初体験 - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

先日、某サーキットで、ドライビングイベントに参加してきました。

小心者ゆえ、リスクを気にして(何かあっても完全自己責任で、保険適用外ですからね)、これまでサーキットには近寄らないできましたが、「折角素性の良い高性能車に乗ることができているのだから、自分自身の腕もそれに応じて鍛錬しないともったいない」、「公道を自己流の運転で楽しむだけでは宝の持ち腐れだ」、「車好きを自称する以上、独りよがりの運転で井の中の蛙になってはいけない」と思い、一念発起。

サーキットについては何も勝手が分からないし、Youtube等の動画で予習してみると、テクニカルなコースレイアウトでエスケープゾーンが少ないようなので、まずは初心者向けのプログラムへの参加です。

当日は、懸念していたとおり、雨が降ったり止んだりの、難しい路面コンディション。
まずは無事に帰ることを第一目標に頑張ります。


さて、肝心のプログラム内容ですが、まずは簡単な座学の後、パイロンスラロームの特訓。

この練習、地味なようでなかなか奥が深いですね。最初はリズム感良く行けたものの、途中からいまいちアクセルのオンオフのタイミングが上手くつかめなくなり、消化不良感を残すことに。後で聞いたら、途中からパイロンの間隔をそれぞれ変えたとのこと。走っていて、急に「あれ、リズムが変だなぁ」と思い始めた時があったのですが、そういうことだったんですね。ヘルメットを被った状態で車列の後方にいたので、講師の説明&パイロンを動かす動作が見聞きできなかったというのがその原因なのですが、いずれにせよ、説明がなくてもその場のアドリブで応用力を利かせるようにならないといけませんね。精進あるのみです。

その後、いよいよ講師の先導の下、コース走行へ。

IMG_1134.jpg



1回目のセッションは、ゆっくり流すようなペース。講師の車を先頭に車列を組んで、追い越し禁止のカルガモ走行です。そして2回目のセッションは、同様の隊列走行ではあるものの、ややペースを上げて、追い越しも可とした周回。さすがに初めてなので、「生兵法は怪我の元」と肝に銘じ、前の方に進路を譲っていただいた時以外は積極的な追い越しは自重しました。

合計で10周弱くらいしましたでしょうか。初めて走った印象を一言で言えば・・・「実写版グランツーリスモ」でした(笑)
今回の走行は、まだまだゆっくりのペースではありましたが、それであっても公道ではできない色々な経験や、諸々の発見事項があり、ウェットコンディションの中での緊張感はあったものの、大いに楽しむことができました^^


ところで、プログラム中、プロドライバーのサーキットタクシーセッションもあり、プロが運転するゴルフRに乗せていただく貴重な機会を得たのですが・・・いや、もうびっくりです。当たり前ですが、プロはやはりすごいですね。

ブレーキングについては、よく、「ロック寸前のギリギリの域まで短い時間で制動力を立ち上げろ」と言われますが、いくら書物等で理解したつもりになっていても、こればかりは実際に体験してみないとその意味するところがよく分からないもので、まさに「百聞は一見にしかず」でした。コーナーの度にパニックブレーキのような強烈な減速Gの立ち上がりを体感し、いかに自分のブレーキの踏み方が甘いかと思い知らされました。

また、コーナーリングについても、自分の感覚では怖さを覚えるような横Gを出しながら、タイヤを普通に滑らしながら一つ一つクリアしていきます。「おいおい、ウェットなのにこんなに行けるのかよ」という感じ。恐らく四駆ならではの安定感の高さも大きく寄与していたのかと思いますが、いずれにせよ、直前のブレーキの踏み方及びその後の荷重コントロールでここまでグリップ力が引き出せるのか、と感嘆を禁じ得ませんでした。

それにしてもゴルフR、この雨のコンディションでここまで走れるとは、すごいクルマです。多くのコーナーで4輪ドリフト気味に走っていたのですが、実に安定していました。四駆の威力をまざまざと見せつけられた次第です。実に魅力的な車だな、と思いましたよ(国産ハイパワー四駆を卒業し、もう少し落ち着いたデザインのクルマを求める方には最良の選択肢の一つだと思います・・・っていうか、私もお金があれば、スキーにも行けるスポーツーカーということで欲しい(笑))。

