ソロツー開始 - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

PSF2023は盛況のうちに終了し、15時の終了をもって会場から退出。イベント中は雲が空を覆い肌寒い時間帯もありましたが、この頃には雲が抜け、青空が広がるポカポカ陽気になりました。

この日の投宿地は浜松。
まだ日が高い時間帯だったので、このまま高速道路で移動してしまうのはもったいありません。山を下ったK40からスイッチした先のR365でコンビニ休憩を取ったところ、こんな光景が目に飛び込んで来ました。

DSC_06159_01(850).jpg

パーフェクトクリアにその山容を見せる伊吹山。これは登らなければいかんでしょう。

GOPR0523.jpg

ということで、伊吹山ドライブウェイまでやって来ました。調べてみたところ、どうやら前日の4/15にオープンしたばかりらしく、オープン記念でこの日まで通行料金が半額(通常は3,140円)。そのため、それなりの数のクルマはいましたが、そこそこのペースで流れてくれたのでストレスフリーで走ることができました。なかなかに道の線形が良く、また、車窓の風景も、スタート直後の緑に囲まれたものから標高を上げるにつれて荒涼としたものに変化していきました。眼下に濃尾平野を望む眺望も素晴らしい。

伊吹山1

伊吹山2

DSC_06160_01(850).jpg

DSC_06165_01(850).jpg

料金所から終点までの距離は17kmと、走り応えも十分。山頂駐車場は9合目の標高1,260mの地点に存在します。雪こそほぼ消えているものの、気候はまだ冬。気温は10度未満でした。夕暮れの中で下界に霞が出たため、残念ながら琵琶湖側の眺望はあまり良くはありませんでしたが、それでもここまで来たという充実感に浸ることができました。新幹線の車窓から何度も眺めながら、いつかクルマであそこに登りたいと思っていた山なので。

IMG_0957.jpg

下りでの一枚。スマホ写真ですが、伊吹山で撮った写真ではこれが一番かな。
下山後、関ヶ原ICから名神道に入り、浜松に向けてクルマを走らせました。

IMG_0975.jpg

何度かの休憩を挟みながら東名道を東に走り、浜松西ICでOUT。一般道経由で市街に向かい、迷うことなく駐車場に到着。本日の行程完了となりました。

IMG_0967.jpg

この日の宿は、アクトシティ浜松にあるオークラアクトシティ浜松。ツーリング宿としてはいささか贅沢にも思えますが、JALマイレージクラブのクーポン券でほぼ無料で宿泊です(コロナ以降飛行機に乗っていないので、溜まったマイルはホテル・温泉旅館で使えるクーポン券に交換して使っているのです)。

IMG_0968.jpg

チェックインを済ませて食事のために街に出たのですが、日曜夜ということもあってか、駅周りの食事の選択肢が極めて少ない・・・。いろいろ探した結果、駅ビル「メイワン」のうおかっちゃんに入り刺身定食をいただいたのですが、この刺身が期待を大きく上回る旨さで大満足。食事後、コンビニで朝食を調達し部屋に戻ると、翌日早くからの出発に備え早めに休んだのでした。
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.