなくなり、先日、会社帰りに新カメラボディを購入してしまいました。

DSC_25860_01(800).jpg

2012年4月のD800以来ですから、実に8年ぶりのカメラボディ購入。日進月歩のデジタルの世界で8年という期間はあまりにも長いのですが、その間、D800に大きな不満なく使えてきたことは、8年の使用に耐える優れた性能を震災直後の時点でニコンは用意してくれていたということでもあります。トラブル・エラーの類が一切ない点も、私がニコンを評価する点であります。

もっとも、D800は古い世代の色づくりの機種であり、JPEG撮って出しでは自分の好みに合うような絵になりづらいため、RAW現像必須であるのが若干煩わしく感じてきたこと、動き物には強くないこと、また高画素を活かすという意味でミラーショック対策やAF精度が必ずしも十分ではないと気になり出していたのも事実でした。そんな中で、写欲の高まりとともに、機材も8年間の技術進化を反映した最新のものにアップデートしたいとなった訳です。

時代の流れは完全にミラーレス。当初はミラーレス移行も考えましたが、AF、バッテリー、EVF性能等の面でまだまだ発展途上のカテゴリーゆえ、今買わずもう少しし待ってもよい、との結論に。むしろ、今あるFマウントのレンズ資産を活かしながら「一眼レフの完成形」とまで言われる機種を使ってみたいという思いから、発売後2年強が経過して価格もこなれてきたD850にした次第です。

入手したのは総ショット数268!の中古品。恐らく前所有者は、手に余って使い込む前に手放したのでしょう。ほぼ新品を相当お得な価格でゲットできました。

IMG_6542 (002)

自宅到着後、さっそく撮ってみた写真がこれ。とりあえずホワイトバランスはカメラ任せで適当に撮ったものですが、色の出方がD800(一番上の写真)とは全然違います。黄緑系統に寄りやすかった特徴が改善されていて、抜けのよい色になっています。画像処理エンジンの進化の恩恵なのだと思いますが、JPEG撮って出しのままでもOKな写真が格段に増えました。直近の浜離宮、北とぴあの写真もD850による作例ですので、そちらも改めてご覧になってみてください。

DSC_00096_01_01(850).jpg

あと、ミラーショックがかなり小さくなっているのはうれしいですね。手持ち撮影の際には脇をしっかり締めて優しくシャッターボタンを押さなければならないことには変わりませんが、等倍表示で見た際のシャープ度が増しました。連写は秒間7ショット(バッテリーグリップなしの場合)ですので私の使い方では必要十分ですが、SDカードだと書き込みに時間がかかる印象。連射を多用する人はXQDカードの方がよさそうです。あとはレンズか・・・大三元聴牌のまま10年近く時間が経っているので、頑張って最後の牌を自模りに行きたいですね(笑)

IMG_6546 (002)

という訳で、自分にとって最後の一眼レフ機になるやもしれないこのD850、ガンガン使っていきたいと思います。
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
amataro  

おぉぉD850行きましたかー!
ミラーレスを薦めておりましたが、しばらく使ってみて今は薦めるのを躊躇しています。 確かにミラーレスの恩恵は多々あるのですが、如何せんレンズがない。。。
これはニコンの戦略なのだと思いますが、情報を公開していない為サードパーティーからレンズが出てきません。 対してソニー、キャノン、フジには純正よりも魅力的なレンズがどんどん出てきます。

純正もまだラインナップはほとんど揃っていないと言ってもいいでしょうね。 正直ミラーレスであればすでに円熟の期を迎えているソニーの方が魅力的であります。

D850は現在のニコンの集大成でしょうね。 一部の機能に特化したD一桁機を除いて、スペック的には申し分ありませんし、D800からモデルチェンジを繰り返してきて完成の域に達していると思います。

あとは大三元ツモるだけですね(笑)

2020/08/31 (Mon) 21:25 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
To amataroさん

amataroさん こんにちは

将来性は間違いなくミラーレスなんですけれどね。
悩みましたが、Fマウントレンズもそれなりに揃っていますし、現行システムの重さ・大きさもあまり気にならないので、移行のしやすさ、堅牢性・バッテリーもち、システムとしての円熟度の高さをとって、引き続き一眼レフで行くことにした次第です。

願わくば、サブとなったD800をいずれZ5+24-50mmズームのようなコンパクト&リーズナブルな組み合わせに置き換え、一眼レフ・ミラーレス併用によりそれぞれのメリット・デメリットを身をもって体験したうえで、その後のことを考えていければと妄想しております。

>あとは大三元ツモるだけですね(笑)
麻雀はかれこれ20年近くやっていませんが、若かりし頃に大三元聴牌まで行き興奮して無理な打牌をして3倍満を振り込んだ苦い思い出があります・・・。写真の世界ではそういう危険な目に合わないよう、慎重に行きます(笑)

2020/08/31 (Mon) 23:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.