2024年初出走 房総半島ツーリング - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

新年が明けてから何かとバタバタとしていて、都内近郊で写真を撮る程度にしかクルマに乗ることが出来ていなかったのですが、1月最後の週末にぽっかり予定が空いたのを確認してクルマ仲間のつくばの松さんに連絡を取り、房総半島ツーリングを企画しました。

IMG_2579.jpg

DSC_08915_01(850).jpg
※奇しくも、この日の参加車両は全て丸目でした^^

DSC_08923(850).jpg

この日のエントラントは、メインカーのアルピナB3に代えてアバルト595で参加されたつくばの松さん、ミニJCWで参加されたLuciさん、997ターボカブリオレで参加されたあぽりんさん、そして私の都合4台となりました。

つくばの松さんのアバルトは娘さん用とのことですが、最近は出走率が多いようなのでほぼご自身のセカンドカーと言って良いでしょう(笑) Luciさんとは同道はお初。メインカーは718ケイマンGT4ですが、サーキットオリエンテッドな純正装着タイヤと厳冬期の路面との相性を気にされてセカンドカーで参加との由。セカンドカーとはいえ、KWの車高調とヨコハマのストリート最強タイヤ、アドバンネオバAD09で武装済です。そしてあぽりんさんは、E46M3から乗り換えた997ターボでの参戦。氏のウデはE46M3の時に存分に目に焼き付けていますので、よりパワーを増した997ターボでどんな走りを披露するかが楽しみです。

早朝の君津PAで待ち合わせた後、スマートICを出てツーリングスタート。まずはウォームアップをしながらK163、林道鹿野山1号線、K93を経て九十九谷展望公園へ。ここは東山魁夷の「残照」にも描かれた風光明媚なスポット。雲海風景の名所であり、それを目的に訪れるクルマで混雑するとの事前情報もあったのですが、当日は数台しかおらず拍子抜け。「今日は雲海が見れそうもない」との情報がどこからか事前に伝わっていたのでしょうか(笑) 残念ながら雲海は見ることが出来ませんでしたが、雲の合間から陽光が差す美しい光景を代わりに拝むことができました。

ひとしきり風景を楽しんだ後、リスタート。この日のルート隊長を仰せつかった私が先頭になり、次なるスポットへ向けて移動を開始しました。K93を東へ下り、房総スカイライン→R465を経てK81清澄養老ラインに突入します。私ばかりが先頭を走るのも何なので、K81の入口で隊列入替を提案。その結果、997ターボ→アバルト→991カレラS(私)→JCWという順で走ることになりました。

先頭の997はワイドボディのターボで前半の1車線区間をどう走るのかな?と思いながらスタートしましたが、スタート直後からぐんぐんペースを上げていきます。続くアバルトもコンパクトなボディを活かしてボトムスピードを落とすことなく食いついていきます。こちらも負けじと後を追いますが、岩やガードレールが張り出している箇所で気遅れしてアクセルを抜いてしまうと、フッと距離が離れてしまいます。多少車線幅が広くなったところで挽回するのですが、いやはやラリーのような展開に汗をかきました。後半は2車線の快走路。遠方に外房の海を眺めながらループ橋を下れば安房天津の町。海沿いのR128旧道まで出て鴨川方面へ曲がり、マルキポイント駐車場でブレイクを取ることにしました。

IMG_2584.jpg

DSC_08929(850).jpg

DSC_08925_01(850).jpg

この日は晴れの予報だったのですが、ここまで来ても雲が抜けず今一冴えない天気。日照が乏しいため気温も上がらず肌寒いのですが、そんなコンディション下でも海に入りサーフィンを楽しむサーファーが数多くいるのですからすごいものです。クルマ談義が盛り上がる中、近隣に菜の花畑があるとつくばの松さんから提案いただいたので行ってみることにしました。

DSC_08933_01(850).jpg

DSC_08931_01(850).jpg

nanohanabatake.jpg

面積は限定的でしたが満開の菜の花。寒空の下でのモノトーンの風景に彩りを添えてくれました。
この先の行程も長いので、写真を撮って早々に移動を開始。再び私が先頭となり、K89鴨川富山線で内陸部へ向かいました。この県道のR410以東の区間は初めて走ったのですが、1.5~2車線の変化に富んだ里山コースはいかにも房総の道といった感じで、交通量も極めて少ない良い道でした。続くK186は中高速コーナー主体の快走路。ターンインでしっかりヨー(上下軸を中心にしてクルマが回転する力)を発生させたうえで、アクセルを踏みリアにトラクションをかけながらコーナーを抜けていくという991らしい走りが楽しめる、房総半島でも5指に入るお気に入りの道です。K296に合流後は進路を西へと変え館山方面へ。そして安房グリーンラインを南下し、半島南端の名倉海岸に到着しました。

