エンジン保護コート - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

ローカル線の駅を経て・・・

DSC_02211_01(850).jpg

ちょいと海まで

DSC_02227_01(850).jpg

エンジン保護のための添加剤を入れたので、保護被膜形成のため、インストラクションに従いしっかりエンジンを回すために、ショートドライブに出た次第。

IMG_7413 (002)

元レーシングドライバーのミハエル・クルム氏が代表を務める会社が輸入代理店となっているこの添加剤、ウェブサイトの説明によれば、成分として含まれているケイ素がエンジンの熱で化学反応を起こし、エンジン内の摩擦部分に保護被膜を形成して細かい傷を埋めてくれる効果があるとか。E9xM3に搭載されているS65B40Aエンジンは、コンロッドメタルの早期摩耗によりエンジンブローに至る事例が少なからず報告されているので、その保護のための施工です。製造元のレヴィテック社は風力発電機のベアリング/ギアの保護・長寿命化で実績がある会社のようなので、その効果を信じて入れることにしました。

施工後200km程度走った印象としては、高回転まで回した時のフィーリング(粒感、サウンド)が良くなった感があります。
約1,500kmで被膜形成が完了するらしいので、更なる改善に期待です。
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.