1周年記念 伊豆箱根ドライブ - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

1週間続いた雨もあがり久々の晴間。
GW前半の日光ドライブ以降、ドライブらしいドライブからは遠ざかっていたこともあり、満を持して伊豆箱根方面に繰り出してみました。

明け方に都内を出て、東名高速で西へ。途中、厚木ICから大井松田ICまでの区間は「火災通行止」との物騒な電光掲示が出ていましたが、もとより厚木ICを降りて小田原厚木道路経由で箱根方面に向かう予定だったので問題なし。

小田原厚木道路は、基本的に制限速度で低燃費巡航。
取締りのメッカでもある割には、みんな飛ばすんですよね、ここ。私が此処を通る際は、大体3回に1回は餌食になっている車を目撃します。この日は幸いに、そういう光景は目撃しませんでしたが・・・。
I
さて、そうこうしているうちに箱根エリアに到着。
とりあえず目指すのは大観山ですが、ルート選択に迷います。早朝なので、国道1号で駆け上がってもよさそうだなぁ、と思ったものの、車列を縫って先を急ぐポルシェの軍団がターンパイク方面に向かったので、面白そうだと思い、牽かれるように自分もターンパイクへ(笑)。

料金所で間にバイクが一台入ったため、数百mほど車間が開いてからのチェイスとなったのですが、大人なポルシェのみなさんはそんなに飛ばすでもなく、複数台でのクルージング走行を楽しんでおられる様子だったので、一旦途中の「御所の入駐車場」に入り小休止することに。この駐車場、オフ会の集合場所などで有名な場所ですね^^

しばらく行き来する車を眺めていると、ポルシェGT2やら、フェラーリ458やら、すんごい車がやってきて、それはもう「なんじゃこら」という感じです。そんな中で、私が目を留めたのがE46M3 CSL。究極の直6NAを積んだレーシングスペックの限定モデル、背筋がゾクゾクするような素晴らしいエキゾーストノートを奏でてターンパイクを下って行きましたが(これと比べてしまうと、E90/E92系のV8は不協和音が混じった音です)、直前にオーナーさんが近くにいたので、話しかければよかったな、と後で後悔。自分、CSLモデルって、ちゃんと見たことないんですよね。

先行車両が通り過ぎてからしばし時間が経ち、コースがクリアな状態になったので、満を持して大観山に向けて出発します。そして頂上の大観山へ。

DSC_10842(800).jpg



富士山を借景。

DSC_10841(800).jpg



大観山も実に多様な車を見れる場所ですが、今回ここで私の目を引いたのは、車ではなくバイク。なんと、クラウザー・ドマーニがいるではありませんか!まるで近未来の乗り物のようでした(写真がなくてすみません)。



徐々に大観山も混んできたので、当方は伊豆スカイラインへ。
ターンパークもそうでしたが、この日は伊豆スカイラインもペースカーに詰まることがほとんどなく、実に気持ちよく走れました。伊豆スカイラインは、亀石峠あたりまでが尾根づたいの中高速コース(3~4速使用)、そこから冷川ICまでが林間中低速テクニカルコース(2~4速使用)といった感じでしょうか。景色の良さは明らかに前者ですが、走る楽しさはどちらも甲乙つけがたいですね~

DSC_10843(800).jpg



変化に富んだワインディングでのドライビングを楽しんだ後、冷川ICで伊豆スカイラインを降り、修善寺を経由し、県道18号で戸田峠へ。
だるま山高原レストハウスに着き、これから戸田の町へ下ろうかと思ったところ、思いのほかガソリンが減っていることに気付き、給油のために修善寺の町に降りてまた戻ってくるはめに。山に行く時は、早め早めの給油がベターでしたね。無駄な時間を費やしてしまいました。

DSC_10853(800).jpg



ここまで結構良いペースで走って来れたので、さすがにちょっと疲労が蓄積し、だるま山高原レストハウスにて甘いものを取りながら休憩。ここを訪れるのは4回目ですが、残念ながらまだ完全な富士山の眺望にめぐり会えていません。ここからの富士の眺望はまさに三指に入ると言われるだけに、ちょっと残念。

DSC_10847(800).jpg



IMG_1103.jpg




暫くレストハウス内でまったりした後、再びエンジンに火を入れ先を目指します。
この日は伊豆半島を大きく下るつもりはなかったのですが、「此処まで来たら、走らないで帰ったら損」ということで西伊豆スカイラインを途中まで走ることにします。ほぼ中間地点にある戸田駐車場まで走り、眼下に広がる戸田の港町の眺望を楽しみ再び戸田峠へUターンします。

DSC_10855(800).jpg



DSC_10856(800).jpg



そして県道18号を一気に戸田の町まで下ります。
ここは2速メインのタイトで急なコースで、標高差が800mもある、恐らく伊豆屈指のダウンヒルコース。先行車がいないのを良いことに、自分なりにいろいろなことを試しながら下っていきます。気持ち良い汗をかき西伊豆の風を感じながらダウンヒルを楽しみます。

・・・が、ちょっと調子に乗りすぎましたね^^;
戸田に着いてボンネットフードを開けたらこんな状態になっていました。

IMG_1106.jpg



・・・パワステフルードの噴き出しです。
県道18号戸田峠ダウンヒルは、①忙しいテアリング操作、②ブレーキング負荷大、③2速主体でエンジン高回転多用(←これは私の走り方の問題ですが)と悪い条件が3拍子重なっていたので、走りながら「もしかしたら」とは思っていました。フルード噴き出しは、サーキット走行などではよく聞く話ですが、ここは、加速⇒ハードブレーキング⇒ヘアピンコーナーの連続なため、パワステフルードが高温になってしまったのかもしれません。自分の乗り方が下手なのかなぁ・・・一応、フロントタイヤを見てもショルダー部分の偏摩耗はなく比較的まんべんなく減っていて、パワステに過大な負荷をかけるような、ハンドルをこじるような乗り方はしてないつもりなのですが。。。

ともあれ、リザーバータンク周辺をティッシュで拭き拭きし、気を取り直して食事処を探します。
訪れたのは、ちょうど1年近く前に135iとの最後のドライブで家族とともに訪れた「の一食堂」。名物はタカアシガニのようですが、私は刺身定食をいただきます。

DSC_10866(800).jpg


食事を済ませ戸田の街を出て沼津方面へ。
あえて海沿いの県道17号ルートを選択。多くの区間で1.2~1.5車線しかない狭いワインディングなので、対向車に注意しながら走ります。


出会い岬にて。

DSC_10868(800).jpg



煌めきの丘から見た井田の集落。

DSC_10873(800).jpg



最後は、偶然迷い込んだ沼津市江浦地区の漁港で。背後に淡島。

DSC_10877(800).jpg


納車から1年の記念ともなった今回のドライブ。この車でこんなに気持ち良く走れたのは初めて、と思えるくらい楽しむことができました。その代償として、目に見えてタイヤが減ったので、そろそろタイヤのことも考えねば。。。

以上、6月半ばの伊豆箱根ドライブ記でした。
本日の走行距離393km。平均燃費は高速道路で稼ぐも、過去最悪の7.1km/l(涙)

関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.