DSC_08949_01(850).jpg

DSC_08948(850).jpg

IMG_2586.jpg

ここでお湯を沸かしてファミマのドリップコーヒーを淹れます。
風が強かったらどうしようかと心配していたのですが、目論見通りお菓子を楽しみながらのコーヒーブレイクを実現することができました。

ここで30分くらいは歓談していたでしょうか。ふと時計を見れば10時半前です。11時半にランチを予約していたこともあり、移動を開始することにしました。沿岸部を西へと向かい、沿道を彩る菜の花を愛でながら洲崎を回るルートを行こうとしたのですが、道脇には多くの交通整理員が立っていることに気づきます。尋ねたところ、マラソン大会で洲崎方面の交通規制が行われるとの由。巻き込まれてはたまらないので急遽予定を変更し、洲崎方面には行かずにR410を北上することにしました。その後R127を経てK88へ。館山市内を抜けるまで時間を要したこと、K88で超スロー車に引っかかったことからランチ会場への遅着が懸念されましたが、うまい具合に超スロー車が消えてくれたおかげで3分程度の遅れで到着することができました。うむ、タイムマネジメント完璧だ(笑)

DSC_08956_01(850).jpg

IMG_2593.jpg

IMG_2594.jpg

ランチで訪れたのは、K88とK34の交差点近くにある「Hanger Eight」さん。ここはクルマ仲間のwataさんが以前、偶然美味しいカレーを食べたスポットということで気になってリサーチしたものですが、当時準備中だった施設が完成し週末営業のレストランになっていたので訪れたものです。

メニューは地産の幸を使ったワンプレート料理のみ(時折、銀座のカレー店「ナイルレストラン」のカレーがスペシャルメニューで出るようです)。ボリューム的にも味にも大満足。そしてオーナーさんと会話したところ、なんとルノー車好きの間では名の知れたショップ、SiFoを運営されてきた方が当地に移住してこの施設(レストランだけではなく、多目的イベントスペース、キャンプ場等の提供も行っているようです)を始められたとか。F1ルノーチームの仕事もされているとのことで、いろいろな裏話を聞かせていただくことができました。色々話し込んでいるうちに現役のGT300ドライバーの方が来店され、またびっくり。クルマ好きが集う店であることが明らかになり、これは大当たりを引いたと心の中でガッツポーズをした次第です。リピート決定ですな。

お腹も心も満たされ、出発。最終目的地、道の駅木更津うまくたの里へ向けこの日最後の行程を開始しました。引き続き私が先導し、K88→R465→K92→K93→R410とトレースして最後のワインディング走行を楽しみながら無事道の駅に到着(途中、道を横切るキョンの群れを直前でやりすごすというハプニングもありました・・・)。各自お土産購入やピーナッツソフトクリームを楽しみ、またの同道を期してここで解散となりました。

この日の走行距離330km、平均燃費8.7km/l。
いやー楽しかった。自身がルーティングを行い、「走る」方々と隊列を組んでほぼ1日先導走行をした初めての経験となりましたが、マラソンによる一部ルート変更以外は特段の問題はなく、ほぼ事前のスケジュール通りのマネジメントをすることができてほっとしました。そして、ランチでは嬉しいサプライズもあって、近郊日帰りツーリングながらもかなり密度の濃い内容になったのではないかと満足しています。2024年の最初のツーリングとしては満点ですね(笑)

ご同道いただいた皆さん、ありがとうございました。また宜しくお願いします。

IMG_2585.jpg


関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
つくばの松  
お疲れ様でした!

楽しいルートに企画、ありがとうございました!

やはり大きな写真のほうがいいですね。フルサイズ一眼の威力が発揮されてる気がします。画像も暗すぎず自然なアンダーで。今回私が先頭を走っていたら間違いなくキョンに激突していたでしょう。よく房総へ行く私もキョンをみたのは初めてで(それも複数回)その急繁殖が社会問題になっているのが実感できました。そのうちこのエリアの名物ジビエになるのでしょうか?(ならない!)。Hangareightさんで最初にカレーの話をされていたのはWataさんのブログからだったんですね、今度はカレーの日を狙って是非出かけましょう!


2024/01/30 (Tue) 05:55 | EDIT | REPLY |   
-  
To つくばの松さん

あらためて先日はお疲れさまでした!

今回の天気のような空は明るいけれど日照は少ない状況下では明暗差が非常に大きいので、現地では空が白飛びしないような若干アンダーめの露出で撮り、その後の現像プロセスにおいて不自然にならない程度に暗部持ち上げ補正を行い仕上げています。ブログにはそのような写真を載せていますが、インスタ等スマホでのビューが前提のところにはそれなりの映える加工(←個人的にはあまり好みではないのですが・・・)を行って載せていますよ^^

私も実際にキョンを見たのは初めてです。ジビエ肉としての用途に加えて、質の良い革(なめしたセーム革は最高級品だそうです)が採れるようで、これらが商用ベースにのれば駆除活動にもお金が回りそうですが、あまりメジャーになると今度は商売目的に繁殖して放つ向きが現れたりするのではないかとの懸念もあるようで、なかなか難しいようです。

カレーは気になりますよね。今回食したジビエプレート料理とともにこれまで房総になかったジャンルのグルメが加わり、房総ツーリングの楽しみが増しました。ぜひ狙って再訪しましょう!

