2014年一発目 伊豆ドライブ - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

1月上旬に房総方面に出かけて以来、雪やら何やらで満足に車に乗れていなかったので、久しぶりに車を郊外に連れ出しました。残雪が心配されましたが、南に向かえば何とかなるか、と。南方面といっても、房総は前回行っているのでまた同じ方面だとつまらないな、と思い、既に河津で桜まつりが始まっている情報を得たため、箱根経由で南伊豆に向かうことにしたわけです。

早朝に都内を出発し、とりあえず東名高速は順調。朝飯を食べるために、海老名SAに立ち寄ります。そこで待っていたのはこんな光景。ナニコレ?(゚∀゚)。先行きの道路状況が不安で、心の中にどよどよと暗雲が立ち込め始めます。

ebina.jpg




迷いを断ち切らんと一気に牛丼大盛り(笑)をかき込み、再び西に向けて車を進めます。厚木で東名を降りて小田原厚木道路経由で箱根へ。それまでの道中は実に快適で、雪の心配などほぼ払拭されたかのようでした。が、ターンパイクの入り口に着いたら、なんと通行止めの標識(涙) どうやら箱根から伊豆に向けて尾根ルートを走るのは無理なようです。逆に、沿岸部の道は全く問題なさそう。

そんな訳で、車を気持ち良く走らせることは諦め(半ば想定の範囲内ではありましたが)、桜観光ドライブと割り切って、海沿いの国道135号線ルートへ。途中、「道の駅・伊東マリンタウン」で小休止。

DSC_9580(800).jpg




この道の駅からは、雪化粧をした大室山(580m)が見えました。大室山が火山であることが良く分かるアングルです。

DSC_9583(800).jpg




しばらく冷たい風に当たって眠気を飛ばし、再び進路を南に。道は思ったより混雑しておらず、比較的スムーズに河津に着くことができました。

DSC_9640(800).jpg




ひとしきり桜を楽しんだ後は、渋滞に巻き込まれないよう、早々に河津の町を後にします。海沿いの国道135号をそのまま戻るのもつまらないので、意を決して内陸部縦断ルート(国道414号線)に向かいます。もうかなり日が昇っていたことに加え、国道414号線は、沼津から修善寺を経由して下田に至る幹線道路。伊豆スカイラインのような尾根づたいの観光道路と違ってこちらなら除雪もしっかり行われていて大丈夫かな、と。・・・後でこれが半分間違いであることを思い知る訳ですが。。。

伊豆半島は、海岸線からちょっと内陸に入るとすぐ山になる地形が大宗の部分を占めているのですが、ここ河津も例外ではなく、町の中心部から10分も車を走らせれば山らしくなってきます。ちょっとだけ峠走行を楽しめるかな、と思ったのもつかの間、程無くして遅いマイクロバスに引っ掛かります。白線区間だったので一台だけならさっさとパスしてしまうところだったのですが、マイクロバスを先頭に3台くらい車間がほとんどなく詰まっているのでどうしようもありません。どうしたものかと悩んでいたら、比較的小奇麗な立ち寄り湯が現れたので、桜鑑賞で冷え切った体を温めるにはちょうどよい、ということで、Uターンして訪れてみました。

DSC_9643(800).jpg



ちょうど河津の町とループ橋の中間地点あたりにある「禅の湯」。大当たりでした。建物や設備は清潔で、お湯も加水・加温なし・源泉かけ流しのアルカリ泉(飲用も可)であることに加え、私が訪れた時は、男湯は、私と年配の方の2人だけ。更に総檜の露天風呂からは、遠方に桜の花も見えるというおまけ付き。貸切状態の露天風呂で「最高だ~」と連呼していました(笑) うん、こちら方面に来る時には、ぜひまたここに立ち寄ろう。


さて、リフレッシュした心と体で、国道414号北上の旅に戻ります。
禅の湯を出発して程無くして「河津七滝ループ橋」が見えてきます。

ループ橋②




このあたりまでは良かったのですが、途中で雪がちらつき始め、道路もまるで雪国のような様相に(涙)。幸いに走行レーンは、濡れてはいるもののほとんど残雪はなく(更に幸いに、融雪剤が撒かれた様子もなし)、気温も5度ほどあり凍結の心配はなかったのですが、念のため慎重なステアリング&アクセル操作を心がけます。

しばらく進むと「道の駅天城越え」が見えてきたのでイン。駐車場はこんな有様でした。

DSC_9652(800).jpg




DSC_9655(800).jpg




DSC_9656(800).jpg


いや~まるで新潟に来たようです。実はこの週末、ドライブに出るか、それとも重い腰を上げてスキーに行くか多少迷ったのですが、結果的には、ドライブに行きながらスキーにも行ったような気分になれましたよ(涙) あらためて今回の豪雪のすさまじさを目の当たりにした思いです。


ちょっと遅い昼食を済ませ、ここから更に北上を続けると、どんどん雪は少なくなってきます。
修善寺を通過し時計を見ると結構いい時間になっていたので、そのまま伊豆縦貫自動車道を経て新東名にイン。実は私、新東名を走るのはこれが初めてだったのですが、ものすごく道が良いですね。いろいろ議論になった制限速度問題、当初謳われていた140km/hで全く問題ない道だなぁと思いました。

そのまま新東名を快適に走り、御殿場手前で東名に合流、その先の足柄SAにて小休憩。
ここも想定通り、こんな↓感じでした・・・。


DSC_9671(800).jpg




※注:一応、SAの敷地内です。
DSC_9663(800).jpg


その後は都内まで渋滞もなく快適な高速ドライブ。

・・・という訳で、ワインディング走行を楽しむドライブとはならなかったのが残念ではありましたが、この車、比較的ゆっくり走ってもそれはそれで楽しいんですよね。いろいろ変化もあるドライブで、初春(と言ってもご覧のとおり、大雪の爪跡がそこかしこに残っていましたが)の伊豆を楽しめました。何より、以前の記事に書いたとおりに、河津桜が咲く頃に戻って来れたということだけでもよしとしましょう^^



関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.