スイス旅行記27~さらば、永遠に若きアイガー - Photography
fc2ブログ

Dachi

Dachi

2日間のオーバーラント地方滞在も終わり、いよいよ出発の朝を迎えました。

前日夕方のすぐれない天気から打って変ってこの日は朝から快晴! 寒い中、早朝6時頃からホテルの近所を散歩したのですが、最後の最後で、三山をくっきりと綺麗な姿で写真に収めることができました。たった1週間の周遊旅行の中で、マッターホルン、モンブラン、オーバーラント三山の全てをクリアに撮ることができたのは、本当に幸運だったと思います。


DSC_1546.jpg
D800+AF-S Nikkor 50mm f/1.8G



徐々に太陽が昇ってくると、早朝のドラマチックな雰囲気から、徐々に様子が変わっていきます。下に見えるのはトゥーン湖。


DSC_1558.jpg
D800+AF-S Nikkor 50mm f/1.8G



トゥーン湖を見下ろす町ベアテンブルクは、のどかな山あいの町です。


DSC_1564.jpg
D800+AF-S Nikkor 50mm f/1.8G



ベアテンブルクからインターラーケンに下る途中の車窓から。これで三山も見納めです。


DSC_1577.jpg
D800+Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED



そして、トゥーン湖の姿も見えなくなります。


DSC_1588.jpg
D800+Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED


~さらば、永遠に若きアイガー。我は定めなき道に。ただ行く限り汝が幻を憧れ追うであろう。そして、幸深くあれ、心厚き人々のグリンデルヴァルトよ、そは、私の第二の故郷。いつかは、また、春に帰る燕のように、喜びの羽ばたき軽く飛びかえって、その温かい懐に抱かれて物語ろう~


これは槇有恒氏の著作「山行」の「アイガー東山稜の初登攀」の有名な一節ですが、一観光者にすぎない自分には、苦難に満ちた初登攀を成し遂げた氏の心境は想像しえないものの、アイガーという山に迫り、グリンデルワルトを起点にユングフラウヨッホに至った人間の一人として、この地を去るに至って、同じような感慨と郷愁の念を抱かざるを得ませんでした。思い返せば、このスイス旅行記の第1回目の記事も「アイガー北壁」でした。奇しくも最終回もアイガーをもって締めくくることになるとは…私自身もきっとこのアイガーという山に魅せられてしまったのかも知れませんね。


いつかきっとまた、この地に。そう心に誓い、様々な思いを胸に秘め、スイスの地を後にしたのでした。


DSC_1703.jpg
D800+Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED



以上、全27回にわたってお送りしてきたスイス旅行記、お楽しみいただけましたでしょうか? 圧倒的な景色を前に舞い上がってしまい、よく考えずにシャッターを切りまくったため、今見返すと、もう少し冷静に頭を使って慎重に撮った方がよい写真も多々あります。が、それも含めて、スイス旅行のよい思い出になったかなぁと思います。是非また訪れたい国だな、と思いました。でもそのためには、頑張って稼ぐしかないですね(笑)


長いシリーズにお付き合いいただき、ありがとうございました。
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
amataro  

こんにちは

スイス堪能させていただきました D800の良さも。。。
こんな真夏の東京からちょっと現実逃避させてもらえました

これだけ広い景色ですと、なかなか構図も難しいですが、とても良く撮れているなぁと感心ばかり
少しは撮らねばと、最近めっきりシャッターを切る枚数が減ってきて思っております

2012/08/19 (Sun) 12:51 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
Re: タイトルなし

こんにちは

スイス写真、長いシリーズにお付き合いいただきましてありがとうございました。楽しんでいただけたようでなによりです。旅行後まだ1ヵ月半しか経っていませんが、すでにあの美しい山々と広大な牧畜風景が恋しいです。私も疲れた時に写真を見返して、現実逃避を図っています(笑)

>これだけ広い景色ですと、なかなか構図も難しいですが、とても良く撮れているなぁと感心ばかり
>少しは撮らねばと、最近めっきりシャッターを切る枚数が減ってきて思っております
私の場合、平日はオフィスに閉じこもりがちになってしまうので、週末くらいはちょっと外に出ようかと思うと、カメラがちょうど良い「外に出るためのきっかけ」になってくれています。延々と撮っては現像作業を繰り返す自分を冷静に顧みると、たまに「何をやっているんだろう?」と思うこともありますが(苦笑)。。。D300が部屋で寂しい思いをしているかもしれませんよ。ぜひ陽の光の下へ連れ出してあげて下さい^^

2012/08/19 (Sun) 19:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.