IMG_1132.jpg




以上、初めてのサーキット走行体験記でした。
次回はフリー走行を楽しんでみたいですね。あまり車に負担をかけたくはないのでしょっちゅうとはいかないまでも、ヘルメットやらグローブやらも買ってしまったことだし、今後、折に触れてこういう機会を持って、(あくまでも安全性に注意を払いながら)運転技術を磨いていければと思っています。

IMG_1128.jpg

関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
amataro  

こんにちは
いいですねーサーキットトレーニング

私も同じ理由でサーキットには近寄ってませんが、やはりこの車の本領を発揮できるのはサーキットなんだと思います。

ウエットだとまた違ったフィーリングになるかも知れませんが、練習としては逆に良かったのではないでしょうか?

ゴルフR、未体験ですが速そうですね。。 あの車体であのパワー、4WDというのはちょっと反則です(笑)

2014/07/06 (Sun) 07:57 | EDIT | REPLY |   
オバrev  

昔ジムカーナや超ミニサーキットを走っていたことはあるのですが、本格的なサーキットは未体験です。

でもやっぱプロって凄いんですね(@_@;)
一度体験してみたいなぁ。

GTIに較べてパワーはもちろんアップしているけど、それ以上に価格が大幅アップしていると不思議に思っていましたけど、ゴルフRは4WDだったんですね。

2014/07/06 (Sun) 10:29 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
Re: タイトルなし

amataroさん こんにちは

今回のトレーニングの最大の目標は、人もクルマも無傷で帰ることでしたので(笑)、まずは目標達成といったところでしょうか。

訪れたサーキット(袖ヶ浦FRW)は、全長2.4kmの小さなサーキットですが、テクニカルなコーナーが多くなかなか走り応えがあるコースでした。

ご指摘のように、ウェットコンディションゆえに、相対的に速度が低い状況下で、ハイパワーFRがどういう挙動をするのかを体験することができました。雨の日のFRは、安定して速く走ろうと思ったら相当技術が要るな、と思いました。

ゴルフR、エンジン音も勇ましく獰猛なクルマにも思えますが、両方に乗ったことがある人によれば、やんちゃ度ではGTIの方が上であり、ゴルフRは絶対的速さは上回るもののやや安定志向という話も聞きます。最近、Cセグにおいてこういう元気が良い車がどんどん生み出されていますが、Dセグ車の肥大化・ラグジュアリー化が止まらない中、ひょっとしたら、今後、等身大で走りを楽しむためのクルマの中心ゾーンはCセグに移って行くのかもしれませんね(その意味では、M235iの上位モデルとしてM2待望論が強いのもうなずけるものがあります)。

2014/07/07 (Mon) 02:34 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
Re: タイトルなし

オバrevさん こんにちは

スポーツの上達のコツは、上手く出来た時・正しく出来た時の感覚を覚えることだと思いますが、なかなかそれって難しくて、多くの場合、インストラクターとの間で言葉という抽象的なものを介して理解しなければなりません。言葉の解釈は人によってそれぞれなので、自分ではインストラクターが言う「上手く出来ている時の感覚」を得ていると思っても、実際は違っていたというのは、私が趣味とするスキーでも多々経験しました。

その点、クルマの運転は、上手くドライビングできた時の感覚(Gの立ち上がりや変化、及びライン取り等)を文字通り体験できる数少ないスポーツ(?)の一つであると思います。プロのクルマに同乗走行してみると、目から鱗が落ちますよ。機会があればぜひ体験されることをお勧めします。

ゴルフRは、BMW M135iやアウディS3などと価格的にも性能的にも競合する車ですが、その中ではホットハッチ的雰囲気を最も強く醸し出している車かなと思いますね。もっとも、VW通の方によれば、ホットさ(やんちゃさ)で言えば、やや安定志向のRよりもGTIの方が上とか。このあたりがクルマ選びの面白さでもあるのかなと思います。

2014/07/07 (Mon) 03:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.