2024年早春・北へ④~関東へ そして振り出しに戻る(完) - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

(前回4/2エントリー記事からのつづき)

猪苗代湖畔を出発し、R49を更に西へ向かいます。

いいで

この区間の目玉は、圧倒的な存在感で目に飛び込んできた飯豊連峰。東北アルプスとも評される巨大な山容が一面残雪に覆われた光景は、ここまでに見てきたどの山よりも迫力がありました。


IMG_2950.jpg

IMG_2949.jpg

この日は出発が遅かったこともあり、時計を見ると既にお昼を回っていました。そのため、昼食は行程途中で簡単に済ませることとし、会津若松駅前の喜多方ラーメン店「来夢」に入店。初めて入ったお店ですが、注文した「喜多方チャーシュー麺」はチャーシューの食感と醤油スープの味とが絶妙にマッチして満足がいくお味でした。

腹が満たされたら即出発。前日に引き続き、昼の時点ではこの日の最終目的地を定めていない状態でしたが、とりあえずR121を南下することにします。


IMG_2951.jpg

DSC_09388_01(850).jpg

DSC_09389_01(850).jpg

道中、車窓に会津鉄道の車両が見えたので、ねこ駅長がいる同鉄道の芦ノ牧温泉駅を思い出し、久々に立ち寄ることに。しかし、残念ながら三代目ねこ駅長のさくらさんはこの日は非番。土産物を一覧し駅舎の風情を味わった後、早々に旅を再開しました。

会津からR121を南下する際には、会津田島を経てそのまま日光方面に下ることが多かったのですが、今回は変化を求めてR289経由で那須に入ることにしました。


甲子道路

IMG_2953.jpg

那須連山を裏側から望みながら、R289を道の駅しもごうまで一気に駆け上がります。その後、甲子トンネルを抜けK290那須甲子道路へ。雪解けのワインディング走行を楽しもうとこの道を選んだのですが、果たして道路線形は申し分ないものの、路面状況がとても悪く、かつて有料道路だった面影はありません。振動が不快なのでスピードは控えめに一つ一つコーナーをトレースし、マウントジーンズエリアまで到達。ここは昨秋の那須登山の帰路でも訪れた場所です。


DSC_09391_01(850).jpg

DSC_09390(850).jpg

1994年に開業したマウントジーンズスキー場が今シーズンいっぱいで閉鎖されることを知り、最後にその姿を目に焼き付けておこうと立ち寄ったのですが、残念ながら3月半ばには既に営業を終了したようで、その旨を知らせる壊れた案内看板が何とも言えない寂しさを醸し出していました。那須という関東有数のリゾートエリアにある唯一のスキー場という地の利をもってしても閉鎖を余儀なくされた現実を見ると、「縮みゆく日本」を実感しますね・・・


IMG_2958.jpg

スキー場に別れを告げ、那須の中心部へ。NASU SHOZO CAFEに立ち寄り、コーヒーとケーキを楽しみながらこの日の宿探し。十分に日帰り可能な場所ではありましたが、もう1日くらい一人旅を楽しみたいとの思いが勝り、西那須野のホテルルートインに泊まることにしました。到着後、ホテル併設の居酒屋で夕食。疲れていたのか、あまり食欲も酒欲も強くなく、軽く食事を済ませて早めに休んだのでした。

Day2の走行距離293km、平均燃費10.2km/l。

************************

翌朝目が覚めると、外はザーザー降りの雨。前日までの2日間の行程の中で残雪地帯を走ったためにクルマが汚れていたので、ザッと強い雨がきて簡易洗車ができればよいなと考えていたら、実際にそのとおりになってしまいました。これですっきり雨が上がってくれれば最高なのですが、最新の天気予報を確認したところこの日は雨が止む気配はなさそうです。そうであるならば、あまり凝ったコース取りは避けて南へと下るのが良さそう、ということで宿を発ちました。

IMG_2964.jpg

Day3常総バイパス

まずはR400で大田原方面へ。以降は完全アドリブでマイナー県道を繋ぎながら喜連川を経て那須烏山に向かい、ここからR294で初日の出発点、茨城の谷和原ICまで下り、常磐道で帰京しました。

Day3の走行距離183km、平均燃費9.3km/l。

以上、3日間で948kmの比較的短いクルマ旅でした。
今回は2024年のドライブシーズンの「オープン戦」だったため、あまり距離を欲張らず思うがままにルートを刻むことを優先して走ってきましたが、冬から春に移ろいつつある南東北・北関東の風景を大いに楽しみ、また、今後のツーリングに向けたアイデア~阿武隈エリアをもっと深掘りしてみよう~も得ることができました。昨年初秋の佐渡ツーリング以来のクルマ旅でしたが、自分のクルマで行く旅がいかに自由に満ち溢れた贅沢な楽しみであるかを再認識しました(自分は経験したことがないのですが、おそらくバイクツーリングも同様でしょう)。これからの時期、お出かけには絶好のシーズンかと思いますので、走ることを主目的としたツーリングに限らず、皆様も普段の行動圏から少し足を伸ばして日本の美しい春を探しに出かけてみてはいかがでしょうか?

4回にわたるツーリング記にお付き合いいただきありがとうございました。



関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
wata  

4部作、堪能させていただきました。
恐らくは同じようなタイミングで私は四国へと走りに出ていたのですが、南東北も深い山の中でなければ問題なく走れたんですね。
個人的に2023年は東北をあまり走っていないので、今年は雪が解けたら行きたいな、と思っていたところです。
今回の記事を拝見し、東北のシーズン・インは意外に早いかもしれないとの希望を持つに至りましたよ(笑)。

2024/04/04 (Thu) 22:52 | EDIT | REPLY |   
-  
To wataさん

今回のツーリング記をご覧いただきありがとうございました。wataさんの四国ツーリング記も楽しく拝見させていただきましたよ。

仰るように、今年の東北のシーズンインは早そうです。今回は積雪にあたったら撤退のつもりで北上し、実際に矢祭エリアで残雪に遭遇して、せいぜい阿武隈エリアの南部までが限界かなと思ったのですが、勢いに任せて北上を続けたら磐梯・那須エリアまで問題なく走ることができました。私が訪れた翌日には積雪があったそうなので運にも恵まれた感はありますが、それでも大勢に影響はないかと。六十里越やR352あたりも過去一の早さで開通するかもしれませんね。

私も北東北からは2年以上遠ざかっているので(というか、911では仙台より北は未踏です!)、久々に行ってみたい、可能ならば石川さゆりの歌を聴きにいければいいなと思っています😊

2024/04/05 (Fri) 12:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.