師走第一週末の箱根③(完) - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

箱根・大観山でしばし眺望を楽しんだ後は、椿ラインを下ります。

椿ラインはタイトなブラインドコーナーが続く峠道なので、バイクやCセグメント以下のクルマ、例えばロードスターやエリーゼのような小型ライトウェイトスポーツカーに向いた道でしょうか。本来的にM3が得意とするコースではないのですが、昔RX-7に乗っていた時の感覚を時折思い出したくなるもので、場違いとは思いつつもたまにこういうタイトな道を走りたくなります。

太平洋沿岸部の湯河原へ下る南斜面の道なので、ここまで走ってきた箱根山中エリアよりもぐっと気温は上昇してきますが、一日のうちで初めて通る道では決して無理をしないのが峠での安全運転の鉄則。車外温度計と路面状況を見ながら、普段以上に安全マージンをたっぷり取って下って行きます。

程無くして、自分のクルマを含め3~4台が詰まる状況になったので、途中にある「ししどの窟」パーキングで小休止。


DSC_8880(800).jpg
D800+AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED




こういう天気の時は、オープンカーは気持ちよいだろうなぁ、と、ちょっとうらやましく感じます。
私のクルマもガラスサンルーフが着いているのですが、やはりオープンカーの解放感にはかなわないですね。もっとも、花粉症持ちの身としては、オープンカーは現実的な購入の選択肢とはなりえないのですが。


上の写真を撮った場所から太平洋方面を望みます。奥に伊豆大島、手前に小さく初島を捉えることができました。


DSC_8878(800).jpg
D800+AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED




クルマの流れがしばらく途切れたタイミングを見計らってリスタートです。一気に奥湯河原地区まで下ります。
その後どうしようかと迷っていたら、道路脇に「不動滝無料駐車場」と書かれた駐車スポットが現れました。折角なので立ち寄ってみます。
どんなものかと期待しましたが、こんな↓感じの、普通の滝でした(笑)


DSC_8882(800).jpg
D800+AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED




滝の手前にあった茶屋のあたりはまだ紅葉を楽しめました。
既に紅葉が終了し冬モードに突入している大観山からは、直線距離にして10km程度しか離れていないのですが、標高差が大きいため、季節は1ヵ月以上ズレているといった感じでしょうか。


DSC_8884②(800)
D800+AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED




ここで海沿いに出るか、椿ラインを戻るか悩みましたが、箱根エリアは恐らく春まで走りに来ないだろうことを考え、もう少しだけ楽しんでおこうと思い、来た道を戻り椿ラインを大観山までもう一度駆け上がります。下りを通しで走って路面状況を全て把握できているので、登りはちょっとだけペースを上げて走ってみます。



大観山に着き、最後にもう一度富士山を撮って撤収です。


DSC_8888(800).jpg
D800+AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED




箱根新道経由で小田原に下山し、早川漁港で昼食を摂って帰ろうとしたのですが、既に漁港エリアは駐車場が一杯&飲食店は長蛇の列。仕方なく、小田原厚木道路のSAでカレーを食べて帰りました(涙)


・・・と言う訳で、綺麗な富士山を堪能し、凍結路の餌食になることもなく無事に帰ってくることができました。
また来春、そう、可能ならば河津桜の咲く頃にここに戻って来れることを願いつつ、ちょっと早いですが2013年の峠ドライブはこれで締めくくりです。


DSC_8853(800).jpg
D800+AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED



関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.