2024/01/31 (Wed) 09:22 | EDIT | REPLY |   
wata  

アクアライン一発でアクセスできる房総半島は身近にも程があるものの、やっぱり魅力的なんだよなぁと再認識しながら記事を拝見しておりました。
私の場合、最近は鹿野山からすぐに最南端を目指してしまうために大好きな清澄養老ラインがちょっと遠く感じられていたのですが、次回はDachi隊長のルーティングに倣い、先に養老方面へ向かおうと思います。
Hanger Eight、私は正式オープン前にたまたま通りかかって立ち寄っただけでしたけど、そんな2年前の記事でも参考にしていただき光栄です(笑)。
各種クルマ関係のイベントやCG on the airの撮影にも使われるなど、イイ感じのファシリティになってきましたよね。
ランチもたいへん魅力的なのですが、タイム・マネジメントがダメダメな私は、予約して飯を喰いに行くことが苦手なのです・・・。
・・・なので、連れて行ってください(註:座右の銘「他力本願」)。

2024/01/31 (Wed) 11:24 | EDIT | REPLY |   
-  
To wataさん

wataさん こんにちは。

房総の道はダイナミックさには欠けるものの、仰るようにアクセスが良いですし、縦横無尽に張り巡らされた里山ロードや林道を繋いでルートを作っていく感覚が楽しく、折に触れて訪れたくなります。意外とバラエティに富んだグルメ処もありますしね。

私も鹿野山→(K182→)K88→安房グリーンライン→名倉海岸というルートを鉄板ルートにしていますが、今回のランチ処がK88の中間地点にあたるHanger eightだったこともあり、あえて逆回り行程を組んでみました。早朝の交通量皆無の時間帯にK81を南下できるのはなかなかGoodでしたよ(日中もそんなに交通量はない道ですが)。K186の南下やしいたけ村コーナーの下りも新鮮でしたし。

Hanger eight、CG on the airの撮影に使われているのですね。ルート情報や食事処情報は毎回wataさんのツーリング記も参考にさせていただいておりますが、このお店はかつてない特大ホームランでした(詳細はぜひ松さんに聞いてください^^)。私もタイムマネジメントは苦手で、ツーリング中の食事処予約は史上初かもしれません(笑) 初めて訪れる店で混雑具合も分からなかったので念のため予約したのですが、オーナーさんいわく「食材切れで終了ということもあるので予約してもらって助かる」とのことでしたので予約して正解でした。

Hanger eightにはナイルのカレーを目的に再訪したいと思っていますので、タイミングが合えばぜひ!

2024/01/31 (Wed) 13:52 | EDIT | REPLY |   
Luci  

こちらが本サイトですねw
先日はありがとうございました😊
セッティング変更したJCWのチェックも兼ねてGT4は温存させていただきましたwww

元々ジムカーナ出身なので細かいコーナーは得意なんですが、当時からFR乗りでFFのJCWは挙動がサッパリわかってませんw
それでも皆さんにくっついていくと、ランチ以降ぐらいからいくつかのラインを試したり余裕が出てきました。
松さんとも話してたんですが、ショートホイールベース車は高速コーナーが安定しないので、車幅ギリギリな狭いコースに持ち込んだ方が良さそうです。

キョンは…飛び出してきた時はJCW勝手にハザードたいてました😅
焦りましたね。

次はGT4でご一緒してくださいm(_ _)m

2024/01/31 (Wed) 21:07 | EDIT | REPLY |   
-  
To Luciさん

Luciさん こちらにもコメントいただきありがとうございます^^

ジムカーナをやられていたのですね。ジムカーナはクルマを操る基本が全て詰まっていると言われますので、その経験が公道走行においても大きな武器になっていることでしょう。JCWは、特に後半は余裕をもって走っている感がバックミラー越しにも見てとれましたよ。高速コースを除けば、GT4を持ち出さなくてもこちらで十分にアクセルを踏み抜く楽しさを味わえるでしょう。でも、本来のクルマの用途を考え、ハードなモディファイはほどほどにしておいてあげてくださいねw

キョン飛び出しの際はブラインドコーナーの先ながら全車問題なく停まれて良かったです。
現場に至るまでに既に2度目撃しており、「二度あることは三度ある」と肝に銘じて走っていたので回避できましたが、確実に房総が「奈良公園化」していることを知りいささかモヤモヤした気持ちになりました。

次回は是非GT4で! お疲れさまでした

2024/01/31 (Wed) 22:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.