スイス旅行記26~そしてクライネ・シャイデックへ - Photography
fc2ブログ

Dachi

Dachi

ユングフラウ観光の最後に、アイガーグレッチャー駅からクライネ・シャイデック駅までのハイキングにトライしてみました。

アイガーグレッチャー駅は、ユングフラウ鉄道が山頂駅(ユングフラウヨッホ)まで続く長いトンネルに入る手前の駅。標高2,320mの地点に位置します。ここからはその名の通り、急斜面にへばりつくアイガー氷河を目前に眺めることができます。なかなかの迫力です。


DSC_1474.jpg
D800+Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED



この場所から谷方面を眺めるとこんな、宮崎駿の描く世界のような光景が広がっています。人の大きさとの対比で、そのスケールの大きさが分かるかと思います。


DSC_1472.jpg
D800+Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED



なにやら雨雲が立ち込めてきました。今回の旅行、どうやらハイキングは天候に恵まれなかったようで、この後雨が降り出しました。雷も鳴りだしましたが、もはやアイガーグレッチャー駅まで戻るのも大変な場所まで降りてきていたので、足早に山を下ります。


DSC_1496.jpg
D800+Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED



しばらく行くと、また雲が切れてきました。山の天気は本当に変わりやすいです。


DSC_1518.jpg
D800+AF-S Nikkor 50mm f/1.8G



背後を振り返ると、アイガー氷河の全容が見えます。写真真ん中左に見えるのが、ハイキング出発点のアイガーグレッチャー駅。


DSC_1513.jpg
D800+AF-S Nikkor 50mm f/1.8G



クライネ・シャイデックの駅が見えてきました。ハイキングもこれで終わり。ここから再びグリンデルワルト方面へ向けて山を下ります。名残惜しく感じる気持ちを天が察してか、途中からまた雨が降り始め、グルント駅に着いた時にはかなりの本格的なザーザー降りになっていました。


DSC_1522.jpg
D800+AF-S Nikkor 50mm f/1.8G



宿に帰り、一日の行程を振り返り休みながらふと窓の外に目をやると、そこには美しい虹が出ていました(左奥で山頂に雲がかかっているのがオーバーラント三山です)。こんな結末のある雨降りなら、悪くないな、と。


DSC_1542.jpg


次回、いよいよスイス旅行記最終章です。
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
椿の茶屋  

こんばんは。3枚目、鉄道写真的に面白いですね。ガスの立ち
込めた薄暗いアルプスの空気を切り裂く登山電車のヘッドライ
ト。カーブの端に先頭車両を置く構図、みたいな感じで。
あ、すいません(^^;)

2012/08/18 (Sat) 21:14 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
Re: タイトルなし

こんにちは。

確かに鉄道写真的には面白い構図かも知れませんね(言われて気づきました)。
もっともこの時には、雨が降り出し、遠くで雷も鳴り出したりで、気が気ではありませんでしたが(苦笑)
個人的には4枚目の構図も、電車が来てくれたらなかなか良い写真が撮れたのではと思います。

2012/08/18 (Sat) 21:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.