春の秩父往還時計回りドライブ - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

3月に入ってから満足に写活&クルマ活できていませんでしたが(月間記事アップ数6がそれを象徴しています)、月が変わって4月月初の土曜日に半日強の空き時間が出来たので、2月上旬の西伊豆以来ほぼ2か月ぶりにドライブに行ってきました。桜開花以降ずっと微妙な天候が続いていたので、桜前線の最終盤に青空の下で満開の桜を愛でることを目的に、山梨から雁坂トンネルを経て埼玉へと周遊した、緩めのドライブでした。

当日朝、当初予定より30分ほど寝坊してしまったこともあり、中央道は八王子から先で渋滞に巻き込まれてしまいます。30分ほどで抜けて、談合坂SAで慌ただしく朝食。そして、そのまま中央道を西進し、勝沼ICでR20へとスイッチしました。

IMG_0838.jpg

IMG_0841.jpg

中央道沿線では、この季節特有の萌黄色の山の景色が美しく、また、勝沼からR20にスイッチした先では、雪を抱いた南アルプスの山々が正面に聳え、圧巻の風景でした。ここから山梨市駅前を経て笛吹川フルーツ公園へ。「新日本三大夜景」の一つとして有名なスポットで、当ブログでも過去何度も登場している場所ですが、ここは春の桜も美しいのです。そして、期待通り、そこでは満開の桜が待っていてくれました。

DSC_06012_01(850)②

DSC_06013_01(850).jpg

DSC_06020_01(850).jpg

富士山もしっかりと顔を見せてくれました。
満開の桜を背景にひとしきりクルマの写真を撮った後、フルーツ公園中央部にある第一駐車場に移動しました。

DSC_06030_01(850).jpg

DSC_06031_01(850).jpg

DSC_06044_01(850).jpg

こちらでは、鮮やかなピンク色の桃の花が出迎えてくれました(遠景でうっすら見える下界のピンクも桃の花です)。

DSC_06039_01(850).jpg

DSC_06050_01(850).jpg

萌え立つような新緑、そしてカラフルなチューリップ等も印象的でした。
そうこうしているうちにだいぶ陽が昇って来たので、温泉に向かうことにしました。フルーツ公園からちょっと登った先にある「ほったらかし温泉」、久しぶりの訪問です。

IMG_0849.jpg

IMG_0850.jpg

土曜の朝、日の出を求めてやってくる人々があらかた去った後のタイミングだったので混雑もなく、富士山の山容と桃の花でピンクに染まる甲府盆地を眺めながらのんびりと湯に浸かりました。あぁ、極楽なり。

DSC_06073_01(850).jpg

DSC_06077_01(850).jpg

帰り際に、狙っていた場所で桜×クルマを撮影。これで山梨でのミッションは終了です。
R140を北上するにつれて交通量は減少し、道の駅まきおかを越えたあたりからはマイペースで走れるように。ここらから少しペースを上げて、春の風とエンジンサウンドを感じながら走りました(注:私は花粉症ですが、窓を開けたい欲に負けました)。

DSC_06080_01(850).jpg

DSC_06079_01(850).jpg

県境を越えて暫く走り、滝沢ダムに立ち寄り。小休止した後、R140を東進し、K278で三峯神社を目指しました。この神社に至る峠道、空いていればなかなか面白い道なのですが、今回は昼近い時間の訪問だったため、完全フリーとはいかず前走車に続いてのヒルクライムとなりました。そしてようやく終点かと思ったところ、駐車場待ちの長い列!これは、三峯神社がパワースポットとして有名になり過ぎたためか? 今回は並んでまで神社に参拝する気持ちはなかったので、さっさとUターンし、今しがた走って来た道を下り始めたのでした(周囲のクルマには、何しに来たんだ?と思われたことでしょう)。

そんなこともあってか、R140に復帰して以降の行程では急速に疲れが出て睡魔が襲ってくるように。やむなく道の駅あらかわに立ち寄って休憩を取り回復を図ったうえで、次なるスポット「清雲寺」を目指しました。

DSC_06082_01(850).jpg

DSC_06090_01(850).jpg

清雲寺は、秩父エリアにおける指折りの花見スポットで、枝垂桜が有名だそうです。事実、境内には多くの枝垂桜が植えられ、美しい花を咲かせていました。ひとしきり観桜した後は、最後のスポットを目指して移動を開始しました。

IMG_0855.jpg

この日最後の往訪スポットは、永らく通行止めが続いていた定峰峠越えのK11。あれ、こんなに道が狭かったっけか、それにこんなに対向車がいたっけか?と思うほど行き違いに不慣れな対向車が多く(なんでこちらが見えている状況でわざわざ狭い所まで突っ込んで来るんだ、的な)、何カ所かで行き違いに苦労しましたが、標高が上がるにつれてクリアになり、頂上の峠の茶屋へ。ここから更に東に進み、嵐山小川ICから関越道に入って帰京しました。

この日の走行距離352km。
体調不良からの病み上がり&前夜が寝不足だったこともあり、"走り"成分は薄めにして観光&温泉メインとしましたが、それでも思いのほか疲れました(花粉の影響があったかもしれません)。とはいえ、これだけの見事な桜に出会えたので、出かけて良かったな、と。
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
忠      

こんにちは。

この時期のドライブは天気さえ良ければ、空のブルー、雪山のホワイト、桜の薄桃色、菜の花の黄色、芽吹きの新緑・・・・ただしこの辺りは3月中は杉の花粉で山が煙ります!さすがにオープンで走る気にはなれません!涙)

2023/04/04 (Tue) 10:01 | EDIT | REPLY |   
-  
To 忠    さん

忠さん こんにちは。

>ただしこの辺りは3月中は杉の花粉で山が煙ります!さすがにオープンで走る気にはなれません!涙)
私がオープンカー導入に二の足を踏むのも、一にも二にも花粉の存在ゆえです(苦笑)
とはいえ、今回は気候の良さに負けて、少し窓オープンで走ってしまいました(当然、マスクなし)。
予想通り、後で鼻水が止まりませんでした・・・

2023/04/04 (Tue) 17:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.