秩父多摩甲斐周遊ドライブ③(完) - Car Life
fc2ブログ

Dachi

Dachi

前回の続きです。

笛吹川フルーツ公園をひとしきり散策した後は、5分ほどクルマで登ったところにあるほったらかし温泉で汗を流すことにします。
ほったらかし温泉、この10年で非常にメジャーになってしまい、混んでいる場所が大嫌いな私としてはほとんど寄りつかなくなってしまったのですが、この日は土曜日午前の往訪ということもあり客足も少なそうでしたので、数年ぶりに訪れてみることにしました。

予想通り温泉は人が少なく、実に快適。甲府盆地を眼下に見下ろす標高670mの露天風呂で、数十分ほどリラックス。頭の中を一旦空っぽにしてクリアな頭でいろいろと考える時間が、ここ数カ月の自分にはほとんどなかったような気がします。極楽気分な風呂を終え、日陰で高原の涼風に吹かれながら恒例のソフトクリーム。エアコンなどなくても十分に快適です^^

IMG_1981.jpg




さて、存分にリフレッシュしてダルさも飛んだので、移動を開始することにします。
まずは個人的に好きな山梨市駅へ。このエリア、かつて何度かほうとうを食べに来たりした思い出深いエリアで、おまけにこの駅舎を見ると何だかほっとするのです。駅周辺も小奇麗かつのんびりしていますし。

DSC_15012(800).jpg




DSC_15017(800).jpg




DSC_15015(800).jpg




駅前のコンビニで飲料を仕入れ、次なる目的地、奥多摩を目指します。
ここから奥多摩方面に行くには、国道411号で大菩薩峠を抜けるのが定番ですが、今回は大月まで国道20号で出て、国道139号を北上することにします。

DSC00014.jpg




DSC00015.jpg




先行車に詰まることが多い国道411号に比して国道139号は交通量が少なく、快適に自分のペースで走ることができました。唯一悔やまれるのは、途中の松姫峠で昨年11月に開通したばかりの新道のトンネルに入ってしまったこと。地図で見る限り、旧道の方が面白そうな道でした(国道299号における正丸トンネル(=新道)と正丸峠(=旧道)との関係に似ています)。急造ドライブプランのほころびが出てしまったというところでしょうか。早朝から出発し、それなりに疲れも溜まっていたので、致し方なしと納得することにします。そして、最後の立ち寄りポイント、奥多摩大麦代駐車場で休憩。この日はクルマが少ない印象でした。

DSC_15018(800).jpg




その後、国道411号⇒青梅街道と走り、やや遠回りして東村山から多摩湖・西武ドーム方面を経由して所沢ICまで出て、関越道で都内に舞い戻り、洗車屋さんに寄って泥にまみれたクルマを綺麗にして帰宅しました。

DSC_15020②(800)


本ドライブの走行距離361km、平均燃費6.8km/h(!)
行程の8割以上が一般道で、且つその半分程度が山間道となれば、この燃費はやむを得ないか?

ともあれ、急造ドライブプランであったにも関わらず、渋滞らしい渋滞にも引っかからず、夏の終わりの快適な郊外ドライブを楽しむことができました。


関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 風薫る場所へ~Reprise~ All Rights Reserved.