夏の鉄道旅にて⑤ - Photography
fc2ブログ

Dachi

Dachi

富山駅からあいの風とやま鉄道に揺られること50分。終点の泊駅に到着しました。

DSC_04383(850).jpg

ここであいの風とやま鉄道は富山・高岡方面に折り返し。
同じホームの先に停まっているえちごトキめき鉄道の気動車、ET122形に乗り換えです。

DSC_04384_01(850).jpg

発車時間になると、エンジン音を響かせながらゆっくりと泊駅を後にします。新潟県境を超えると親不知の長いトンネル区間へ。この車両は、上越市の直江津を経て妙高市の新井まで至るダイヤでしたが、今回は泊から5駅目にあたる糸魚川で降車。


DSC_04392_01(850).jpg

DSC_04388_01(850).jpg

DSC_04396_01(850).jpg

DSC_04390(850).jpg

DSC_04399_01(850).jpg

次の列車の発車時間まで40分ほど時間があったので、暇つぶしに駅周辺を散策したら、駅ビルに「ジオステーション ジオパル」なる施設がありました。中に入ってみると、かつて大糸線を走ったキハ52の実車展示や、大阪から日本海側を縦断して札幌までの行程を走っていたトワイライトエクスプレスの再現車両、そしてNゲージのジオラマやプラレールなどもあって、大人から子供まで楽しめる施設でした。

2010年に大糸線から引退したキハ52。最後まで走っていた3両のうち2両がここジオパル及び岡山の津山まなびの鉄道館にそれぞれ保存されましたが、残る1両は房総のいすみ鉄道で現役で走っており、房総ドライブの折に何度かその姿を写真に収めてきた身としては感慨深いものがあります。

(参考画像)いすみ鉄道大多喜駅にて2021年5月撮影
DSC_02243_01(850).jpg


さて、そろそろ発車時刻が近づいてきました。糸魚川とはこれでお別れ。いよいよ大糸線に乗ることにしましょう。
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
忠      

こんにちは。

僕は生まれた場所が最寄り駅(JR両毛線の栃木駅)から20kmも奥でしたので18歳まで日常で電車を使ったことはなく、その後は帰省か出張くらいです。かなり前ですが上越新幹線?が出来て、その代わり何とかという特急がなくなるというので直江津まで電車を使ったことがありました(http://ketsuka0302.blog90.fc2.com/blog-entry-942.html)。こういう旅はやはり車では味わえないですよね。

2022/08/24 (Wed) 08:14 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
To 忠    さん

忠さん こんにちは

直江津旅行のエントリー拝見しました。刺身が実に美味しそうで、大いに惹かれました(笑)
特急北はくたかに乗られたのですね。確かこれ、国内最速の在来線だったはずです。なくなる前に私も乗ってみたかったです。

>こういう旅はやはり車では味わえないですよね。
その時その時の気分に応じて様々なバリエーションの旅・楽しみ方ができる。自らの思いに従い自由度の高い旅をする。それこそが最大の贅沢だと最近とみに思う次第です。

2022/08/25 (Thu) 17:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.