失われし過去の情景を辿る⑤~国鉄型在来線特急 - Photography
fc2ブログ

Dachi

Dachi

かたや既に引退済の交直流特急形電車485系、こなた近い将来引退が予定されている直流特急形電車185系。485系には、東北新幹線開通前に特急「ひばり」「やまびこ」等で何度もお世話になったものです。一方の185系には、東北新幹線暫定開業時の大宮~上野駅を連絡するリレー号、そして東海道線の特急「踊り子」で何度かお世話になりました。最近ニュースで取り上げられた、3月に正式廃止が予定されている夜行列車(東京⇔大垣)「ムーンライトながら」もこの185系での運用でしたね。

陳腐化に伴う新機種への更新は機械物の宿命とはいえ、過去の(昭和時代の)思い出に残る車両が一つ、また一つと消えていくのは寂しいものです。

485系1000番台勝田色(2009年8月上野駅にて撮影)
DSC_2813_01(300).jpg

185系で運用される特急「あかぎ」(2009年8月上野駅にて撮影)
DSC_2480_01(300).jpg

関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
amataro  

こんにちは

こう見ると歴史を感じるデザインですが、自分が電車としてイメージするのはこの時代のデザインです。

最近のデザインはちょっとスマートすぎて、あまり無骨さが感じられなくなってしまいましたね。
こればかりは好みなんでしょうけど、なんか少し寂しい感じもします。


フロントバンパー塗り直したんですね!
洗車するたびに気にはなっているものの、なかなか踏み切れないところであります。
そのうち大きなキズでもできたらと思ってますが、いつになることやら。。。

2021/02/09 (Tue) 20:26 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
To amataroさん

amataroさん こんにちは

>こう見ると歴史を感じるデザインですが、自分が電車としてイメージするのはこの時代のデザインです。
私もそうですね。電車に関心を強く持ったのはやはり子供の頃(=昭和時代)ですから、昭和のデザインの電車に思い入れがあります。

フロントバンパーは、3、4年前くらいから、我慢できなくなるほど傷が蓄積したら塗りなおそうと思ってきましたが、この度、遂に踏み切りました。

問題は、綺麗になりすぎたこと。これまでは、今更飛び石傷など何するものぞ、状態だったのが、再塗装後は完全に委縮運転になってしまっています(笑)

そう遠くない時期に再塗装の感動が薄れて通常モードに戻るかと思いますが、願わくばなるべく綺麗な状態を維持したいものです(少なくともストリートオンリーであれば以前よりはましになるはず)。

2021/02/09 (Tue) 22:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.