美ヶ原散策 - Photography
fc2ブログ

Dachi

Dachi

10月初旬の蓼科方面への旅の最終目的地は美ヶ原でした。長野県松本市、上田市、小県郡長和町にまたがる標高約2,000mの高原ですが、ここが火山(とは言っても、相当古い火山ですが)であることはあまり知られていないかもしれません。美ヶ原は天気の良い時に訪れると最高なのですが、今回はあいにくの空模様。雨こそ降らなかったものの、曇り空やガスのせいで眺望はちょっと残念ではありました。まぁ、今回の主目的はハイキングだったので、それはそれで十分楽しめたのですが。

ハイキングの出発点は美ヶ原高原美術館。そこから牛伏山を経て王ヶ頭まで向かう片道70分程度のコースです。この写真右手のケルンがあるところが牛伏山の山頂。正面奥の、ラスボスの城的な雰囲気を醸し出しているところが目的地の王ヶ頭です。


DSC_2400.jpg
D800+Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED



途中まではこのように晴れ間も見られたのですが、、、


DSC_2402.jpg
D800+Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED



美しの塔に着いた頃にはすっかりどんより空模様になってしまいました。


DSC_2408.jpg
D800+Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED



歩くこと数十分、王ヶ頭のシンボルである電波塔群と王ヶ頭ホテルが見えてきました。


DSC_2419.jpg
D800+Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED



王ヶ頭登頂!・・・といっても標高差100m程度の山行でしたが(爆)


DSC_2423.jpg
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED



王ヶ頭から西側斜面を望む。この斜面沿いの登山道からは、天気の良い日には日本アルプスを一応できるとか。


DSC_2418.jpg
D800+Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED



なんだかんだで、この日は八島ヶ原湿原一周と合わせて10km以上はゆうに歩きましたので、天候には恵まれなかったとはいえ十分に自然を堪能できました。


DSC_2433.jpg
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED


以上で、2012年秋信州旅行記は終わりです。
このエリアは、ある意味清里あたりと似ていて、バブルの頃には非常に多くの観光客を集めるも、その後は景気悪化とともに客足も遠のき、何となくさびれた感もあるエリアですが、それがゆえに、都会的な価値観でバブル後も開発が続いた軽井沢あたりとは異なって自然のままの良さが残されている非常に貴重なエリアでもあり、ショッピングやカフェ巡りよりも自然のフィールドに出ることが好きな方にはおススメのエリアの一つということができるかと思います。

奇しくも、今のクルマの前に乗っていたFD3S RX-7で最後のドライブ(今のクルマの納車1週間前)で訪れた目的地もここでしたし、大学時代に、当時東京に出てきて右も左も分からない時に、スキーを覚えに従兄に遊びに連れて来られた(というか、従兄のクルマの運転手をさせられたというか・・・)場所もこのエリアでした。いろいろな意味で御縁があるこのエリア、今後は大学生時代以来の冬のスキーや、梅雨時のレンゲツツジ鑑賞でもまた訪れてみたいなぁと思っています。
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.