房総ショートドライブ→敗走 - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

春を思わせる陽気の週末日に、房総にショートドライブに行ってまいりました。

DSC_01709_01(850).jpg

DSC_01711_01(850).jpg

DSC_01714_01(850).jpg

途中立ち寄った海ほたるPAでは、美しい朝日が出迎えてくれました。袖ヶ浦ICから一般道に降りて木更津市街に立ち寄った後、R16→K164→K163というルートで鹿野山九十九谷展望公園へ。時刻はまだ8時前でしたが既に4~5台ほど先客がいました。2月も後半となり日の出時刻が早まったために、到着時にはすっかり陽が昇っており趣ある雲海の風景は望めませんでしたが、雲一つない晴天の下で霞がかった山々が連なる風景は、それはそれで絶景でした。そしてそのままK163を東進して山を下り、かずさグリーンラインと呼ばれる区間を経て久留里へ。

DSC_01723_01(850).jpg

DSC_01726_01(850).jpg

DSC_01719_01(850).jpg

滝沢馬琴の南総里見八犬伝で有名な里見氏が拠点としたのがここ久留里。駅前には「平成の名水百選」に選出された湧水の採水場があります。かなりの水量がこんこんと湧き出していて、ひっきりなしにペットボトルを持った人が汲みに訪れています。この名水があるからこそこのエリアで酒造りが盛んになったのだなと納得。

DSC_01729_01(850).jpg

DSC_01728_01(850).jpg

DSC_01730_01(850).jpg

DSC_01731_01(850).jpg

DSC_01733_01(850).jpg

この日のとりあえずの目的地は外房・勝浦だったので、K32経由で東へ。途中、小湊鉄道月崎駅・養老渓谷駅・上総中野駅でのショートブレイク(撮影)を経て、K177へ。並走する狭隘路K178とは対照的に、今回初めて走ったK177は中高速コーナーと直線から構成される快走路。対向車・前走車も皆無に近く、ここまでで遅れ気味になっていた行程を一気に挽回することができました。

DSC_01753_01(850).jpg

DSC_01755_01(850).jpg

DSC_01744_01(850).jpg
※イシガキダイ

DSC_01748_01(850).jpg
※ハコフグ

DSC_01752_01(850).jpg
※キタマクラ

天気が良かったので、かねてより行きたいと思っていた勝浦海中公園を訪問。水面下8mの海中の世界を覗くことができる、東洋一の規模を誇る海中展望塔とのこと。実際の海の中は流れも強く、潮流に揺られながら泳いでいる、水族館とは異なる魚たちの様子を観察することができました。ダイビングにはまる人たちの気持ちがよく分かったような気がします。上に写真をアップした魚の他にもクロダイ、ニザダイ、ブダイ、ソラスズメダイ、メジナ、メバル、カゴカキダイ、カワハギ等がいました。

DSC_01758_01(850).jpg

この海中展望塔に入場するまで風の強い屋外で20分ほど待つ間にスギ花粉を大量に被曝した結果、水中鑑賞を終え戻る頃には鼻水と涙が止まらなくなっていました。体にもだるさが現れ、気力・体力とも大きく削がれた状態でした。これはまずいと早々に退去し、屋内で一息つこうと勝浦市内でランチをしたのですが、一向に症状が改善しません(今にして思えば、髪の毛やセーターに大量に花粉が付いていたのでしょう)。残念だが、今日はもう潮時だなと午後の走り込みを諦め、最短距離のルート(R297→圏央道市原鶴舞IC→アクアライン)で帰宅。アクアラインから首都高湾岸線に合流する頃になってようやく集中力が正常に戻ったのですが、それまではとにかく鼻水と涙で気が散って、運転に集中することに普段の数倍以上の神経を使いました。そして、帰宅後は速やかにシャワーを浴び、そのままベットで数時間休むことに。

・・・というわけで、この度の房総ショートドライブは何とも不甲斐ない結果に終わりました。
これはリベンジしなければなりませんね。
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
amataro  
No title

こんにちは

この時期にドライブと言えば房総方面ですね。 一回想定外の雪に見舞われたことがありましたが、ここの所天気が良い冬晴れが続いたので、まさにうってつけのドライブ。。。とはならなかったようですね。

私も毎年この時期は花粉にやられまして、先日今年分の薬をもらってきました。 変な体制でクシャミをした際に背中を痛め、ホントろくなことがありません。

前回、鹿野山九十九谷展望公園に行ったときは靄に包まれ、まったく景色を堪能できなかったので、ここはもう一度行かなければならないと思っている場所でした。
勝浦海中公園は知りませんでした。 自然の水族館とは面白い試みですね。 

年明け手からドライブらしきドライブに出かけていないので、そろそろ走り出さねばと思いつつ、近場の散歩に甘んじています。
そろそろ冬の出口も見えてきそうなので、気分転換に出かけてみたいと思います。

2021/02/27 (Sat) 21:14 | EDIT | REPLY |   
-  
To amataroさん

amataroさん こんにちは

現環境下、車で出る際は、首都圏内かつ人との接点を極力減らせる目的地にするようにしていますので、あまり自由にあちこちドライブに行けないのがストレスです(仕方ありませんが)。

今回は千葉のアウトドア主体の行程でしたが、それが災いして花粉を大量被曝して散々な目に遭いました。毎年そうですが、体が花粉に慣れるまでは辛抱の日々が続きますね。

外房は、良い意味での寂れ具合が西伊豆のようで、最近気に入っています。アクセス抜群で観光客が多い内房は東伊豆のイメージ、いつもの君津から最南端を目指すコースは強いて例えるなら伊豆スカイラインといった感じでしょうか。伊豆のような豪快なアップダウンと眺望はありませんが。内陸部から外房に至る道の中にもドライブを楽しめる道がいくつかありますので、定番コースから変化を求めたくなったらおすすめですよ。

2021/03/01 (Mon) 09:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.