草津・万座方面ツーリング:その1 - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

台風の到来が予想される9月最初の三連休、渋滞を避け、かつ荒天の到来前に楽しむにはここしかない、ということで連休初日に久々のロングツーリングに行ってきました。

天気、混雑予想、そして最近のツーリング履歴との兼ね合いで迷ったのが、今回はどのルートにするかということ。天気については、関東からの日帰り圏内はどこも大差なさそう。渋滞予想については、とくかく早く出るに越したことはなく、また中央道方面は避けた方がよさそう。そして最近のツーリングについては、伊豆箱根&富士五湖方面ばかりに行っていたので、そろそろ内陸高原方面にも行きたいところ。

清里?いや、清里は過去何度も行っているので、今回は別のところに行きたい。それに中央道方面は帰りの渋滞が心配。
蓼科?いや、蓼科はせっかくなら紅葉の時期に行きたい。渋滞に関する懸念も清里同様。
日光?渋滞回避については東北道は最強。ただ、、この時期に行っても何もないしなぁ。
・・・etc.

ということで(?)、かねてから行ってみたいと思っていたもののこれまでに行けたことが無い、草津・万座方面と相成りました。折角温泉地方面に行くのなら一泊で行きたかったところですが、さすが連休、一週間前の段階であらゆる施設がほぼ予約一杯(一泊ウン万円レベルの高級宿には空きがありましたけどね^^;)。そういう訳で、恒例の日帰り弾丸ツアーです。


渋滞回避のため、朝4時半に都内を出発、関越自動車道で北に向かいます。道中は目立った渋滞もなく順調。途中休憩を挟み、1時間半ほどで渋川伊香保ICに着きます。トラベルボードコンピュータによれば、ここまでの平均燃費は10km/h。山道での燃料消費増に備え、ここまではガソリン温存です。

渋川からは国道353号線で西に向かいます。交通量は想定よりも少なめですが、ペースは上がりません。ある程度予想はしていたことゆえ、ここで気持ちを切り替え、草津に入るまでは低燃費走行を楽しもうということで(本来のこのM3の楽しみ方ではありませんが)、本来なら2~4速で走るところを、スナッチングを起こさない程度にハイギアで、かつアクセルワークを極力丁寧にして走ります。

しばらく国道353号を進むと中之条に到着。ここから国道145号線にスイッチし、更に西を目指します。途中、妙に道が整備されているなぁと思うエリアがあったのですが、それもそのはず、この辺は民主党政権時代に工事の中止を巡り話題に上がった八ツ場ダムの建設予定地なんですね。そんなことを考えながらだらだら走ったのですが、ペースはともかく、交通の流れが良く信号停車がほとんどなかったこともあり、このあたりまで燃費は10km/l近くを維持!

国道145号をしばし進み、大津交差点から国道292号線にスイッチ。ここから草津の町まで本格的な登りが始まります。登り坂になると、ある程度の速度を維持しないと途端に燃費が悪くなりますね、M3は。軽自動車の後ろを超スローペースで走ったため、ここで平均燃費は一気に9km/lを割りました(涙)。しばし辛抱の時間帯が続きます。



そうこうしているうちにようやく草津エリアが迫ってまいりました。草津の町の手前にある道の駅「草津運動茶屋公園」で小休止。天気はこのとおり、どうもすっきりしません。

DSC_8004(800).jpg



因みに、この辺りの道は、「日本ロマンチック街道」とも呼ばれています。沼田~日光間と、小諸~軽井沢間はこれまで走ったことがあるので、今回はその間を埋めるツーリングになりますね。ちなみに、本家本元のロマンチック街道(ロマンティック街道)は、ドイツにあります(ローマへの巡礼の道が由来です)。

DSC_8006(800).jpg



ようやくにして草津到着。中心部近くの駐車場はこのとおり、予想に反してガラガラ(笑) まぁ、朝8時前なので当然ですね。中心部を軽く観光し、足湯を楽しんだ後は、いよいよ今回のツーリングの最大の目的ルートである志賀草津道路に向かいます。

DSC_8009(800).jpg



志賀草津道路は、その名の通り、群馬県の草津と長野県の志賀高原とを結ぶ山岳道路。最高点は2,172mであり、国内で最も標高が高いところを走る国道です。これまで幾度となくドライブガイド等で見ては「訪れてみたい」と思っていましたが、機会に恵まれないまま年月が経ってしまっていました。今回ようやくその機会が訪れたとあって、弥が上にも胸は高鳴ります。


・・・が、いざ走りだすと、たちまち周囲は一面霧の海に。前回の奥多摩といい、最近「霧男」になっているような気が(意気消沈)。

DSCN4884.jpg



標高を上げることで霧の上に出られることに一縷の望みをかけ、連なるペースカーの後ろを辛抱強く登っていきます。







・・・すると、徐々に明るくなってきて、、、、青空が見え始めました!

DSCN4890.jpg




完全に霧地帯を抜けました!! 天に感謝!

DSCN4892.jpg




白根山山頂近くのレストハウス駐車場ではこのとおり。白根山の「湯釜」もばっちりクリアに見えましたよ(湯釜の写真はまたの機会にアップします)。

DSC_8047(800).jpg



はるばる群馬県の最深部まできた苦労が報われた瞬間でした(その2につづく)

関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
amataro  

こんにちは

草津・万座ですかー 雪山に行っていたころはメジャーな土地でしたが、めっきり行かなくなりました
夏の終わりから秋にかけてはよさそうですねー

ちょっと距離はありますが、日帰りでも十分行ってこれる距離ですよね
第2段も楽しみにしてます

2013/09/15 (Sun) 13:38 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
Re: タイトルなし

こんにちは

私はこのエリアを訪れるのは初めてだったのですが、良道が多くて実に良いエリアでしたよ!
伊豆&西伊豆スカイライン+箱根&芦ノ湖スカイラインと同じ要素が全て詰まっています。

特に渋峠を越えた志賀高原側は本当に車がいないので、走り放題(笑) 群馬側も観光シーズンを外して来れば、気持ち良く走れること間違いなしだと思いました。

ただ、やはり日帰りでは存分に楽しめた半面、やはり少々もったいないなぁと思いましたね。
温泉エリアに一泊していろいろ走ってみるのがベストだと思います。何せ日本有数の温泉地があるのですからね。

その2もぜひご覧ください^^

2013/09/15 (Sun) 14:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.