磐梯・南会津GT① - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

10月半ばの週末に振替休暇を合わせて、2泊3日の行程で、南東北方面へ泊まりがけのツーリング旅行に行ってきました。

昨年9月の蓼科ツーリング以来のツーリング旅行となりますが、今回は、長年行きたかったものの機会が無かった磐梯・裏磐梯4大道路(磐梯吾妻スカイライン、磐梯吾妻レークライン、西吾妻スカイバレー、磐梯山ゴールドライン)を走りきることが目的。折しも彼の地は紅葉の絶頂期。嫌が応にも気持ちは高ぶります。

果たして、全行程ともこれ以上ないくらいの青空に恵まれ、「もう今年の紅葉はこれでお腹いっぱい」と言っても過言ではないほど見事な紅葉を堪能できました。また、常に「他人より一歩先の行動」を心がけた結果、「ペースカー」に悩まされることもほとんどなく、かなりの部分を自分のペースで走ることもできました。が、こういう時に全て順調とはいかないのが私の常で、初日の行程の初期段階で1700m超の山の上まで登ったら治りかけの風邪が再発、以後全行程を通して発熱に悩まされ、散々な思いをしました。

という訳で、数こそ撮ったものの、写真撮影についての気合い・執念・集中力が全て欠け(それらは全てドライビングに費やされました)、あまり満足のいく写真は撮れていません。後で現像してみて「お、いいなぁ」と思う写真もあるにはあるのですが、これは素材が良かったからこそであり、本人的には、「やりきれなかった感」があるもの事実です。が、それも含めて「よい思い出」なんだと思うことにしましょう。

さて、前置きはこれくらいにして、早速本題に入りましょう。

土曜日の明け方前に東京を出発。東北自動車道は順調で、8時前には福島西ICに着きました。ここから山通り方面に向かってクルマを進めます。すると、最初の目的地、下の写真の奥に見える吾妻山(吾妻小富士&一切経山)が見えてきました。こここから磐梯吾妻スカイラインで一気にあそこまで登ります。

DSC_12066(800).jpg




磐梯吾妻スカイラインは、開けた尾根を走るヒルクライムのワインディング。気持ち良く走れますが、一点難ありは、路面のうねりが大きいことか。とはいえ、この開放感・爽快感はなかなか他では味わえません。標高を上げるにつれ、徐々に周囲の樹木の紅葉の進み具合が上がってきました。そして、最初の立ち寄りスポット、不動沢橋に到着。しばし写真タイムです^^


この谷は、「つばくろ谷」と言います。

DSC_12089(800).jpg



遠く眼下に見えるのは福島市街。

DSC_12071(800).jpg



谷底の滝。

DSC_12078(800).jpg




ひとしきり撮影を終え、峠道を更に先に進みます。

DSC_12098(800).jpg




徐々に植物が少なくなってきます。そして突然開けた殺風景な場所(カルデラ?)が現れ、路肩には「火山ガス注意。駐停車禁止」の文字が。志賀草津道路と同じような雰囲気ですが、こちらの方が駐停車禁止区間が長いです。

IMG_1320.jpg




そして、第一の目的地、吾妻山の浄土平に着きました。

DSC_12107(800).jpg




気温は6℃。いろいろ着こんで、とりあえず吾妻小富士(1707m)に登ります。

吾妻小富士火口。この火山は、有史時代に入ってから噴火していないようですが、浄土平を挟んで反対側の一切経山は1977年に小規模噴火を起こしている活火山で、現在も小規模ながら噴気があります(汗)

DSC_12116(800).jpg



一切経山(1948m)。噴気が見えますでしょうか?

DSC_12113(800).jpg



吾妻小富士山頂から、やってきたルートを振り返ります。どうです、この荒涼とした風景の中を走るワインディングは? ちなみに、写真の奥のあたりが駐停車禁止区域になります(ガードレールも硫化水素で腐食したためか、真っ黒でした)。

DSC_12117(800).jpg


さて、この日の行程は、まだまだ先が長いので、次なる目的地に向かうことにします。
冷たい風に打たれ、思ったよりも体力を消費してしまいました。・・・それがツーリング期間中に回復不可能なダメージであることは、夜にベッドに入って程無くして気付いたのですが。。。

(つづく)


関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
オバrev  

いや~ぁ、広島ではなかなかお目にかかれない開放的な雰囲気の中でのM3が最高です(^O^)

広島の紅葉はこれからですので、何とかイケてる車で写真撮りに行きたいと思っています。

2014/10/20 (Mon) 22:20 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
Re: タイトルなし

オバrevさん こんにちは

「開放的な雰囲気」というと、私がこれまで走った中でそのような雰囲気を持つ特に好きなドライビングスポットとして、やまなみハイウェー(大分・熊本)、蓼科高原&ヴィーナスライン(長野)、伊豆箱根エリア(神奈川・静岡)があり、今回の磐梯・裏磐梯エリアもこれらに全く引けを取らない(ひょっとして過去一かも)ドライビングスポットだなぁと思ったのですが、気付いたらこれらはいずれも火山と関係の深いエリア。そう言えば広島には火山はありませんでしたよね(自然災害リスク回避の観点ではうらやましいことです)。

広島の紅葉というと、三段峡、帝釈峡、宮島あたりが有名どころでしょうか。昔はよく魚切ダムから七曲りを回るコース(佐伯区~廿日市市)や弥栄ダム方面(大竹市)をよく走り、紅葉を目にした記憶があるのですが、今はこのあたりはどうなっているのでしょう?

ドライブ記、楽しみにしております^^

2014/10/21 (Tue) 21:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.