秋の武州巡り② - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

さて、浦山ダムから国道140号彩甲斐街道に戻り、進路を西にとります。

道の駅あらかわ&大滝温泉を順に超えると、旧国道140号(秩父往還)と新国道140号(彩甲斐街道)との分岐点がやってきます。この分岐点を左折(旧国道140号方面に向かう)すれば、冬場の氷柱で有名な三十槌地区を経て、三峰神社への玄関口となる二瀬ダムに至るはずなのですが、なんとこの区間に土砂崩れがあったようで通行止め。付近にあった看板を見ると、新国道140号を先に行った滝沢ダムの手前から迂回できるとのことでしたので、そちらに向かうことにします。

先に進んだところ、迂回路入り口は滝沢ダムのすぐ手前にあることを確認。まだ十分な時間があったので、先に滝沢ダムに立ち寄ってみることにしました。


ダムサイトから下流を見下ろす図。奥秩父のループ橋こと雷電廿六木橋は、相変わらずの壮観です。このダムは直前に訪れた浦山ダムほどの高さはないものの、それでも堤高は132mあります。

DSC_11919(800).jpg




後ろを向けば、秩父もみじ湖が広がります。

DSC_11921(800).jpg




例によって、ここでも下まで降りるエレベーターを発見したので、早速降りてみます。エレベーターで一旦かなり低いところまで降りた後、地上までは数十段もの階段を上って出る構造になっています。階段を取り巻くトンネルの層状の模様は、コンクリート打設の跡かと。恐らく数十センチ単位の厚さでコンクリートを敷いては乾かす、をひたすら繰り返してこのダムを造っていったものと思われます。ダム建設は気の遠くなる作業ですね。

DSC_11923(800).jpg




ちなみにこのダム、コンクリート打設初期(2003年)に訪れたことがあり、湛水前の姿を知っているだけに、個人的にちょっとした思い入れがあります。

P5100016.jpg




外に出て堤体を正面から見ると、こんな感じです。

DSC_11928(800).jpg




さて、いよいよ目的地、三峰神社に向かいます。

DSC_11942(800).jpg

(つづく)

関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
オバrev  

最後の写真、眼から鱗です。
成る程~、こういう撮り方があったか~!φ(..)メモメモ

でもコンデジじゃちょっと難しいかも?
腕がないのにコンデジorz・・・殻を突き破るにはやっぱ一眼にしないといけんかなぁ。

2014/10/09 (Thu) 22:33 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
Re: タイトルなし

オバrevさん こんにちは

コンデジでも、ここまでぼかすことは難しいものの、同じような効果はねらえますよ。
ポイントは、①絞りは可能な限り開く、②ズームは可能な限り望遠サイドに、③ピントを合わせる対象物にできるだけ近づいて撮る、です。

ぜひお試しあれ。

2014/10/10 (Fri) 00:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.