初陣のOne Day Touring(前編) - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

10月末某日、まだ暗いうちに眠りから覚め、身支度をして家を出た。
車庫に行き、自分のクルマが出てくるのを待つ。「さぁ、今日は長丁場だ。天気も良さそうだし、たっぷり楽しんで来よう」と自分を鼓舞。そう、今日は、首都圏を離れて初めてカレラSをワインディングで走らせる、真の意味での"ファースト・ラン"なのだ。

近所の自販機でホット缶コーヒーを買い車庫に戻ると、ちょうどクルマが出てきたところだった。車室に入りドアを開けると、ポルシェ特有の何とも言えない香りが迎えてくれる。その香りに包まれながらキーをドックに刺して捻ると、ブルルッとボディ後部を揺らしながら、野太いサウンドでMA103型フラット6エンジンが目覚める。ややバラつきを伴ったアイドルサウンドが、実に心地よい。コールドスタートによるアイドルアップが落ち着くのを待って車室から出発、そろそろと敷地からクルマを出す。準備が整ったことを確認し、いざ出発だ。

まずは中央道・石川PAに向かう。本日ご同道いただく仲間の一人、BMW F82M4に乗るamataroさんが既に到着していた。お互いの近況についての情報交換をしながら時間を見計らって出発し、八王子の料金所をほぼ予定通りに通過。そして、予め申し合わせた時間帯に八王子JCを通過すると、その先で予定通り、明らかに普通の911とは異なるオーラを放つブラッド・オレンジのマシンが見えてきた。クルマ仲間のsuite-spiralさんが駆るRUF Rt12だ。無事合流し、ここから3台でのランデブー走行に移行する。過去エントリーで述べた通り、suite-spiralさんは、カレラS購入に際していろいろと相談に乗っていただいた上に、はるばる中京地区までお付き合いいただき、契約に至るプロセスをともにした方。「納車後、一緒に走りましょう」と申し合わせていたのだが、ただ走るだけでは面白くないので、ちょっとした「ひねり」を入れましょうということになっていたのだ。

IMG_8330.jpg

Rt12を先頭に3台で隊列を組んで、そのまま中央道を西進。快晴の下、これ以上ない程美しい山容を見せてくれた八ヶ岳が目前に迫ると、最初のチェックインポイントである八ヶ岳PAはもうすぐだ。やがてPAエリアの入口に到達し、減速しながら駐車スペースに向かう。そこには既に、見慣れたクルマが4台停まっていた。

その4台とは、981ボクスター、981ボクスタースパイダー、アルピナB3GT3(E92)、アルピナB3(E46)。傍らにはそれらのオーナーであるクルマ仲間のwataさん、shimaさん、M郎さん、つくばの松さんが佇んでいた。この4人にsuite-spiralさんを含めたメンバーは、元々アルピナ乗りということで繋がったクルマ仲間。そう、この日は、東西の元アルピナ乗りの仲間が毎年秋に挙行している「日本どまん中Mtg」の日だったのだ。

先に述べた「ひねり」とは、このどまん中Mtgの行程の一部にamataroさんと私が飛び入りで参加すること。ちょうど1年前のどまん中Mtgで、先に集合していたメンバーのところにshimaさんが乗り換えたばかりのスパイダーでサプライズ登場したというのがあったので(suite-spiralさんプロデュース)、今年のどまん中では、二匹目のドジョウよろしく、同じようにsuite-spiralさんのサポートを受け乗り換えた私もサプライズ登場してみよう、となったのが飛び入り参加に至る経緯である。amataroさんにも直前にこの話をして、"共犯"になっていただいた。

もっとも、サプライズ云々を抜きにしても、このメンバーとご同道させていただくことは、新しいクルマに慣熟するための願ってもない機会。久しぶりのリアルでの対面でそれぞれの健勝を喜び挨拶を交わし、乗り換えの経緯等についてひとしきり話した後は、先発メンバーとの合流地点である伊那市を目指して7台でリスタートとなった。

IMG_8333.jpg

IMG_8334.jpg

安全のため、適度にばらけながら中央道を西へとひた走る。伊那ICで中央道を降り、待ち合わせ場所のセブンイレブン南箕輪南原店に着くと、関東からの参加で先行到着していたこだまさん(アウディS1)と、今回関西からの唯一の参加となったmtmさん(981ボクスターGTS)が既に到着していた。全台が集合し体制を整えた後は、R361を西進、権兵衛トンネルを抜け、開田高原方面に向かった。ここからがいよいよ本番である。

IMG_8336.jpg

IMG_8344.jpg

好天に恵まれ交通量も僅少なR361は、まさにドライビングパラダイス。やがて、冠雪した御嶽山の美しい山容が眼前に迫り、気分は序盤から大いに盛り上がった。

DSC_02930_01(850).jpg

DSC_02928_01(850).jpg

DSC_02931_01(850).jpg

途中の九蔵峠展望台にてショートブレイク。停車するのが憚られるような絶好のドライビングコンディションとはいえ、こんな美しい御嶽山を間近で見せつけられたら、クルマを停めざるを得ないであろう。肉眼で見た圧倒的な美しさは、私の腕では十分に写真で表現しきれていないというのが正直なところ。それほど素晴らしい眺望であった。これが数年前に大噴火を起こした山とは、にわかには信じがたい。それぞれが思い思いに御嶽山や車を撮影し、クルマ話に花を咲かせた後は、次なるチェックインポイント、道の駅ひだ朝日村を目指してリスタートを切った。

IMG_8347.jpg

日本に何台あるのだろう。ポルシェ997ターボをベースとしたコンプリートチューニングカー、RUF Rt12。650ps、最高速度361kmのモンスターマシン。その後ろを追走しながら、RR車(正確にはRt12はリアエンジン搭載の4WD)の走らせ方を、ブレーキングポイント、ライン取り等を参考にしながら学ぶことができたのは、新米911乗りにとってこの上ない幸運であった。

DSC_02934_01(850).jpg

DSC_02935_01(850).jpg

DSC_02933_01(850).jpg

DSC_02936_01(850).jpg

一同、道の駅ひだ朝日村に到着。
ルート隊長のwataさん、ここで出会った997GT3 RSとアウディTTのドライバーから、"wataさんですよね?"、"どまん中Mtgですか?"と声をかけられたとの由。もはや全国のクルマ好きに知られるカリスマである(笑) そして、その997GT3 RSもどこかで見たことがあるクルマだと思ったら、私が良く見ている某Youtubeチャンネルに登場したクルマであることが判明(そのYoutubeチャンネルを運営しているのもまた、wataさんのクルマ仲間の方)。クルマ好きの世界は本当に狭いものだと改めて実感。

・・・我々が来た方向に走り去る2台を見送る。そして、我々も食事処を目指して出発した。

後編に続きます。
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.