温泉で朝日を愛でる山梨半日ドライブ - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

諺に曰く、「思い立ったが吉日」。
まさにそんな勢いで、前日に思い立ったプランを実行に移すべく翌朝は3時起床し、中央道を一路西へ。向かった先は山梨市のほったらかし温泉。

15年ほど前に某〇ちゃんねるの深夜ドライブスレッドで知り訪れた当初は「知る人ぞ知るスポット」であったにも関わらず、マスメディアで宣伝されてからは来場者数が激増(観光バスまで乗り付ける始末)。そんな変化の中ですっかり足が遠のいてしまったスポットでありますが、こと眺望~遠方に富士の山容、そして眼下に甲府盆地を見下ろせる眺望~については、未だ全国屈指りの温泉であることは変わりません。

この温泉は、早朝(日の出前)から深夜(22時)まで営業している点に特徴があり、かつて若かりし頃は金曜夜に早めに仕事を切り上げクルマを飛ばして訪れ、満点の星空と美しい甲府盆地の夜景を楽しんだこともあったのですが、早朝・日の出の時間帯に訪れるという野望は未だ実現しておりませんでした。そんなことをふと思い出し、ちょうど温泉が恋しい季節になってきたこともあり、昼過ぎには帰ってくる前提でひとっ走りしてきたという訳です。

現地に到着すると、駐車場には沢山の車。温泉前には大量の来訪客が溢れています。気温3度に満たない晩秋の早朝にこんなに混んでいるとは思いませんでした。温泉への入場にはコロナ対策で人数制限をかけているとのことで、建屋前に客が溢れていたという訳です。切符を買い整理券をもらい、順番を待ちます。そのうちに山の稜線が明るくなり、日の出の時間を迎えました。美しい・・・。そういえば、最後に日の出を見たのはいつ頃だっただろうか・・・。

IMG_6835 (002)

IMG_6837 (002)

IMG_6839 (002)

ようやく温泉に入ることができたのは7時になろうかという頃合いでしたが、湯煙越しに朝日に照らされながら温泉に浸かるのは実に快適で、30分以上の長風呂をしてしまいました。早起きしてここまで来たかいがあったというものです。これでこの日の目的のほぼ全てを達成したようなものですが(笑)、折角の気持ち良い天気、そして紅葉が美しいので、少し下ったエリアにある笛吹川フルーツ公園で写真撮影を楽しむことにしました。

DSC_01030_01(850).jpg

DSC_01033_01(850).jpg

DSC_01038_01(850).jpg

駐車場に車を停め眼下を見下ろすと、甲府盆地には幻想的なもやがかかっています。富士山と紅葉の対比もGood。写真撮影を楽しむには上々のコンディションであることを再確認し、公園敷地内の散策を開始しました。

DSC_01065_01(850).jpg

DSC_01053_01(850).jpg

DSC_01080_01R(850).jpg

DSC_01056_01(850).jpg

DSC_01060_01(850).jpg

こんなくすみのないパーフェクトイエローの銀杏、都内ではまずお目にかかれません。やはり昼夜の寒暖の差がポイントなのでしょうね。

DSC_01098_01(850).jpg

DSC_01102_01(850).jpg

DSC_01106_01(850).jpg

DSC_01088_01(850).jpg

狼煙のように、野焼きの煙があちこちで上がっています。

DSC_01081_01(850).jpg

その佇まいは、あたかも雲上庭園の如し。


温泉欲・ドライブ欲・写欲の全てが満たされ、大いに満足です。
高速道路走行主体だったので、若干「走り」成分が足りない気もしますが、たまにはこういうのもありでしょう。世の中一般的にはドライブとはこういうものを指すのであって、わざわざ遠回りしてマイナー県道を走るようなことは、明らかに「好き者」の領域でしょうから(笑)
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.