2022年GW 北関東・信越・南東北ロングツーリング⑤(完) - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

【Day 3つづき】

山都の街中に入り、まずは燃料補給のためにピットイン。

山都

IMG_9332.jpg

磐越西線山都駅前にクルマを停めて食事処を探します。山都と言えば蕎麦。しかし、一昨日の昼にも蕎麦を食べたので、ここは蕎麦以外を食べたいところ。そういう訳で、山都を離れR459で喜多方市街へ。お気に入りのラーメン処「一平」へと向かいましたが、駐車場が満車なうえに20人以上の待ちの列!(GWらしい混雑風景を見たのは、後にも先にもこの時だけでした)。この先もう一件リモート会議が控えていることを考えれば、悠長に並んで食べている余裕はありません。ラーメンを諦め、喜多方を離れることにしました。

DSC_03689_01(850).jpg

GOPR0220.jpg

GOPR0223.jpg

DSC_03696_01(850).jpg

DSC_03697_01(850).jpg

喜多方から裏磐梯までのR459は、それ以西とは打って変わってよく整備された中高速コース。会津一望の丘で写真を撮り先に進むと、ロードサイドには桜並木が綺麗な花を満開で咲かせていました。標高を上げるにつれて残雪が現れ始め、勾配が緩くなった先で道の駅裏磐梯に到着しました。ここの食事処でソースカツ丼を頂くことにします。

食後、そのままこの道の駅でリモート会議をしても良かったのですが、まだ開始まで1時間以上あったことに加えて寒かったことから、もう少し先まで移動をすることにしました。

IMG_9342.jpg

IMG_9337.jpg

やってきたのは桧原湖南岸の観光船乗り場。ここにクルマを停め、リモート会議を行うことに決定しました。幸いなことに、911にはそのような用途に適うようにiPadホルダー、iPhoneホルダーがついていますので(うそ!)、車内からでも快適にリモートワークができます(笑)。会議開始後30分後で無事終了し、ツーリング中のお勤めは全て終了。そのままクルマ仲間の到着を待ちます。

実は、この翌日から、クルマ仲間JUNさん企画のグループツーリングが磐梯エリアを起点に開催される予定になっていたのですが、この日私が走って来たルートがその予定ルートと一部被っていたので、参考になればと思って道中の様子を共有していました。そんなやり取りの中で、同ツーリングに参加予定のクルマ仲間Tさんが前泊のため既にこのエリアに入っているということを知ったので、ならばTさんと落ち合いましょうとなったものです。

DSC_03702_01(850).jpg

IMG_9345.jpg

GOPR0236.jpg

リモート会議をしている間に空は一面雲に覆われ、気温も一気に冷え込んできたため、天候状況を気にしながら待つこと30分、スポーツエグゾーストの爆音を鳴らしながら白い981ボクスターGTSが駐車場に飛び込んできました。Tさん到着です。Tさんとは3月の南福島ツーリングでご一緒して以来の再会で、コーヒーを飲みながらしばし談笑。聞けば、この日は喜多方に宿泊し、他の前泊メンバーと夕食を共にするとのこと。そんなやり取りをしているうちに大分外も暗くなってきたので(私も最後に一山越えないといけないので)、お互いの安全と良きツーリングとなることを祈り、解散。Tさんは喜多方方面へと消えていき、それを見とどけた後、私は白布峠方面へと向かいました。

DSC_03710(850).jpg

DSC_03709(850).jpg

DSC_03706(850).jpg

桧原湖東岸を北上し、西吾妻スカイバレーへ。途中で「夜間通行止」の看板を見かけましたが、時刻はまだ4時台でしたし入口ゲートも開いたままだったので、そのまま進みます。夕方遅い時間に山越えのこの道を走るクルマは皆無に近く、マイペースで峠を駆け上がります。標高を上げるとともに気温はぐんぐん下がって3度に。やがて小雪がちらつき始めた中(汗)、東鉢山七曲り展望台に到着しました。低く立ち込めた雲のために磐梯山のクリアな姿を望むことは叶いませんでしたが、残雪のワインディングを見下ろす風景はこの季節だけのもの。しっかり写真に収めてリスタートを切りました。

