ラストスパート - Photography
fc2ブログ

Dachi

Dachi

午後4時過ぎの上野駅。
発車5分前、3分前、2分前、1分前と、まるで出発を惜しむカウントダウンのように場内アナウンスが響く。残り1分を切ったところで、カシオペア色に塗られたEF510-510が起動し、盛大なブロアー音が構内に響き始める。
そして発車時刻。長い警笛吹鳴を経て、特徴的なVVVFインバーターの磁励音を響かせながらEF510はゆっくりと、それでいて力強く加速していく。

列車に乗る人、そしてそれを見送る人。ここは笑顔で溢れている。

・・・残すところあと3ヵ月。今日もまた、この夢の列車は、間近に迫った本当のゴールに向かって走り続けている。

DSC_14337(800).jpg




DSC_14330(800).jpg




DSC_14333(800).jpg




DSC_14336(800).jpg




DSC_14340(800).jpg

関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
amataro  

ヨーロッパとかでは列車の旅ってもっとポピュラーな気がしますが、時間を優雅に過ごす余裕がない日本ではやはり早い交通手段を使ってしまいますね。
移動の時間を楽しむというのは贅沢なのかも知れません。
そんな楽しみ方が出来る大人になってる筈だったのですが、現実は時間に追われる毎日であります。。。

2015/05/30 (Sat) 14:40 | EDIT | REPLY |   
Dachi  
Re: タイトルなし

amataroさん こんにちは

はい、移動する行為そのものを楽しむのは、こういった列車旅といい、あるいは船旅といい、とても贅沢なこと。会社勤めのサラリーマンの身として、時間的にも金銭的にもなかなか難しいものだと感じます。

とはいえ、人生は一回きり。機会があったらぜひこういう非日常を体験したいなと思ってはいるんですけどね~^^;

2015/05/31 (Sun) 10:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.