夢の空よ 永遠に - Photography
fc2ブログ

Dachi

Dachi

前々回の続きです。

角館に一泊した翌日は、13年前に訪れて大きな感動に包まれたこの町に立ち寄りました。


DSC_7330(800).jpg
D800+Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED



日本三大花火大会の一つ、全国花火競技大会(通称:大曲の花火)が開催される大曲です。
打ち上げ発数でこそこれを越える花火大会は数あれど、質においては間違いなく日本一(いや世界一)! NHKBSで毎年生中継が行われるので、今や知名度は全国区になりましたね。


さて、この大曲の駅、秋田新幹線のスイッチバックが見れるなかなか珍しい駅です。下の写真で言えば(奥にこまちが停車しているのが分かりますでしょうか)、上り線・下り線とも左側方面から列車がホームに入線してきて、そして発車時間になるとまた同じ方向に戻って行きます。

DSC_7332(800).jpg
D800+Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED



駅の売店で土産を物色していたら、ふと耳にとまったのは、13年前に聴いて美しい花火とともに記憶の中に残っている懐かしい曲。音がする方向に行ってみると、こんなCDが置かれていたので購入してしまいました。

akitasanka2.jpg



秋田出身のシンガーソングライター、津雲優氏の「秋田賛歌Ⅱ」というCDです。大曲の花火を見たことがある人にはおなじみの大会オープニング曲&フィナーレ曲や秋田県民歌等が収録されております。レンタカーのオーディオで早速聴いたことろ・・・懐かしい!! 生で大曲の花火を見た時の感動が鮮やかに蘇ってきました。聴いているうちに歌い手の津雲氏に関心を持ちググってみたのですが・・・なんと、つい先日、今年の4月に60歳という若さで亡くなってしまっているではありませんか!そんなタイミングでたまたま再訪した大曲の地で歌声を耳にして、この入手困難なCD(アマゾンでも取り扱い中止になっていました)を偶然手にしたのも何かの縁かも知れません。またいつか氏の歌で幕を開ける大曲の花火を見に来なくてはな、と思うと同時に、ご冥福を心よりお祈りした次第です。今年の大曲の花火では、何らかの追悼企画をやるかも知れませんね。

ご参考までに、大曲の花火のハイライト動画をyoutubeから拝借してアップしてみました。ひいた場所からの動画画像で見るとあまり迫力を感じませんが、実際に生で見るとスケールの大きさに圧倒されること必至。人口3万人強の町に1晩で70万人が押し寄せる大変な混雑で道路も電車も大渋滞となること(終了後電車に乗るまでに2時間待ちました)、会場でのトイレに苦労することが最大の問題ですけど、これに負けない体力&気力がある方はぜひ一度は生で見に行くことをお勧めします。

最初のオープニングで流れる曲が「夢の空」、フィナーレで流れる曲が「いざないの街」。いずれも津雲氏の歌で、心にしみる良い歌です。ちなみに、「いざないの街」の2番以降の歌詞は秋田県民歌そのもの。秋田県民でなくても良いなと思える歌で、まさに締めくくりにふさわしい歌。




ご当地B級グルメ「大曲納豆汁」を食せなかったのが唯一の心残りなれど・・・さらば大曲。また訪れるその時まで。そして夢の空よ、津雲氏の歌声とともに永遠なれ。
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.