GOPR0243.jpg

GOPR0245.jpg

県境を越えて米沢市に入ると、残雪は一段と量を増しました。凍結の心配はなさそうではあるものの、濡れた路面に注意しながら一つまた一つとコーナーを抜け、峠を下って行きました。あとは宿に向かうだけと思い気を緩めたその直後、進行方向先には大変な事態が待ち受けていました。

ゲートクローズ

何と、ゲートが閉まり、閉じ込められてしまいました(涙)。
・・・どうやら、「夜間」というのは17時以降だったようです(ちなみに、17時と言えば、ちょうど東鉢山七曲り展望台にいた頃です)。幸いなことに、すぐに係員の方が出てきて開けてくれたので事なきを得ました。途中で巡回車らしきクルマとすれ違ったので、閉じ込められることはないだろうとタカを括っていましたが、実際に出口ゲートが締まっているのを見ると焦りますね。もう少し余裕を持った行動を心掛けなければいけないな、と反省です。

DSC_03713(850)②

ゲートを越えて程無くして現れたのは、白布温泉郷。ここでは桜が満開でした。短時間で冬から春へと季節を旅した気分です。

GOPR0250.jpg

IMG_9352.jpg

IMG_9356.jpg

米沢市街に入る頃には雲が切れ、夕日が街を照らしていました。この日の行程を締めくくる良い夕暮れです。
ホテルルートイン米沢駅東にチェックイン後、米沢駅近辺まで徒歩でくり出し、駅前で米沢牛ハンバーグ定食をいただきました。

この日の走行距離210km、平均燃費8.6km/l。やはり走りの充実度と燃費とは反比例しますね(笑)
途中2回のリモート会議が入ったこともあって走行距離は伸びませんでしたが、R459を中心に密度の濃いツーリングを楽しむことができました。

翌日以降は実家帰省となったので、今回の旅行におけるツーリングパートは3日目で事実上終了です。
群馬から始まって北信・上越に入り、その後新潟を中越→下越と縦走、そして会津地方を経て米沢入りという、常人には理解しがたいルート取り(笑)で巡った今回のツーリング。2日目は一日を通して雨にたたられたうえに、3日目はリモート会議対応で活動制約を受けたことから、3日間の走行距離は900km弱と短いながらも(ちなみに、帰京までの総走行距離は1,400km)、変化に富んだ充実した3日間となりました。今回予定に入れながら不運で通行が叶わなかったルート(志賀草津)、事前調査の段階で冬季クローズ未解除のために泣く泣く選択肢から外したルート(R252六十里越等)がありますので、いずれ伏線回収に行きたいと思っています。
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
amataro  
No title

GTお疲れさまでした

道路崩落といいゲート閉鎖といい、なかなか無いシチュエーションに見舞われたツーリングでしたね。  自分だったらかなりビビるなぁと思いながら読ませてもらいました。

近いエリアでも残雪残る冬景色から桜満開まで、数ヶ月のギャップがあるのが驚きです。 山の天気は変わりやすいではないですが、季節も変わってしまうんですね。

コロナ渦でリモートワークという選択肢が一般的になったことで、できることも増えましたね。  景色を前にしてコーヒー片手に会議に参加というのは、ある意味贅沢なリモート環境ですね。
ハンズフリーで運転しながら会議に参加したことは何度かありますが、今度は景色の良いところを見つけて寛大な気持ちで会議に参加してみたいと思います(笑)

2022/05/16 (Mon) 08:36 | EDIT | REPLY |   
-  
To amataroさん

amataroさん こんにちは

はい、感動とスリルに満ちたツーリングとなりました。ご指摘のように、距離だけではなく季節を旅した、という感覚です。

M3の時もそうだったのですが、こうやって何日もかけて様々なシチュエーションを走ることは、そのクルマをよく理解するための最善の手段の一つだなと改めて思いました。特に今回は、変化に富んだコンディションだったので(生命の危機もありましたので🤣)なおさらそう感じます。

アウトドアリモートワークは密かに狙っていました。実際やってみて、なかなか乙でしたよ。休みに仕事を持ち込むのは極力避けたいにしても、どうせやるなら楽しく、ということで、まさに寛大な気持ちで臨めます笑。ぜひお試しください^ ^

2022/05/18 (Wed) 08:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.